スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

電撃4コマVOL.90 感想

 気が付けば90号。
まさかここまで続くとは、VOL.1当時から誰一人思いもしなかっただろうなあ…。

 そしてぴえすの復活は嬉しい。
実は家族の次くらいに好きな漫画だったりします。

 
・シノビモノ
なーんか不思議な漫画ですね、コレ。
読んでて疲れる要素がある訳でも無いんですけど、
楽しく読めるかと言われればそうでも無い。
空気と呼ぶには存在感がある。変なの。

「て……あ…あれ?何考えてるの私…」
いや…「コイツゲームしてる時は幸せそうだな」って考えてたんでしょ?
のんがロクロウタに惚れる要素があるとは思えないし、
絆とか同情が恋心に変わるには早すぎる。
唐突すぎて、読み直すまで「恋心が芽生えた」的描写だと気付きませんでした。
いやそっち展開は早すぎるって!
考えられるのは、『突然忍者が部屋に居付いたドキドキをつり橋効果で恋と誤認した』くらい。
もしくは、ロクロウタが自分に対する攻撃を弱めるために、のんの夕食に惚れ薬を忍ばせたとか。
いっそそこまでしてくれれば面白い漫画なんだ。

・ちいさいお姉さん
 最初の5Pで胃もたれして、もうそれ以降はどうでも良くなりました。


・ユッカ
 うーん。ユッカさんの正体も、博明の過去もまあ大方の予想通りだなあ。
ここまで引っ張ったんだから、「実はユッカさんの怪力は生まれつき」とか
「実は妻は離婚しただけで生きてる」とか、そういうオチが欲しかった。
 ついでに言うと、納得できなかった点もあって、
ユッカさんが本気出して車のドアが引き剥がせるのが博明の義手(?)の効果なら、
あの「走れるようになったよ!」とかはしゃいでる少年とかも、
皆とサッカーして、思いっきりボール蹴ったら、
ボールが粉々になったりとか、そういう事になってしまうんでしょうか。

 逆に良かったのは、『株の買い占め』という、あまりに予想外で平和的なスパイ会社の解決策。
そりゃそうだよね!相手の会社乗っ取ったような物だからね!
一話で解決したのも好印象。



・USA
強大な力を持った相手にタチムカウ富良戸さんの原動力が愛なら、
その礎となる手下たちの結束力も愛。
今回、梨花がかつてない位押された事を考えても、
『圧倒的な力の差を埋めるのは愛』という話なのかもしれません。

 逆に言えば、梨花はその力のために、愛など使わなくても他を圧倒してしまう、
だからいつまでたってもメガネ君の仲が進展しないという事かもしれません。
深いなあ…。

 あと、この漫画と筋肉少女帯は合うようで実は全然合わない気がする。


・ゲマママ
 もう野月先生と北浜先生は結婚すれば良いのに。

 「なんとなくピリピリするのよね その感覚で分かるというか」
 

 ↑こういう動画を見てしまうと、
 全国クラスのプレイヤーの方は、全員この能力持っているように思えてしまいます。



・ぴーえす珍化論
 お久しぶりです。

 しかし前の連載と間が空くと、その度に新の意外な駄目っぷりに驚いている気がします。
 ぴえすの天然トラブルメーカーや、しよんのドジっ子、
中谷の駄目人間っぷりに隠れて目立ちませんが、新も案外駄目な人なんですよね。
普通に追試受けたり、レポートをゲームにかまけて落としそうになったりするし。

 それにしても、ぴえすの顔芸は普通に面白いです。
ドヤ顔とか、天狗になってる所とか、前回のショック受けて顔が取れたりとか、
古典的なんだけど、何故か面白い。
何だろう、ウザさと可愛さとツッコミの厳しさのバランスが良いのだろうか。

「6980円と600円は分かりあえんと思う!」
 何か名言ですね。これ。
ちなみに自分はもうちょっとポジティブに、
「これは名作だからこの値段はお買い得だよ!やりなよ!やれよ!って言うタイプですね。
通常版は廉価版よりもプレイ時期のメリットがあるんだから、それは受け入れます。


 しかし自分でも驚くくらい、長谷川さんが出て無い事を受け入れてるなあ…。
彼女、出番は3回に1回くらいですからね。そうポンポン出てやきませんよ。
むしろ出し惜しんで欲しいくらいです。
こんなに出番が無くても許せるキャラもそうはいない。


・となりの特異点
 3話目でようやく自己紹介&居候…だと…。
スローペースにも程がある。正直、1・2話もグダグダしててあんまり内容覚えてないのに。
そしてやっぱり居候展開にもガッカリ。シノビモノの時点で「もう居候モノいらなくね?」的な事を書いたのに、
更に居候モノが出てくるとは、誰が予想しただろうか。

 もう一つガッカリだったのが、
わざわざ2話目を使った学校での展開をリセット(=記憶消去)しやがった事。
いや、一話目から記憶飛ばし道具は出てましたが、それでもガッカリ。
一回不思議な事を起こしたら出しっぱなしのリリエンタールを見習ってくださいよ。
異世界のクリーチャーすら自宅に居付いちゃってるんですよ。

 あと、これ主人公と一緒に下校してた友人からしたらサイコホラーですよね。
友達がいきなり、変な子供につきまとわれてて、
その子供が先生を倒して学校に乱入。
その後、何故かつきまとわれてた友達の家に居候する事になってて、
その上クラスメイト達はその子の事を何も覚えていない…。

うん、これはサイコホラーだ。

関連記事
スポンサーサイト

2009-11-28 22:43 : 電撃4コマ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。