スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

今週(15号)のジャンプ・リリエンタールの紳士は実に紳士だった。という話。


 今週のリリエンタールの展開に思う所あったので、それについてちょっと書きます。


 今週、まさかの「風呂場で鉢合わせでキャッ!!」展開があった訳ですが、
これは良く言うテコ入れ…では無いと個人的には思うのです。
ラブコメ漫画では王道の展開ですが、(家族ゲームだと尚ぴよがやってましたね)
この漫画で、まさかてつことウィルバーの間にそんな展開がある訳も無し。
もっと別の意図があっての風呂キャイベントじゃないかと思います。


 そもそもの発端は、今週ついにというかやっぱりというか、
ウィルバーとローライズ・ロンリー・ロン毛の紳士組が日野家に転がりこんだ事にあります。
日野家には既にマリーやごむぞうといった居候がいるにはいるのですが、
これが紳士とはいえ人間の男2人だと、ちょっと勝手が違ってきます。
 今までの描写で、紳士組が実に紳士なのは日野兄妹にも読者にも分かっているはずですが、
一応は裏の組織に属する謎多い人物。
居候として迎えるにはもうちょっと信用おける要素が欲しい所…。

 で、あの風呂キャイベントですよ。
あの場面での紳士組の対応は実に紳士的でした。
ウィルバーさんは慌てるでもなく、華麗に謝罪。
(恐らくは)てつこに暴力を加えられるも、非難する事も無く、
ロン毛師匠に至っては、「先に服着た方がいいッスよ」と指摘する程の紳士ぶり。
この一件で、彼らがいかに無害な紳士であるかが良く分かります。

 つまり、この風呂キャイベントは、
紳士組がいかに紳士か、読者に再認識してもらう意図があったのではないでしょうか。
要は、不審な大人が2人居候に加わっても、
それで作中のトーンに変化がある訳でなく、日野家の幸せな日々は続くのだろう、という話です。


 それにしても、この考察とは全然関係ないけど、
来週登場するだろうカナリーナ様が楽しみで仕方ない。彼氏居ない歴400年だもんなあ…。

関連記事
スポンサーサイト

2010-03-16 17:14 : 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。