スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

突発企画!!「魔王物語物語」ラスボス素手撃破を試してみた。


 ※一応、ラスボス戦の話なので、ネタバレ注意です。
 
 名作フリーゲーム、「魔王物語物語」については、「レレレ物語」の時にちょっと触れました。
ゲーム業界で長く作られてきたRPGというジャンルで、
フリーゲームでここまで新しいモノが出来るのか!と思える程の新鮮なシステムや、
淡白な様で奥の深いストーリーは、独自の魅力にあふれています。

 それらの点に比べると、少々見落とされがちなのですが、
「隠し要素の豊富さ」というのも、このゲームの魅力の一つです。
ゲームの進行や難易度を一変させるようなモノは殆どありませんが、
相当やり込まないと気付かない様な小ネタもあり、
その作り込みの細かさには感心します。カタテマさん凄い。
(小ネタについては、カタテマ総合作品wikiさんに詳しく載っています。
 今回のプレイでも参考にさせていただきました。多謝。)


 さて、その隠しネタの一つに、
『本来全くダメージを与えられない、ラスボス本体「魔王物語」にダメージを与える』という物があります。
方法は、「攻撃力500以上で素手(武器を装備していない状態)で攻撃する」というもの。
この手段を使えば、本来倒す事ができない「魔王物語」を撃破できる。らしいのです。
可能だと話には聞いていたものの、未だ試していなかったこの裏技。
折角レレレもクリアした事ですので、ちょっと試してみる事にしましょう。

 しかし、そうは言っても素手で攻撃500以上というのは楽な条件ではありません。
試しにデータを引っ張り出してみましたが、
隠しボスまで撃破し、バリバリに育ちまくった私のヒマリさんレベル59ですら、
素の攻撃力は183。
装備で補うにしても相当無茶なカスタマイズが要求されます。
とにかく攻撃が上がる装備を優先で付けるしかありません。

防具は、防御以外が上がる『黒てんとう虫』を装備。
なんでも装備は剣で埋めます。特にクリティカル威力2倍の『闇を切り裂く聖剣』は重要。
熟練度が上がっていないものもあるので、仕方なく星2つまで使いこみます。
(星3つは流石に面倒だったので、ひとまず断念。)


ルドルフと3人目は…まあ、そんなに考えないでも良いでしょう。
十分強いし、良い装備持っているんだし。
結果、各メンバーの装備はこんな感じに。

■ヒマリ(60)
体力:255
気力:136
攻撃:516
防御:5
範囲:50
必殺:33
技術:43
敏捷:57
・-
・黒てんとう虫(2)
・ホシツバキ(3)
・ロングソード(3)
・闇を切り裂く聖剣(3)


■ルドルフ(60)
体力:227
気力:109
攻撃:391
防御:160
範囲:48
必殺:5
技術:242
敏捷:49
・ユキヤナギ(3)
・三ツ足蛙(3)
・ナインテール(3)
・滑る指輪(3)
・妄想の繭(3)

■(57)
体力:206
気力:78
攻撃:357
防御:148
範囲:64
必殺:18
技術:106
敏捷:74
・ダガー(3)
・アイギス(3)
・希望の足音(2)
・黎明棍ツ・アパサ(3)
・アイキャンフライ(3)



 ヒマリさん、防御5て!
まさか、攻撃と防御の数値で100倍差が付くとは思いませんでしたよ。
攻撃喰らって生き残れるのだろうか…。
wikiの薦めに従って、白鯨戦での撃破を目指します。


 という訳でラスボス戦です。
試しに一発殴ってみると…大体80ダメージですね。
全然体力ゲージ減って無いけど…。長い戦いになりそうな予感。

 塔の悪魔はルドルフの光の斧と三人目の攻撃で早々に倒します。
一応毒攻撃は早めに回復。
厄介なのは魔王物語の伏線と後付け設定で、
攻撃役のヒマリさんが状態回復しなければならないので、少々面倒です。
とはいえ素手撃破を狙うなら、やはり完全無欠を持つヒマリさんが適役なので、
こればっかりは仕方無いのですけどね。

 さて、二番手白鯨が出てきたら、いよいよ本格的に作戦開始です。
ルドルフも三人目も攻撃はさせず、
ひたすら防御に徹し、たまに体力が減ったら回復。
ヒマリさんは基本的には攻撃し、やばそうなフラグが来たら「運命の打破」で回復。

 弱いと言われる白鯨ですが、流石に攻撃されると今のヒマリさんでは半分以上持ってかれます。
防御の値を考えると、即死しないだけマシというレベルですが。
三人目の「傷を癒す魔法」や防御で上手い事HPを調整し、
なんとかHPが30%以下になったら「完全無欠の主人公」を使い攻勢に出ます。

完全無欠状態なら、攻撃力はなんとビックリ825
大体、与えられるダメージは200程で、
クリティカルなら600弱を叩き出せます。
流石にこれくらいにもなると、目に見えてHPゲージを減らせますね。
白鯨は特に厄介なスキルは使用せず、行動しない事もあるので、
ヒマリさん以外が死ぬような展開にはそうそうなりません。
攻撃力はあるので、「体力回復」は使いまくる事になりますが…。
 ビンの内訳は体力回復21本、気力回復24本としましたが、
もうちょっと体力回復を多く持ってきた方が良かったかなーとも思いますね。
 
 ともかく、完全無欠ヒマリパンチを繰り返すこと十数発。(内5発程クリティカルヒット)
「魔王物語」のHPゲージは殆ど真っ赤になりました。
ヒマリさん、止めとばかりに渾身の右ストレートを撃ちこむと、見事に「魔王物語」ははじけました。
倒せました。「魔王物語」を見事に打ち倒してしまいました。
残る白鯨はルドルフと三人目がボコボコ殴って昇天させます。
普通なら、次の竜戦に以降するのですが、魔王物語が無くては話が続く訳も無く…。

 ホワイトアウトして、エンディングです。

 予定調和の最終決戦も無く!アレスとハロルドの最期の会話を聞く事も無く!
ED自体に専用の演出はないのですけど、ハロルドの望みが全く遂げられる事無く終わったのですから、
ある意味、とんでもないBADENDかもしれません
ハロルド可哀想すぎる…。

関連記事
スポンサーサイト

2010-05-15 15:06 : ゲーム : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
すばらしいです!
2012-11-04 22:43 : アイリッツが好き URL : 編集
Re: No title
>>アイリッツが好きさん
ありがとうございます。
まももはかなり好きなゲームだったので、
なんかこういう企画をやってみたかった…のでしょうね。この頃の私は。
ちなみに好きなキャラはナナです。
2012-11-05 00:19 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。