スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

さよならハドソン…に便乗して、天外魔境2の名無しの十八番について語ろう。


さて、3月1日でハドソンが解散となるみたいです。
PC原人・ボンバーマン・桃太郎伝説・そして天外魔境と、
PCエンジン全盛の頃は本当にお世話になった会社なので、
吸収合併とはいえ、これがなくなってしまうというのは本当に寂しいところです。

さて、そんなハドソンの『天外魔境Ⅱ』については、
当ブログでも何かにつけて散々書きました。
もう本当に当時としては色々な意味ですご過ぎるゲームだったのですが、
各敵キャラの“濃さ”については今でも語り草です。
目立ち好きで男女両方手を出しちゃう菊五郎に、
何も知らない村人に人を食べさせるという非道すぎる悪行を行わせた地獄釜の肉助
妻を殺された恨みから主人公たちを付け狙い…その結果「愛してるよ!」とか言ってくるまで精神を病んだデューク・ペペ
この辺はもう鉄板ですが、
個人的に好きな敵キャラはそれらではなく、
別に聖剣を守ってる大将でもない、名無しの十八番だったりします。
もう全RPGの敵キャラの中で一番好きかもしれません。
短い出番ですが、彼にはそれぐらいの魅力があるので、
以下に彼の出番と彼についての考察を書いていこうと思います。

続きを読む

スポンサーサイト
2012-01-19 22:19 : レトロゲーム : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

VC配信ソフト「ウィンズ・オブ・サンダー」を攻略してみる―鎧の説明とか。

ウインズオブサンダー 【PCエンジン】ウインズオブサンダー 【PCエンジン】
(1993/04/23)
ハドソン

商品詳細を見る


一回目から大分間が空いてしまいましたが、
PCエンジンの隠れた名作を攻略してます。
今回はプレイする際の注意点と、ランディー君及び各種鎧の特徴や性能を。

続きを読む

2010-06-20 16:26 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

VC配信ソフト「ウィンズ・オブ・サンダー」を攻略してみる―はじめに。 

ウインズオブサンダー 【PCエンジン】ウインズオブサンダー 【PCエンジン】
(1993/04/23)
ハドソン

商品詳細を見る

PCエンジンCD-ROM全盛の時代、
一つの横スクロールシューティングがありました。
『ウィンズ・オブ・サンダー』(※)という名の付いたこのゲーム、
私の中では、あの天外魔境2とともに、
CD-ROMの力を見せつけられたゲームでした。
(※「ウンズ」なのか、「ウンズ」なのか、実は今でも良く分かっていません。
 VC公式サイトでは「ウンズ」となっていたので、とりあえずこちらで)


このゲーム、ソフト自体は所有していなかったのですが、
その当時どこかの雑誌付録についてきた体験版で、一面だけプレイできました。
試しにやってみた所、まあもの凄いインパクト

BGMは何故かヘヴィメタル調でギターがバリバリと叫び!
描きこまれたグラフィックで大型の敵が襲いかかり!
鎧姿の主人公は、攻撃を喰らうたびに「ウッ!!」妙に気合の入った声でうめく!!
これが次世代のゲームかと、当時の私の脳裏に強く刻まれた一作でした。
 
長らく未プレイでしたが、
WiiのVCで購入したところ、結構ハマったので、
今ここで軽いレビューと攻略をはじめてみようかと思います。

続きを読む

2010-06-07 16:26 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

語り継ぎたいPCエンジンのクソゲーその1。バグと鬱のダブルパンチ 「アルナムの牙」レビュー。


 私はどうもそこそこに運の良い方らしく、
家族仲の良い家庭に生を受けた事に始まり、身体的にも大事は無く、
事故等の大きなトラブルにも見舞われず人生を歩んできました。
そしてゲームに関しても、酷い地雷にブチ当たった回数は少ない方でしょう。
ウン千円出してクソを掴まされるなんで、本当にあってほしく無い話ですからね。
サンキューゲーム神!といったものです。

 が、そんなハッピーゲームライフの一部に存在する数少ない汚点…。
ハードは幼少の頃からの友PCエンジン…恥と罪に塗れたファッキンゲーム…。
俗に言う、クソゲーという奴の一つが、これ。
アルナムの牙 【PCエンジン】アルナムの牙 【PCエンジン】
(1994/12/22)
ライトスタッフ

商品詳細を見る


 『アルナムの牙』
この恐怖の一作を、うっかり結構な値で購入してしまった身として、
後世に語りついでいかなければならないでしょう。

続きを読む

2010-03-09 23:48 : レトロゲーム : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

「ドラえもんが色んな時代でどら焼き片手に虐殺劇。」でお馴染み「迷宮大作戦」のレビューでござるよニンニン。


 国民的漫画「ドラえもん」を知らないという人はほとんどいないでしょう。
未来からやってきた不完全猫型ロボットが、オーバーテクノロジーアイテムの力で、
ダメ小学生男子の、「ガキ大将に復讐したい」「好きな女の子の気を引きたい」といった、
日常の小さい願望を叶えつつも、なんとなく暖かく良い話であるあの漫画。
 子供からお年寄りまで安心して読める優良漫画です。

ウィキペディアによれば、
単行本の売り上げ数は2000年度末時点で全世界で1億7000万部以上。
アニメも同様に大ヒットで20年以上も放送されていますし、
映画も30作近く…とまあ、数字だけでもその凄さは十分に分かりますね。
 
 当然、これだけの作品なのですから、ゲーム業界も手を伸ばします。
古くはファミコンの時代から、最新のDSまで、ありとあらゆる機種でドラえもんのゲームというのはありました。
我が家の御用達機種であるPCエンジンでも2作出ており、
今日はその内の一つを紹介しましょう。

ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】
(1991/12/27)
Array

商品詳細を見る


 1989年発売。『ドラえもん 迷宮大作戦』です。

続きを読む

2010-02-22 20:48 : レトロゲーム : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

VC配信記念!!PCエンジン「ダブルダンジョン」レビュー。


もう発売から十年以上の月日が経ったと言うのに、
今もなお、当時からのゲーマーによって語られるゲームが有ります。
例えば、誰もが認めるような名作・大作と呼ばれるゲーム。
逆にとんでもないバランスの悪さや、
グラフィックの稚拙さで、プレイヤーに絶望を与えたクソゲー。
当時としては画期的なアイディアで、一ジャンルを築いたゲーム。
個性的な設定やイベントで、今に至るまで独創性を誇るゲーム。

「歴史に名を残した」と言ってしまうと、少々大袈裟ですが、
良い評価にしろ、悪い評価にしろ、今も人々の記憶に残るゲームというのは貴重です。
それだけ多くの人の心に残り、現在でも話のタネになるのですから…。


しかし逆に、
記憶にも記録にも残らず、
ひっそりと発売され、そしてただ忘れられていくゲームというのも、少なからず存在します。
上で挙げたような名作では無く、強烈な個性もなく、クソというほど駄目ではない。
あえて言えば、地味なゲームが。

ダブルダンジョン 【PCエンジン】ダブルダンジョン 【PCエンジン】
(1993/03/26)
ハドソン

商品詳細を見る



ここで挙げるダブルダンジョンなどはまさにそれです。
どれくらい地味かと言えば、ニコニコ動画で検索して1件も出てこないくらいに地味な作品なのです。
まさかのVC配信記念にここで紹介します。
(実はアプリでリメイクもされてた様です。大ヒット…?)

続きを読む

2009-12-04 16:40 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「真・女神転生 ストレンジジャーニー」 激戦!!!

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ホロロジウムを頑張って進んでいます。
ニュートラルライトはみんな細くていかん。

続きを読む

2009-11-12 18:35 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

(当ブログ内で)決定!心に残るPCエンジンベスト10のまとめ


 本当は後編の最後に書くつもりだったけど、あまりに文字数使いすぎたんで、結局別にしたまとめです。

続きを読む

2009-10-02 20:35 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

(当ブログ内で)決定!心に残るPCエンジンゲームベスト10!(後編)

 はい、後半戦です。
前編を見てない人はまずそちらからどうぞ。

 一応、あくまで私個人の評価である事をもう一度断っておきます。

続きを読む

2009-10-02 17:31 : レトロゲーム : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

(当ブログ内で)決定!心に残るPCエンジンゲームベスト10!(前編)

 はい。PCエンジンを偲ぶ企画の第一弾は、まあありがちな独断と偏見のベスト10です。
この手の企画はまあ古今色んな所で行われていますが、裏を返せばそれだけ馴染み深く、有意義な企画であるという事です。
 これらのゲームをプレイした事のある方は、このランキングで存分にPCエンジン現役当時を懐かしんでください。逆にこれらのゲームに触れていない方は、この記事でこれら名作に興味を持ってもらえれば幸いです。

 一応今回ランキングを作るに当たって、一つ決めたのが、アーケードゲームのベタ移植作は除外するという事。
 確かにファミコンに比べてPCエンジンの移植作の再現度は高く、それがPCエンジンの人気の一因ではあったのですが、それでも容量的にステージや音楽をいくつか簡略化しての移植がほとんどでした。その移植度の高さは当時の技術を考えれば称賛されるべきものですが、今改めてこれらのゲームを見た場合、削られた部分も目に付き、少々物足りなく思います。
当時人気のあったアーケードゲームは、他機種に移植されている物も多いです。今更PCエンジン版を評価する必要の薄いという事もあり、今回はランキングからは除外しようと思いました。
 名移植作と名高い「ワルキューレの伝説」「ストリートファイター2´」「ドラゴンスピリット」「R-TYPE」などの作品も、こういった訳で除外です。正直、ちょっと残念ではあるのですが…。

 一方でパソコンからの移植作に関しては、家庭用機→家庭用機の移植である事や、グラフィックの書き換えやボイス等、『PCエンジン版でしかない要素』も多いため、こちらで評価します。

 ちなみに評価としては、当時の思い入れと今思い返しての評価が半々くらい…のつもりです。
特定の作品の評価が不当に高いと感じられたら、それは私の思い出補正の結果でしょう。

 あと当然、あくまで私個人の評価です。念のため。
それじゃ見て行きましょう。まずは10~6位から。

続きを読む

2009-09-24 01:11 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。