スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「真・女神転生 ストレンジジャーニー」 ずっと寄り道のターン。

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 馬鹿め!!そろそろボス戦に行くとでも思ったか!!

 まだまだ寄り道は続きます。

先日死ぬ程苦戦して倒した魔人レッドライダー…ですが、そのレベルは59(確か)。
以前にカリーナで戦ったマタドールのレベルが30なので、常識的に考えれば間に1,2体別の魔人がいるはずです。デイビットのようにEXミッションで戦うようなやつもいるかもしれませんが、逆に普通にエネミーサーチで出てくる可能性も十分にあると思います。
丁度クドラクに頼まれたペストクロップ作りの材料が足りないため、それも兼ねてデスファイナスで魔人探しといきます。

……

出ねえよ!!一向に魔人様は顔を出さないよ!
もうアメノフトタマは見飽きたってくらい戦ってるのに!!こいつたまにマッカビーム使うから心が折れそうになるんだよ!

 これだけ出ないからには、恐らく何か法則があるんじゃないかなあ、と思うのです。
今回は『他のエネミーサーチ悪魔に混ざって、低い確率で出現する』か、『ダンジョンの決まった場所に出現する』かだと考えて、ダンジョン中を歩きとおして、出てくるサーチ敵に片っ端から当たっていったのですけど…。
例えば『決まった場所に一定の確率で出る』とか『特定の月齢の時に出る』とか、そういう法則があるんじゃないかなあ。 二つ合わせて『特定の月齢時に決まった場所に一定確率で出る』とかだとちょっと意図的に探すのが難しすぎるか。でもアトラスだからあり得ます。

 単にデスファイナスにいないって可能性もありそうですが。


 しかしまあ、おかげでペストクロップの材料も溜まったので、早速クドラクに渡すと、上機嫌で決戦の地に向かってしまいました。
最初はクルースニクの依頼と2択かと思ったのですが、そんな事も無いようで、むしろ両方やらないと決着は着かない様子。
 
 仕方ないので、クルースニクのために、ホーソンスピアの材料も集めます。
幻魔のツボが大量に必要なため、エリダヌスでエネミーサーチを繰り返し、トラロックを乱獲します。
時折出てくるキングフロストがウザいものの、まあ戦闘自体は楽なモノで、結構簡単に溜まります。
さて後足りないのは、悪魔の酸性液体。悪霊レギオンが落とすのは分かっているので、ヒロえもん付けてエリダヌス最上階をうろうろ…

…うろうろ…

…出ねえよ!!一向にレギオンが顔を出さないよ!
いや、魔人様の時とは違い、たま~に出てきてはくれるので、出現場所を勘違いしているという事はないのです。
ただ出にくい。凄く出にくい。フウキ・フウキ・ゲンブ・ヴィヴィアン・フウキ・ゲンブ・ヴィヴィアン・フウキ・レギオンとか、そんな感じでした。
出番が物凄く安定してません。何だコイツ。シリーズ内での立ち位置も最近安定してない(※)からって、こんな所でも不安定にならなくて良いじゃないか。
―メガテンシリーズだと、大体悪霊内では3本の指に入るぐらいのレベルですが、最近のペルソナ、ライドウだと一桁レベルの最弱候補だったりします。)
 それとも不敗神話(未だ全滅知らずのギリギリ生存リアルラック)で運を使いすぎちゃってるんですかね?

 まあ何とか1時間半ほどで集め切りました。
なので早速クルースニクにスピアを渡すと、こちらも勢い込んで決戦に向かいます。
 しかし、結果的にお互いに強い武器を手に入れたのでパワーバランスも変わらず、結局決着も付く事はありませんでした。主人公のせいですけどね。
報酬は、それぞれ物理耐性・呪殺耐性付きの弱点無しの防具…ですが…正直、微妙。
 物理耐性も呪殺耐性も、カッチュウベストがあれば足ります。電撃痛いけど。



 材料集めの過程で仲魔が大分集まったので、再びメインメンバー製造。
何故かカオス色に…。

 まず破壊神トナティウ
氷結弱点で火炎反射とそれほど相性は奮いませんが、流石に破壊神だけあって力は高い。
スキルはマハラギダイン・冥界破・火炎反射。更に虎の子のヴィヴィアンソースでマハブフーラ・ラスタキャンディ・ディアラマを継承。ラスタキャンディはMPを50も消費しますが味方全員の全ステ上昇と素敵なスキル。ここぞという時用ですね。

 更にキングフロストを使って制作した邪龍キングー
氷結弱点にスキルのアギダインと、トナティウと要素が被ってますが、彼の売りは継承した追撃の心得・雄叫び
一応デスバウンドでザコ掃除もできますが、真価はボス戦ですね。

 次いで龍神セイリュウ
電撃が弱点ですが、銃・炎・氷結に耐性があり、疾風吸収と相性は高レベルです。
スキルはガルダイン・疾風無効・メガクロー・八百万針・ジオダイン・二分の活泉と分かりやすく弱点突きに特化。
主な出番はザコ戦と、ボス戦の後詰めでしょうか。

 そしてモイライ三姉妹の次女(なのか?)、口を開けばガッカリ王女のオゲーでお馴染み鬼女ラケシスも作成。
相性は火炎に弱いものの、他の三属性に耐性と中々のもの。
スキルは補助、回復に特化させ、タルカジャ・ラクカジャ・雄叫び・メディラマ・見覚えの大成長・回復ハイブースタと、シロウサソースを使い、明らかなボス戦要因に仕上げました。ザコ戦ではやる事が一切ないので、普段は控え。

 流石にカオスだけだと、主人公がコプれないため、幻魔トラロックも作成。
 氷結弱点で火炎・電撃耐性。
スキルはマハラギオン・ジオンガ・溶解ブレス・デカジャ・放電。一応二属性と溶解ブレス持ちなので、使い道は多いはず。でもメインはザコ戦かなー。

 
 そんな面子で、EXミッションの縛りボスに挑みます。
まず「最初に全員のMPを1」にされる、コウモクテン戦です。
メンバーはトナティウ・キングー・セイリュウ
 主人公はせこせことチャクラドロップを使用。キングー→トナティウと回復し、雄叫びとラスタで防御を固めます。次いでセイリュウが属性攻撃を使って、弱点探し。ジオダインで弱点が突けたので、後はそれと通常攻撃を繰り返して体力を奪います。特に厄介な全体攻撃はしてこなかったので、回復はアイテムだけで十分。こうなれば繰り返す事数ターンで撃破です。

 次いで反対側のハニエルへ。「7ターン以内の撃破」という条件です。
 メンバーはトナティウ・ラケシス・セイリュウ
タルカジャとラスタで攻撃力を上げて、属性攻撃のパターン。今度は疾風が弱点なので、セイリュウがガルダイン使って、トナティウが攻撃、ラケシスはタルカジャを繰り返し、体力が減ってきたらメディラマのパターンです。主人公も、コプは起きませんが、疾風属性の銃攻撃が威力が高く、一発で200以上のダメージが入ります。
 何だかんだで5ターンで撃破。天使ざまあw

報酬として、コウモクテンは独鈷杵、ハニエルはプラズマソードというシリーズお馴染みの武器をくれますが、それぞれカオス、ロウ属性の武器のため装備不可…。

 とりあえず仲魔も充実してきたので、次回はようやくボス戦に挑みたいと思います。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2009-10-22 12:33 : メガテン(ゲーム) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。