スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

漫画「賢い犬リリエンタール」3巻 購入!!

賢い犬リリエンタール 3 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 3 (ジャンプコミックス)
(2010/07/02)
葦原 大介

商品詳細を見る


不思議な賢い犬・リリエンタールをめぐるドタバタ騒動を書いた、
葦原大介先生のコミックス第3巻。
シリアスな展開にもなるのですが、相変わらずどこかほのぼのした良い漫画です。


やはりこの漫画の最大の魅力は、登場人物の性格の良さでしょう。
3巻でもそれは健在で、
普段クールな切れ者のさくらも、
あんこくまじん騒動で心身ともに疲れたてつこを気遣う優しさを見せ、
嫉妬心からてつこに容赦無い言葉を浴びせたうさみも、
あんこくまじん騒動の真相を聞き、自分がまじんを呼び寄せた犯人では無いと知っても、
「てつこちゃんを追い詰めたのはアタシだし、自業自得」と反省します。

そんなリリエンタールの登場人物の優しさ、
この漫画のほのぼのぶりが顕著に現れているのが、
「賢い犬リリエンタールとフライヤー号」の話です。
この話では、リリエンタール専用の自転車を作ってあげる兄に、
自転車を漕ぐリリエンタールを優しく見守る春永姉弟。
壊れた自転車を自分で直そうとするリリエンタールに、
直せない事が分かっていながら、リリエンタールと一緒に修理を手伝ってあげる紳士組。
自転車が事故にあった事を知り、真っ先にリリエンタールの怪我を心配するてつこと、
各登場人物がすごい良い人で、すごく幸せな空間になっています。
ホント、この世界、どこにあるのですか?!引っ越したいのですが…。

3巻の表紙に書いてあるタイトルがこの話がだったり、
帯に書いてある台詞が「ごぼうむき!ごぼうむきだ!」だったりするあたり、
作者側にも、このほのぼの話は気に入られているのかなあ…とも思います。

敵対する黒服の組織も、どこかほのぼのしていて、
今回、前巻のスーパーうちゅうねこ騒動の時に強引な手段を使った龍之介&ピエトロに罰が下りますが、
その罰が便所掃除というのも、なんかほのぼのしています。
その上、「こうしてみると、普段掃除してもらっているありがたみがよくわかる」
と生き生きするピエトロ。なんか可愛いですね。
そもそも上司のシュバインさんからして、
スーパーうちゅうねこ「ねこさん」と呼んでますからね。
シュバインさんはちゃんとした渋い大人ではあるのですが、
令一郎にかつての自分を重ね合わせたり、妙に人間くさい所があるのがすごく良いです。
3巻初登場の令一郎&オリガも、偉そうなだけで悪い人間ではありませんしね。



さて、次でリリエンタールは最終巻らしいのですが、
なんでも1話書き下ろしの話が入る予定だとか。
後日談かなあ…アジト温泉には是非ともゆきちゃんに訪ねていってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-07-08 15:04 : 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。