ゲーム「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」プレイ開始。

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ハイレベルなドット絵とアクション、
完全に空気のストーリーに定評のある、
DSの悪魔城シリーズ(今の時点で)最新作。
シリーズでは珍しい女主人公です。


とりあえず説明書に載ってるストーリー(原文ママ)。

中世の昔より、幾度となく甦り、
人々を恐怖へ陥れてきた、
魔族を統べる王“ドラキュラ”。

その“ドラキュラ”が甦るたび、
聖なる鞭“ヴァンパイアキラー”をふるい、
倒し続けてきた一族がいる。
一族の名は“ベルモンド”。

だが、19世紀に入り、
ベルモンド一族は、突然姿を消す。
ときの権力者たちは、
聖なる鞭に代わる“ドラキュラ”への対抗手段を捜し求めた。
数多くの組織や研究機関が乱立され、
そのどれもが、
力を発揮することなく消えていった。

“エクレシア”も、その中の1つ、
“グリフ”なる秘術をあやつり、
魔物を討伐する特務機関である。


三行にまとめると、

邪悪な王ドラキュラを倒せるベルモンド一族が失踪しちゃったので、
みんなが頑張って代わりの組織をいろいろ作ったけど、全部駄目だった。
特務機関“エクレシア”もその中の一つである。


という事ですね。
多分そういう意図は無かったと思うのですが、
主人公の所属する、この“エクレシア”も、
この文章で見る限り、結局力を発揮することなく消えてしまうように読み取れてしまうのですが…。
秘術まで使えるのに、何と勿体無い…。
“グリフ”なる秘術をあやつり、魔物を討伐する特務機関である(キリッ)

まあ、実際ゲームを始めてみると、結構ブラックな企業のようです。
まず、開始3分で同僚のイケメンお兄ちゃん・アルバスが裏切ります。
理由は、師匠が秘術を自分ではなく主人公に授ける事にしたから。
アルバス「師匠!その力は俺に授けてくれるって言ったじゃないですか!」
師匠「いや、お前才能足りないから…」
アルバス「なにーお前なんかもう師匠でも何でもない!」

で、儀式の最中に秘術を持ち逃げしたせいで、
事故って主人公は記憶と感情が無くなってしまいます。
なんという迷惑おにいさん。

流石にこのままにしてはいけないので、
主人公はアルバスから秘術を取り戻す任務を任される事となります。
あのー…事故のせいで、主人公は戦闘スキルの記憶も失ってるんですが…。
あ、それでも行くんスか。「記憶は無くとも、身体は教わった技術を覚えているはずだ」ってそういうもんスか。
他に人居ないんスか…。やはりブラック企業。


で、アルバスと対峙するも、やっぱり逃げられる主人公。
秘術を取り返す事もできず、アルバスの足取りも分からず…と思ったら、
地面になにか光るものが…これは!地図だ!しかも目的地に印がしてある!!
いやいやいや…実にピンポイントで間が抜けてるアルバス。
主人公も「手掛かりはこれだけか…」とか贅沢言うなよ。
ここまではっきり行き先が分かる落し物はそんなに無いよ。

印の付いていた村に赴くと、魔術によって縛られた村長が!!
主人公が助けると、村長はお礼を述べ、魔術をかけた男の情報を話します。
まあ当然アルバスの仕業。しかし村長に彼の行き先が分かるはずも無く…
「確か『監獄島』と言っていました」…と、どうやらわかるようです。
何をやっているんだ、アルバス君。アホなのか、君は。

まあ分かってるよ!!アルバス君本当は悪い奴じゃないんでしょ!
助けた村人からも、「男の眼をしていた…」とかフォロー入るしね。
どうせ、最初に主人公に授かりかけてた秘術は、使うと死ぬとかそういう事になるから、
敢えて主人公に使わせないように奪ったとか、そういう話なんでしょ!
全部分かってるよ!!


さてこのゲーム、ストーリーはともかく、
アクションとしては、まあ今まで通りの面白いドラキュラですね。
ただ、今回武器の属性相性の差が顕著になっている気がします。
今までにもあったのですが、鎧系の敵に剣は効きにくい、
ゴースト系には魔法で攻撃する必要がある…と細かな武器の切り替えを要求されて、
正直なところ、少々面倒くさいです。
メニューを開かなくても、セットした武器に瞬時に切り替えるコマンドもあるにはありますが、
それを考慮しても面倒くさいというのが本音。
あと、武器名が凄く分かりずらい。
ファルクス(鎌)、ハスタ(槍)、クルテ(ナイフ)と言われても、どれがどれだか…。

現在、『葬送の骸窟』に入る所です。
今のところの主力はヴォル・プルサーレ(鎚)ルミナーレ(光球)。
は上から振り下ろすので、攻撃範囲が多少広く、威力も十分。
光球は円を描いて広がる軌道なので、隙間が広く当てにくい反面、
魔法なので幽体系の敵に効果的で、接近すれば当てながら鎚で殴れるのが長所です。
この二つを一緒にセットすると、強力な合成印術が使えるのも強み。
アクシス(斧)もいつもの斧性能で使いやすいんですが、
威力が低いうえに、空飛んでる敵は大抵幽霊なので…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-07-25 17:59 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード