スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

横光先生の超能力バトル漫画といえば!『地球ナンバーV-7』ですよ。

地球ナンバーV-7 (講談社漫画文庫―横山光輝SF傑作選)地球ナンバーV-7 (講談社漫画文庫―横山光輝SF傑作選)
(2002/12)
横山 光輝

商品詳細を見る


当ブログではたびたび取り上げる横山光輝先生。
数多くの漫画を描いてきた巨匠だけに、代表作も多岐にわたります。
『三国志』などの歴史ものや、
『ジャイアントロボ』『鉄人28号』などの巨大ロボットもの。
『伊賀の影丸』などの忍者対決ものもそうです。
更には『魔法使いサリー』などの少女向け漫画なんかも描いていたりと、ホントに色々描かれてますね。
さてそんな横光先生作品といえば、
『バビル2世』などの超能力バトルものも忘れてはならないでしょう。
驚異的な身体能力に加えて、衝撃波・電撃・念動力に透視能力等々…。
これらの超能力描写が日本の漫画界に与えた影響というのは決して小さくないでしょう。
さて、先日読んだこの『地球ナンバーV-7』も、そんな横光超能力バトル漫画の一つです。
というか、ぶっちゃけ「3つのしもべが出てこないバビル2世」みたいな作品です。
要は『その名は101』みたいな作品ということですね。
その名は101 (1) (秋田文庫)その名は101 (1) (秋田文庫)
(2002/11)
横山 光輝

商品詳細を見る


※以降に『地球ナンバーV-7』及び『その名は101』のネタバレを含みます。

続きを読む

スポンサーサイト
2012-03-08 00:44 : レトロ漫画 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

横山光輝先生のダークな短編集―『闇の顔』。

闇の顔 (講談社漫画文庫 よ 1-89)闇の顔 (講談社漫画文庫 よ 1-89)
(2008/02/08)
横山 光輝

商品詳細を見る


先日、中野で見つけた一冊。
横山光輝先生の短編集です。
表紙と説明文からホラー系かと思いましたが、
実際はバイオレンス色の強い作品集となっておりました。

以下感想です。
作品のネタバレが含まれていますので、未読の方は注意してください。

続きを読む

2011-09-26 20:07 : レトロ漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「良い上司」なのはヨミさまに限った話でも無いんだよ!という話。


本日見かけた短レスまとめ記事の、
我等のビッグファイアのために!!アルファルファモザイク様)
を見て思うところがありました。

バビル2世 (1) (秋田文庫)バビル2世 (1) (秋田文庫)
(1994/10)
横山 光輝

商品詳細を見る


漫画『バビル2世』において、
ヨミ様が「良い上司」であるというのは確かですし、
バビル2世がすっごい容赦ないというのも確かです。

画像にもありますが、
ロプロスがヨミの部下の乗った戦闘機を人質にしたときも、
ヨミ様は「部下など構うな!撃ち落とせ!」とすぐには言いませんでしたし、
(ちょっと考えて、
「やむをえん!バビル2世が侵入してきたらもっと大きな被害が出るんだ!撃て!」という流れになりましたが。)

文庫版7巻の最終決戦では、
罠と分かっていて、部下を救うために自身の超能力を酷使してしまいました。
「くそっお前が勝負をひきのばしたのはこのためか
 しかたないこのまま部下を見殺しにするわけにもいかぬ

↑この台詞、涙モノですよ
何で悪の組織の親玉が、
それが相手の策だと分かっていて、部下を切り捨てる決断ができないんだよ…。
ホントに、こんな上司についていきたいと思わせるお方です。

しかし、「敵のボスが部下には優しい」というのは横山光輝作品の特徴である気がします。

続きを読む

2010-11-18 01:49 : レトロ漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

伊賀の影丸「七つの影法師の巻」レビュー。

伊賀の影丸 (7) (秋田文庫)伊賀の影丸 (7) (秋田文庫)
(1995/11)
横山 光輝

商品詳細を見る


・あらすじ
『七つの影法師』と呼ばれる謎の忍者集団が、幕府隠密に挑戦状を叩きつけてきた。
服部半蔵はこれを受け、影丸ら7人の凄腕忍者たちを選び、相手を任せる。
ここに血で血を洗う忍の戦いが始まった。


『「伊賀の影丸」で一番の傑作』との呼び声の高いシリーズです。
実際読んでみるとすごい面白いんですよ。この話。

続きを読む

2010-09-24 00:20 : レトロ漫画 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

レトロ漫画レビュー「伊賀の影丸」

伊賀の影丸 (1) (秋田文庫)伊賀の影丸 (1) (秋田文庫)
(1995/01)
横山 光輝

商品詳細を見る


横山光輝先生の名作忍者漫画。
忍者同士が忍術合戦で勝負するというこの手のジャンルの先駆者としては、
「カムイ」「サスケ」等の白土三平先生と並んで有名かと思います。
歴史的作品なので今更レビューというのもどうかという感じですが、
逆に今のご時世知らないという人も多いかと思い、改めて紹介します。

続きを読む

2010-09-16 16:05 : レトロ漫画 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。