『家族ゲーム』、永妙寺の不憫っぷりをまとめてみた。(6巻まで)


日ごろから、
「永妙寺!永妙寺!永妙寺!永妙寺ぃいうううわぁああ(ry)」とか言ってる私ですが、
『家族ゲーム』のショタ好き同級生・永妙寺映奈の魅力といえば、
やはりその不憫さにあるのだと思います。
特に悪い事はしていないし、周りから嫌われている訳でも無いんだけど、
何故かいつも、微妙に扱いが悪い。
なんでか知らないけど、常に涙目になっている娘。
それが永妙寺です。

実際の所、
永妙寺のスペックは、決して悪くはありません。
低いといわれる学力も、むしろ他レギュラーが高すぎるだけだし、
特別容姿や性格が悪いという訳でもありません。
にも関わらず、何故かひたすらに永妙寺は不憫キャラです。
やはり元々モブキャラの予定で出てきたためか、
それともゲームをしないという漫画内での異端存在だったためでしょうか。
ポジションは変わっても、永妙寺の不憫キャラっぷりは変わりません。

しかしこれは、決して悪い事ではありません。
不憫キャラという属性を得ることで、永妙寺のキャラクターも立ちました。
しょっちゅう涙目になる彼女のキャラクターは非常に愛らしいものですし、
「小学一年生にお婆ちゃん扱いされる女子高生」なんて、中々オイシイ立ち位置でしょう。

それに不憫とは言っても、
家が全焼したり、親が連帯保証人になって多額の借金を背負わされたりとかいう、
洒落にならないレベルの不憫さではなく、
あくまで他の人と比べてちょっと不憫、という微笑ましいレベルの不憫っぷりです。
冷静に読んでみれば、
永妙寺は気の置けない友人と一緒にレベルの高い高校に合格・進学してるのです。
言ってしまえば十分に勝ち組です。凄いぞ永妙寺。


さて、ここではそんな永妙寺の不憫っぷりをまとめて、
永妙寺の魅力と不憫っぷりを再確認してみようと思います。



・第6話 
 真言たちのゲーム好きをたしなめようとして、
 由寿に「四十路と同じ思考」と切り返され、泣く。

 記念すべき、永妙寺デビュー回。
 いきなり由寿にやり返されて涙目、と見事に不憫。
 言ってる事自体はそんなに間違ってないと思うのですが…。

 余談ですが、この永妙寺は今に比べて言動が強気で、
 ファッション系の話題に喰いついていた事も合わせて、
 「今どきの女の子」といった印象を受けます。キャラ固まってなかったからか。
 しかし、永妙寺が1巻から出ていたという事実はなかなか意外。


・第16話
 修学旅行の班決めでハブられる。

 好きな人同士で班組んであぶれる…と、
 まさかの「永妙寺友達いない疑惑」です。
 一応窓香に「風紀委員と一緒じゃ羽のばせないしね」とフォローされます。そうだと思いたい。
 
・学力の低さを言及され、ゲーム脳を疑われる。
 自分が持ち出した話題で、自分が傷つくという、今や恒例の自爆パターン。
 ここで話題に出た学力の問題は、後々まで尾を引いたりします。

 一応フォローしておくと、
 平均点65.8は決して高い数値ではないけど、特別低くはないと思います。
 というか、窓香がおかしい
 参考までに、第15話での悟の平均点が76点で、
 順位は「真ん中よりちょっと上」らしい。
 この時点の永妙寺の成績で、真ん中~やや下くらいでしょうか?

・第22話
 窓香のゲーム好きをたしなめようとして、
 成績の余裕の無さを指摘され、泣く。

 恒例のパターンですね。
 ほぼ6話と同じパターンで泣いています。
 正直、ちょっと永妙寺は打たれ弱すぎます。そこが良いのですが。

・第28話
 付属高校進学を表明して、皆に驚かれる。

 読者も驚いた、永妙寺の付属受験。
 悟や由寿のリアクションも無理もなく、
 自分より成績悪い(と思ってた)人が、
 難関校を受験するというのだから、そりゃあ驚きますね。
 
 親に過剰な期待をされて、
 本人でも無理だと思う受験するというのも、ある意味不憫ポイントか。
 
・第31話
 付属合格を報告して、悟と由寿に心底驚かれる。

 ↑の結果、こうなりました。
 受験しても驚かれ、合格しても驚かれる。これが永妙寺です。
 まあ実際、読者としても受かるとはあんまり思えなかったし…。
 合格という結果なのに、何故か永妙寺が流す涙は嬉し泣きでは無い、という話。
 
・第37話
 ショタに目覚め、学園祭で託児施設に写真を撮りに行く。

 一歩間違えば犯罪です。
 由寿の「…あの子はどこに行くの…?」というリアクションが全てで、
 本人は幸せそうですが、むしろ痛々しい印象を受けます。
 託児所のお姉さんも引き気味です。

 不憫キャラとはあまり関係ありませんが、
 この辺りでショタ好き設定が付いた事により、
 一応優等生的な感じだった永妙寺の立ち位置が、ちょっと危ない人になっていきます。
 実際、顔真っ赤にして幼児を撮る女子高生はどうかと…。

・第39話
 泰斗(小学一年生)に一目ぼれ。
 お話しようとするも、「ボクのお婆ちゃんみたい」と言われ、ショックを受ける。

 永妙寺のキャラクターの集大成的な回です。
 小学生に惚れ!
 ゲームやらないのが災いし!
 結果、お婆ちゃん扱いされる!

 これが不憫でなくてなんだというのだろう。
 ショックを受ける永妙寺の姿が非常に愛らしいですね。
 というか、私が永妙寺を可愛いと思い始めたのはこの辺りからだったりします。
  
・第40話
 DSとゲームを買って、泰斗とお話するも、
 ソフトが脳トレだったため、またもお婆ちゃん扱いされる。

 「店員に聞いて、売れているソフトを買う」というのには、流石に窓香もフォロー不可。
 ゲームやらない身からすれば、仕方ないのかもしれないけど、
 それは女子高生の発想じゃない…。

・第41話
 泰斗にチョコを渡すも、既に学校で大量にチョコを貰って来ていたため、
 大して印象に残らないで終わる。

 バレンタインでチョコを渡して、見事にノーリアクション。
 「家族ゲーム」では、バレンタインがきっかけで後々のイベントに発展する事も多いが、
 見事に空振りしている。ホワイトデーイベントも特に無し。
 しかし、本人は「お婆ちゃん扱いされなかったから良し!」と上機嫌。
 本当に、それでいいのか女子高生。

・第44話
 泰斗に「あーん」で食べさせようとするも、
 「赤ちゃん扱いしないでよ。ウチのお婆ちゃんじゃないんだからさ」と断られる。

 恋人っぽいシチュエーションを求めようとしただけらしいが、
 付き合ってもいない小学2年生にそれを求めるのは、ホントにどうなんだ。
 結局またお婆ちゃん扱いに戻っている辺りも不憫。

 まあ、これ以降泰斗との関係は、
 おうちにお呼ばれ→夏休みの宿題を見てあげる、と改善(?)されていくので、
 お婆ちゃん扱いはここで終わるのですが。


 
以上が、6巻までの永妙寺の不憫まとめです。

まとめてみて思ったのですが、
永妙寺ってあんまり器用じゃない子なんですね。
運が悪いというより、不器用で一直線に物を見てしまうというか。
不器用ゆえに、正面からゲーム批判をして反撃され、
親に過度な期待をされたら応えてしまい、
ショタにハマれば写真を撮りにいってしまう…まあコレはフォローできませんが。
いや、そういう所も可愛いという話です。

で、そんな永妙寺が不憫キャラとして魅力的なのは、
作中の温かい雰囲気によるところが大きいんじゃないかと思います。
先にも書きましたが、
永妙寺の不憫さは、微笑ましいレベルで留まってますし、
仲の良い友達が出来たり、高校受験にはしっかり合格したりとある程度の救いはあるしで、
「不憫」という表現はしていますが、「可哀想」とまでは思いませんからね。
永妙寺は不憫キャラであって、可哀想な娘ではないのです。
ああ永妙寺可愛いなあチクショウ。

にほんブログ村 トラコミュ 鈴城 芹へ
鈴城 芹
関連記事
スポンサーサイト

2010-07-12 23:29 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

某掲示板でも「A名字」と呼ばれている……
永妙寺さんは初期から絶妙なキャラでしたからね。
個人的に由寿や窓香は濃すぎる印象だったので、永妙寺さんの立ち位置は好感が持てました。
まあ、燐さんが出てからは興味は燐さんの方に行っちゃいましたけど。
……まさか二人とも同じ属性(カップリング傾向)になろうとは……。

日ごろから、
「長谷川さん!長谷川さん!長谷川さん!長谷川さぁぁんうううわぁああ(ry)」とか言ってる私ですが、(以下略)
頼まれてもいないのに『ぴーえす珍化論』の長谷川まちさんの出番をまとめてみました。
話の内容は台詞からご想像下さい。

Vol.20(2006/02)「必ずシッポをつかんでやるわ…!(一度言ってみたかった)」
Vol.38(2007/07)「どうしてこんないくじなしになったんだろ……」
Vol.49(2008/02)「…彼女いないのに、あのケーキが欲しいの?」
Vol.57(2008/06)「大槻君の交友関係なんてどうでもいいじゃない。ましてや子どもがいるかなんて…」
Vol.61(2008/08)「何か選択を誤った気がしてならないのはなぜだろう…」
Vol.73(2009/02)「……なんか気持ちがカゼひいた気分…」

たった六回か…、しかもそのうち一回は一コマのみ……。
とりあえずまとめてみると登場するのは、
・15ページの時
・年に一回くらい
・二月と六月~八月
そろそろ登場する……?

初期はアクティヴな暴走キャラだったけど、徐々に乙女チックな面も見せて来た彼女には、幸せになってもらいたいですね。
永妙寺さんや燐さんや他の電撃4コマのキャラにも言える事ですが、なるべくみんなが幸せに。
2010-07-14 23:07 : 774 URL : 編集
Re: 某掲示板でも「A名字」と呼ばれている……
>>774さん
ホントに長谷川さん好きですね…人の事は言えませんが。

本文は「不憫」についてなので、あんまり書いてはいませんが、
永妙寺は、微妙な出世っぷりも好きだったりします。
モブのつもりで出てきたのに、今や窓香より出番が増えてますからね。
大城さんもそうですが、意外なキャラが意外な活躍をするのを見ると、胸が熱くなります。
(実は家族ゲームのキャラの大半はそうなんですけどね。)
燐さんも、貧乳とか彼氏無しとか、泣き所の多くて可愛かったですね。
今や彼氏も出来て、幸せそうなのもまた良いですが。
実は単行本のキャラ紹介で「ちょっとショタっ気アリ」と書かれてるので、
「付き合った相手がたまたま年下で~」というよりは、
本質的に永妙寺と似た者なのかもしれません。


で、長谷川さんですが…。
あの人たった6回しか出てないのですか!?
うーん、年一ペースとか、ホントに金村さんポジションだなあ。
…もうちょっと出ても良いと思いますね。やっぱり。
立ち位置としては、人間で唯一ぴえすの存在を知っているオイシイポジションなのですし、
タイミング的にも、そろそろ期待したい所ですね。


>永妙寺さんや燐さんや他の電撃4コマのキャラにも言える事ですが、なるべくみんなが幸せに。
これはホントにそう思います。
色んな漫画の色んなゴタゴタも、なるだけ荒波立てずに綺麗に収まってほしいですね。
「ハッピーエンドしか認めねえ」という訳ではないんですが、
4コマはそれくらい気軽に楽しみたいです。
2010-07-16 18:34 : ノノック URL : 編集
そして、完結したいまの永妙寺さんは勝ち組!!
2015-04-27 23:04 : 名無しの方 URL : 編集
Re: タイトルなし
>>名無しの方さん
確かに永妙寺は出世しましたね…まさか本格的おねショタ要因になるとは。
しかしちょっと待ってください、永妙寺は果たして本当に勝ち組なんでしょうか?
永妙寺大学出たのに就職せずにバイト生活で、
しかも自分の両親とは不仲、
泰斗の母とは良い関係ですが、この年の差恋愛がバレた時にどうなるかは分からないと、色々前途は多難なのです。
永妙寺はまだまだ不遇キャラでいいんじゃないでしょうか。
2015-04-28 22:42 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード