スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「ドラえもんが色んな時代でどら焼き片手に虐殺劇。」でお馴染み「迷宮大作戦」のレビューでござるよニンニン。


 国民的漫画「ドラえもん」を知らないという人はほとんどいないでしょう。
未来からやってきた不完全猫型ロボットが、オーバーテクノロジーアイテムの力で、
ダメ小学生男子の、「ガキ大将に復讐したい」「好きな女の子の気を引きたい」といった、
日常の小さい願望を叶えつつも、なんとなく暖かく良い話であるあの漫画。
 子供からお年寄りまで安心して読める優良漫画です。

ウィキペディアによれば、
単行本の売り上げ数は2000年度末時点で全世界で1億7000万部以上。
アニメも同様に大ヒットで20年以上も放送されていますし、
映画も30作近く…とまあ、数字だけでもその凄さは十分に分かりますね。
 
 当然、これだけの作品なのですから、ゲーム業界も手を伸ばします。
古くはファミコンの時代から、最新のDSまで、ありとあらゆる機種でドラえもんのゲームというのはありました。
我が家の御用達機種であるPCエンジンでも2作出ており、
今日はその内の一つを紹介しましょう。

ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】ドラえもん 迷宮大作戦 【PCエンジン】
(1991/12/27)
Array

商品詳細を見る


 1989年発売。『ドラえもん 迷宮大作戦』です。


<ホレホレ大作戦→迷宮大作戦>

 さて、このゲーム、
実はアーケードゲーム『キッドのホレホレ大作戦』キャラを入れ替え移植したゲームだったりします。
関係としては『モンスターワールド』→『ビックリマンワールドとほぼ同じですね。
元がアーケードなので、当時のキャラゲーにしては結構良く出来ているゲームだったりします。

 一応のストーリーは、
時間旅行に出かけたドラえもんといつもの一行は、ギガゾンビの手下ツチダマに遭遇。
ドラえもん以外の一同が攫われてしまい、ドラえもんは仲間を助けるため、色んな時代を旅する…。

というもの。

 ゲームは『ボンバーマン』等でお馴染みの見下ろし型。
プレイヤーはドラえもんを操作し、様々な時代に行き、向かってくる敵を撃退しながら、
ステージ上に落ちている16個のどら焼きを回収、
その後カギを取って、どこでもドアから脱出すれば1ステージクリアとなります。
雰囲気等は前述のボンバーマンや、『パックマン』あたりをイメージしてくれれば近いかと思います。

 一つ一つのステージは短いですが、全60ステージとボリュームはかなりのもの。
15ステージごとに、攫われた内の一人を助けるイベントが入ります。
一応、30面と60面ではボス戦もあり。(同じようにどら焼き16個集めれば良いだけですが…)

 何でどら焼き回収する必要があるの?とか気になる点はありますが、
まあツッコまないで良いでしょう。キャラ替え移植ゲーの宿命みたいなものです。


<残虐行為手当~♪>
 さて、さらりと「向かってくる敵を撃退し~」と書きましたが、
ドラえもんが、どういった手段で襲い来る敵を迎え撃つかといえば、
それは落とし穴です。

 ボタンを一度押すと、ドラえもんは目の前に大きな穴をボコッと掘ります。
そこにのこのこ向かってくる敵、そのまま進んで落とし穴にまんまと嵌ります。
抜け出そうと敵がもがいているうちに、もう一度ボタンを押せば、
敵をそのまま埋殺します。ドラえもんが。
ご丁寧に墓まで建てますので、ドラちゃん完全にやっちゃってますね。


 一度墓を建てた(=埋殺した)場所はもう掘れませんので、あまり考え無しに埋め殺してばっかりいると、
そのうち撃退できる場所が無くなる事にもなりかねませんが、
建てた墓は、ステージクリア時に数×1000点で得点になりますので、
制限時間とスペースの許す限り墓を建てるのもありでしょう。気分はイスカンダル星です。
一応確認のため書きますが、ドラえもんのゲームですよ?

 ちなみに、敵を撃退する手段は埋殺だけではなく、
マップ上に落ちているひみつ道具を回収すると、一定時間その武器で敵を倒す事もできます。
カチンカチンライトで凍り付けにしたり、シャボン玉ピストルに包んだりと、
まあこれも見ようによっては結構な残虐プレイです。
道具によって違いはありますが、大体射程が長く、安全に敵を倒せるので、使い勝手は良いと思います。
 どっちみち、「え?ドラえもんがこんな残虐行為を?」という気持ちになるかと思いますが、
これもキャラ替え移植ゲーの宿命と諦めて、ドラえもん無双を楽しみましょう。


<鬼気迫るドラアレンジ!!>
 このゲームで一番評価すべき点はどこか。といえば、それは間違いなく音楽でしょう。
基本キャラ替えコピペのこのゲームで、BGMはPCE専用。
最も「ドラえもん」を感じられる作りになっています。
なにせ、ほとんどの曲がアニメ・ドラえもんOP「ドラえもんのうた」のアレンジ
という鬼仕様です。

スタート画面はもちろん、
現代・江戸・大戦・原始・未来の5つのステージの雰囲気に合わせ、曲を見事にアレンジしきっています。
更には、ボス戦曲ですら、あのドラえもんOP
ボス戦らしく、おどろおどろしくも盛り上がる曲調なのですが、良く聞くと確かにドラえもん。
ゲームオーバーの曲ですらアレンジです。ここまで来ると恐ろしいものすら感じます。


ニコニコから紹介。ギガゾンビ戦のBGMは必聴です。



折角なので「打ち込んでみた」も。再現力すごい。

<と、良くは出来ているのですが…>
 その他小さい点ですが、
理不尽にやられる事があまりない開発者の心配りは評価したいです。
例としては、特定のステージにある、ワープホールやジャンプ台などの移動ギミック
これ、実は「着地点では(移動するまで)無敵」という仕様になっているので、
移動先に運悪く敵が待ち構えていても、一方的に殺されたりはしません。
プレイヤーに「ファック!」と叫ばせない親切な仕様です。

 
 とまあ、良くまとまった良作ではあるのですが、飽きが来るのは結構早かったりします。
ボス戦があるのは30面に一つ。
他は5つの通常ステージを廻っていくだけなので、どうにも単調になりがちです。
そのステージも、原始ステージの穴から出てくる原始人や、未来のみに出てくる破壊不能のメカ等、
ステージごとの特色もあるにはあるのですが、
雑魚敵の動きはどれも一緒ですし、やる事は全てどら焼き集め。

 また、爽快感はあまり無いと思います。
確かに敵を埋殺するのは気分が良いですが、倒してもすぐ復活してしまいますし、
難易度「ふつう」以上だと、色々考えながらプレイしなければならなくなります。
(※しかし難易度「かんたん」だと、ステージ共通で出てくる汎用敵しか出ないので、飽きが早まる罠)
ちょっと「ドラえもん」の名前に釣られるような幼稚園~小学校低学年くらいの層には、
面白さが伝わりにくかったんじゃないかと思います。


 しかし逆に、今くらいでやってみると、
ドラえもんの狂気じみた行動や音楽のクオリティも合わせて楽しめると思うので、
改めてプレイしてみたりするのも良いかと思います。
…大人の事情でVC配信は厳しいと思いますが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-02-22 20:48 : レトロゲーム : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ドラえもん大好き
ジャイアンを座頭市子連れ狼みたいにしてください。
2011-07-17 19:40 : ドラえもん大好き URL : 編集
No title
いつの記事にコメントしているのか…って感じですけど、電撃4コマの感想いつも拝見させて頂いてます。
(手厳しい意見が多いですねwまぁ自分もストーリー漫画を4コマに割っただけで、
4コマ目・8コマ目にオチのこない4コマは好きではないですけど)

ドラえもんのゲームはFC版より古い?スーパーカセットビジョン版を持っていました。
なかなか面白かったのですが説明書にひみつ道具の説明が全部は無く、ドット絵で道具を判別し、
効果を想像しないといけなかったので「ピンク色のデカいドリルだなあ、でもボタンを押しても攻撃
できないな」と思っていたら画面上のアイテムが消滅する事に気付き「取り寄せバッグだったのか!」みたいなw
もっともそれ以前の青い物体を「ドラえもん」だと言い張るようなグラフィックではなく、ひみつ道具の表現も
当時としては頑張ってましたね。ハッスルねじ巻きは足が速くなるだけでなく背中にちゃんとネジが付いたり…

で、迷宮大作戦ですが自分はPCエンジンというハードが好きでしたし、ドラの映画もアニマルプラネットまでは
映画館に行っていましたので、このソフトも発売後すぐに買いました。
で、少し友人宅で遊んだ後パスワード画面でドラえもんとドラミちゃんの顔を並べて遊んでいたら
偶然に60面が始まり、ギガゾンビ登場!倒してエンディングを見てしまいましたorz
ゲーム自体は珍しく親も「やってみたい」と言ってくる楽しいゲームでしたけど。

関係ないですが、持っているDUOモニターも今日の正午からPCエンジンの画面を映すだけの
装置になるんだなぁ。
2011-07-24 11:04 : バラザム URL : 編集
Re: No title
>>バラザムさん
コメントありがとうございます。
電撃4コマ感想は一応ウチのメインのつもりなんで、
楽しみにしてもらえると嬉しいんですね。

このゲーム、
そういえば、パスワードがドラえもんとドラミちゃんの顔になってるんでしたっけ。
まあ本編ではドラミちゃんは(確か)隠しアイテム扱いでしたけど…。
なかなか細かいところまでドラえもん尽くしのゲームでしたね。
確かバックアップでも面セレクトできたので、
あんまりパスワードを入力していた記憶がなかったです。
PCEでは他に「ドラビアンナイト」もありましたが、
こちらはあんまり記憶に残っていないですね…。
3面の3つ目のステージが長くて嫌になった思い出ばかりが残っています。

>DUOモニター
そ…そんなものが…w
流石の私もそれは持っていません。
なんか羨ましいですね。
2011-07-24 20:15 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。