映画『ブレイド』観た。

ブレイド [DVD]ブレイド [DVD]
(1999/09/17)
ウェズリー・スナイプススティーブン・ドーフ

商品詳細を見る


 ヴァンパイアと人間の混血の黒人男性ブレイドが、
ヴァンパイアどもをバッサバッサと薙ぎ倒すSFアクション。
ヴァンパイアの親玉の目的が、邪神的なモノの復活だったりするあたりが非常に分かりやすいB級映画です。


 で、敵役となる吸血鬼ですが、
イメージとしては一般的な吸血鬼像に近いと思います。
異なる点は十字架は効果が無いことと、特別な魔力は持っていない点ぐらいでしょうか。
特徴をまとめると、こんな感じ。

<長所>
・生命力が凄く強い。
・身体能力が高い。
・不老である。(多分。少なくとも純血種は数百年生きているらしい)
・血を吸われた人間は吸血鬼になる→仲間を簡単に増やす事ができる。

<短所>
・日光に弱い。
・銀製品に弱い。
・ニンニクエキスに弱い。
・人間の血を長い間吸っていないと、飢餓状態に陥る。


 …なのですが、正直作中でそんなに強く感じられないんですよね。
身体能力が上がるとはいっても、生身の人間を一撃で殺せるレベルじゃないですし、
弱点はホントに弱点なんで、銀製の武器で攻撃されると一撃で死にます。
吸血鬼って、却って弱くない?と不覚にも思ってしまうシーンもちらほら。
ラストの方で、ヒロインの護身用スプレー(硝酸銀とニンニクエキスミックス)を吹き付けられて、
粉になった女吸血鬼なんてまさにそれです。

 正体を知らない一般人からすれば、とんでもない脅威になる事は確かなんですけど、
生憎相手は吸血鬼ハンターのブレイド君なので、長所より短所が目立つ事になっていました。
その上、作中に登場する、吸血鬼を信望してる人間たちが、
銃武装でそこそこブレイドの脅威になってるので余計メリットが見えません。
 せめて一般人が吸血鬼に銃ブッ放して、
「クソッ!効かねえだと!?バケモノだ!」みたいな事言う場面とかあれば、
もうちょっと吸血鬼すごいと思えたのになあ。


 じゃあ対する主人公のブレイド君が、
そんな吸血鬼共をバッタバッタと薙ぎ倒していってくれるかというと、そんな事も無いのです。
 ブレイドは確かに強いには強いんですが、意外と無双する場面は少なく、ヒラの吸血鬼に良い勝負されてます。
その上、何故か剣を持っていながら素手で格闘するシーンが結構あるのが困りもの。
吸血鬼の性質上、その剣即死武器なのに!
観ながら何度「おい、斬れば終わるんだからもうちょっと剣振れよ。手ぇ抜くなよブレイド」と思った事か。
2時間の作中で2回も捕まるあたりもちょっと間抜け。
強いとはいっても、ジャッキー映画のジャッキー位の強さに感じられます。

 
 しかし、この映画でもっとも弱かったのが、純血種の吸血鬼の皆さん
大物っぽい感じで出てきたものの、一人はあっさりフロスト一派に攫われて日光責めで昇天。
残りは神復活の生贄に捧げられて吸血鬼人生を終わらせます。
観てて良く分からなかったのがその生贄の場面で、
フロストに言われるがまま生贄の舞台に上って行った純血種の皆さん。
いざ儀式開始となると、「儀式なんておとぎ話だ」的な事を口々に言いだし、
ちょっと抵抗して、フロスト一派に抑えられたりします。
特に拘束も無く、自分の足で舞台まで歩いていったので、
自分が生贄になる気はあるのかなーと観ていて思ってたのですが、別にそんな事はありませんでした。
あそこまで唯々諾々と従っておいて、最後の最後で文句言い出すっていうのがほんとに意味不明でした。
あれ、ブレイドと同じように拘束された演出でも良かったんじゃないかなーと思うのです。
見た目個性的でそこそこ格好良かったんであのヘタレっぷりは残念でした。


 逆に頑張ってたのはヒロイン。
ただの「吸血鬼になりかけた人間」なので、戦闘では殆ど役に立ってはいなかったのですが、
最終決戦では凄く頑張ってました。
どれくらい頑張ったかというと、
ゾンビになった元恋人を張り倒して逃げて、囚われたブレイドを助けて、
弱ったブレイドに血をあげて、更に女吸血鬼を護身用スプレーで消滅させた
くらいの頑張りっぷり。

吸血鬼の新たな弱点発見も偉い。
あっさり囚われる場面も多かったのですが、
それがブレイドの足を引っ張っていたかといえばそんな事は無く、
むしろブレイドにはあんまり心配されてませんでした

 全体的には、まあ細かい事考えないで良いB級アクションって感じでした。
個人的には、もうちょっと人知を超えた強さがあった方が盛り上がったと思いますけどね。

関連記事
スポンサーサイト

2010-05-16 15:48 : その他レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード