VC配信ソフト「ウィンズ・オブ・サンダー」を攻略してみる―はじめに。 

ウインズオブサンダー 【PCエンジン】ウインズオブサンダー 【PCエンジン】
(1993/04/23)
ハドソン

商品詳細を見る

PCエンジンCD-ROM全盛の時代、
一つの横スクロールシューティングがありました。
『ウィンズ・オブ・サンダー』(※)という名の付いたこのゲーム、
私の中では、あの天外魔境2とともに、
CD-ROMの力を見せつけられたゲームでした。
(※「ウンズ」なのか、「ウンズ」なのか、実は今でも良く分かっていません。
 VC公式サイトでは「ウンズ」となっていたので、とりあえずこちらで)


このゲーム、ソフト自体は所有していなかったのですが、
その当時どこかの雑誌付録についてきた体験版で、一面だけプレイできました。
試しにやってみた所、まあもの凄いインパクト

BGMは何故かヘヴィメタル調でギターがバリバリと叫び!
描きこまれたグラフィックで大型の敵が襲いかかり!
鎧姿の主人公は、攻撃を喰らうたびに「ウッ!!」妙に気合の入った声でうめく!!
これが次世代のゲームかと、当時の私の脳裏に強く刻まれた一作でした。
 
長らく未プレイでしたが、
WiiのVCで購入したところ、結構ハマったので、
今ここで軽いレビューと攻略をはじめてみようかと思います。



さてはじめに、簡単にゲームの特徴を説明します。

このゲーム、シューティングでは比較的珍しい西洋ファンタジーです。
そのストーリーを大雑把に説明すると、
“邪神復活をもくろむ邪悪な軍団が侵略してきたので、
伝説の勇者の血を引くランディー(主人公)が、世界を救うため戦いに赴く。”

とまあ、RPGだったらこの上なくベタベタなものですね。

システム的には、
基本的にオーソドックスなシューティングですが、
個性的な面もいくつかありますので、ここで紹介します。
なお、文中のシステム名は全て勝手に付けたものです。

1.買い物システム
このゲーム、
これもシューティングには珍しく『買い物』の概念があります。
各ステージ開始時にショップに立ち寄れ、
敵の落とすクリスタル(お金みたいなものです)を支払って、
ライフやパワーアップアイテム等を買う事が出来ます。
感覚的には「ファンタジーゾーン」のショップが近いですが、
あちらと違い、インフレが無い上、基本的に安価なので、非常に良心的と言えます。

2.鎧装備システム
各ステージごとに、主人公の装備する「鎧」を選ぶ事が出来ます。
とはいえ、これは敵から身を守る鎧ではなく、
秘められた魔力によって、敵を打ち滅ぼす「攻撃のための鎧」です。
要はステージ毎に武装が選べる訳です。
鎧はの4種。
特に使用制限がある訳では無いのですが、
それぞれに一長一短あるので、ステージごとの使い分けは重要になります。

3.好きなステージから始められるシステム
1~6のステージは、好きな順番にプレイでき、
全てクリアすると、ラストダンジョンに移行します。
特にプレイ中の難易度は変動しない(と思います)ので、
後に残したステージほど厳しく…という事は無いのですが、
苦手なステージをどのタイミングで挑むか、というのはなかなか悩めます。
戦略を考えるのは楽しいですね。


そんな隠れた名作「ウィンズ・オブ・サンダー」。
次回から、ちょっとずつ攻略していこうかと思います。
私は元々シューティングの得意な人間ではないので、
シューターの方から見たら鼻で笑われるような攻略になりそうな気がしますが、
まあ、初心者目線という事で。

関連記事
スポンサーサイト

2010-06-07 16:26 : レトロゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード