スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

気が付いたら2ヶ月程ゲーセンに行ってない。


 そういえば今年に入ってからゲーセンに行っていない。
デススマイルズはぼちぼち撤去されてしまっていて、
KOFⅫ・ストⅣはそんなにやる気無い。
ガンシューティングも、もうレイジングストームくらいしかやらない…。
と、なれば当然の流れなんですけどねー。

 しかしかつてメストっ子だった私に、
こういう時が来るとは思っていなかったなあ。
ちょっと前までは、「世間じゃ下火とか言ってるが、まだまだゲーセンは熱いぜ!」
とか思ってて、機会があれば行ってた気がするのに、
いつの間にか時は経って、人は変わるのだなあ…。

続きを読む

スポンサーサイト
2010-02-25 15:59 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

報告。


 ひょっとしたら、明日中の家族感想は無理かもしれません。
何か最近、芹先生と同じように私も忙しいのです。
いや、頑張りますけどね。
2010-02-25 14:59 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「ドラえもんが色んな時代でどら焼き片手に虐殺劇。」でお馴染み「迷宮大作戦」のレビューでござるよニンニン。


 国民的漫画「ドラえもん」を知らないという人はほとんどいないでしょう。
未来からやってきた不完全猫型ロボットが、オーバーテクノロジーアイテムの力で、
ダメ小学生男子の、「ガキ大将に復讐したい」「好きな女の子の気を引きたい」といった、
日常の小さい願望を叶えつつも、なんとなく暖かく良い話であるあの漫画。
 子供からお年寄りまで安心して読める優良漫画です。

ウィキペディアによれば、
単行本の売り上げ数は2000年度末時点で全世界で1億7000万部以上。
アニメも同様に大ヒットで20年以上も放送されていますし、
映画も30作近く…とまあ、数字だけでもその凄さは十分に分かりますね。
 
 当然、これだけの作品なのですから、ゲーム業界も手を伸ばします。
古くはファミコンの時代から、最新のDSまで、ありとあらゆる機種でドラえもんのゲームというのはありました。
我が家の御用達機種であるPCエンジンでも2作出ており、
今日はその内の一つを紹介しましょう。

ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】
(1991/12/27)
Array

商品詳細を見る


 1989年発売。『ドラえもん 迷宮大作戦』です。

続きを読む

2010-02-22 20:48 : レトロゲーム : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

吹雪!吹雪! または初めてのネクスト。


 朝、小鳥の鳴き声で目が覚める。
朝の早い鳥たちを恨めしく思いながら、
まだ半分閉じかかった眼で時計を見ると、起きるにはまだ少し早い時間。
それにしては妙に外が明るいなと奇妙に思い、窓を開けると、
外は一面の銀世界。


という展開も、年1くらいのペースなら良いかもしれませんが、
残念な事に今月に入ってもう4~5回起こっています。何なんですか今年の冬は。
伝説のオーバーデビルが復活したのですか。

続きを読む

2010-02-18 18:43 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

電撃4コマVOL.95 感想

 
 全作品感想書きという無謀な試み。
これ一度きりですよ。

続きを読む

2010-02-13 23:07 : 電撃4コマ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

鈴城芹先生の「家族ゲーム」がドラマCD化…だと…。

 ソースは今週の電プレ。
もしくはこちら
芹先生凄く嬉しいだろうなあ。おめでとう先生!

続きを読む

2010-02-12 17:32 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ものごとには時間割というものがあります。


 
    たまのライブ動画です。

 あまりに素晴らしかったので紹介。
 やっぱり「たま」って奇跡のバンドなんだなあ。

なんというか、この4人はその個性的なキャラを「演じている」感じがしないのが凄い。
ステージ上だけでは無く、普段からこんな感じなんだと思えてしまう。
極端に言ってしまえば、ライブ後打ち上げを経た4人が、
そのまま神社の鳥居を潜り、元居た別の世界へ帰って行ってもおかしくない雰囲気がある。

 で、演奏技術にしろ雰囲気にしろ、これだけの才能を持った4人が、
同じ時代に生まれて出会ってバンドを組んで世に出るとなった事に、
やはり「奇跡」という言葉を使いたくなってしまうのです。4たまは奇跡。
2010-02-10 17:38 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

映画レビュー「ダークナイト」

ダークナイトダークナイト
()
シネマ・タプート

商品詳細を見る

 AVGNに触発されてレンタル。
実はバットマンは、今までほとんど見てません。
地上波で「Mr.フリーズの逆襲」をチラ見した事くらい。

続きを読む

2010-02-09 19:24 : その他レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「ファック!」と呟く心の隙間に付け込む味噌とんこつである。


 気分を変えて、である口調で日記を書いてみるのである。

 携帯が壊れたので携帯屋さんへ行く事に。
どれくらい壊れたかと言うと、
修理に出す際に、お店のお姉さんが症状を確認するため、
携帯の電源を入れようとして、電源が入らずに、
「どうしたんでしょうね」と言われてしまうレベルで壊れてしまったのである。

続きを読む

2010-02-08 15:48 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「あたたたた」よりも「うりゅわぁ!!」の方が問題。

 
 そういやあと2ヶ月弱で北斗無双も発売になるんですよね。

 以前、アーケード『北斗の拳』が出た時には、
当然いるだろうと思っていた、アミバ・ウィグル獄長・雲のジュウザなど名脇役が影も形も無く、
「そうか!こういうキャラは家庭用で追加か!」と思わせて結局それも無く、
実に寂しい思いをさせられた訳ですが、こちらではしっかり出ているようで一安心。
 まあアインとか金色のファルコとか、アサム国王とかないある修羅とか
そういう2部以降のキャラ達は次回に期待するとして、こういうキャラがちゃんと出てるのは好感持てますね。
 話的に居なくても支障の無いカーネルリュウガは怪しいですけどね。
こいつらパンチマニア以外の北斗ゲーに出てましたっけ?

続きを読む

2010-02-05 23:21 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。