スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

ゲームレビュー「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


シャノアとアルバス、両方でクリアしたのでレビューします。
結構楽しめた作品でしたが…。


・いつもの「探索型悪魔城」です。
ゲームとしては、まあいつもの「探索型」悪魔城シリーズと言えます。
システムもちょこちょこ変わっているものの、従来から特に大きく操作が変わる事も無く、
クオリティも変わりないので、今までのシリーズが好きな人は問題なくプレイできるでしょう。
ダンジョンを探索し、新たな装備やアイテムを手に入れ、準備を整え、ボスに挑む。
この辺りの面白さは変わらずにあります。
ボスも初見での撃破は厳しいものの、
パターンを覚え装備を考えれば、結構簡単に倒せるようになったりします。

個人的に好感が持てるのは、回復アイテムの便利さと値段のバランスで、
金にあかせてハイポーション・エクスポーションを買いこめば、
ボスはゴリ押しでもなんとかなるものの、今回それらのアイテムはかなり高価
毎回、ボス戦のたびに回復アイテムを用意するのは簡単ではないので、
出来るだけアイテムは使いたくないのですが、
ボスはかなり攻撃力が高く、特に終盤はゴリ押しに頼りたくなる位の強さ。
初心者には救済策として働きますし、慣れた方は購入分のお金と時間を別に回せます。
このバランスは良い感じ。

しかし、シリーズも最早DSに入って3作目。
正直あんまり変わり映えしないので飽きる…というのも確かです。
ザコ敵も、新グラフィックもある程度はいますが、
前作・前々作から(一部「月下の夜想曲」からも)の使い回しもありますし、
主人公の動きにも大差無いので、そういう評価になってしまうのも仕方ないところ。

良い所も多いですが、そろそろ大きな変化が欲しいというのも確かな所です。


・装備周りの不満点いろいろ。
「いつも通りのドラキュラ」とは書きましたが、
今回ちょっと不満なのが、武器のバランスとシステム周りです。
今までのドラキュラシリーズでも、敵ごとにダメージの入りやすい・にくい武器はありましたが、
今までが「こいつには、この属性の武器ならダメージが多く入って有利」という感じだったのに比べ、
今回は「こいつには、この武器では殆どダメージが入らない」というバランスになっている気がします。
性能的な相性(大振りの武器だとすばしこい敵に当てにくい等)に加えて、
属性的な相性(霊に物理攻撃は効きにくい等)も考慮しなければいけないというのは、
正直面倒くさいし、プレイヤーの選択肢が狭まるだけな気がします。
正解を探すのは好きですが、正解の形が狭くなってしまうのはどうもなあ…。

ともかくそういう訳で、
今作では武器を小マメに付け替える必要があるんですが、
そういう仕様の割に、武器名は何故か全く馴染みの無いラテン語で、
武器名を見ても、コンフィデレ・セカーレ・プルサーレ・ハスタと何がなんだか。
「で、シェフのオススメの調理法はどれ?」と聴きたくなるほどの訳の分からなさです。
もうちょっと分かりやすくしてくれれば…パッと見でどれがどれだか分からないのは酷い。

一応、「装備した武器は新しい順に5つまで、履歴に残って優先的に表示される」という仕様にはなっているのですが、
ちょっと装備の付け替えを行えば、少し前に装備してた物など、あっという間に履歴の外。
合成印術の組み合わせ等探し始めようものなら、もうゴチャゴチャです。
ただでさえ多い武器の中には、単純な上位互換武器もあり、
拾えばもう下位武器はもう要らないのですが、今回武器の売却・破棄は不可。
それどころか、ソートもありません。
前述の武器名の読みにくさもあり、装備の面倒くささはシリーズ随一だと思います。

そういった事もあり、後半武器はほぼ固定で使ってました。
色々使い分けたい気持ちはあったのですが、どうにも面倒くさい気持ちの方が上回ってしまい…。

・ストーリー&グラフィックは良い!
逆にちょっと褒めたいのはストーリー。
確かにアルバスお兄ちゃんの狙いとか、正直バレバレではありましたが
今までのような「悪魔城が出てきたので倒しに行く」というだけでなく、
ちょっとしたを含ませたのは良かったと思います。
また「他のダンジョンをクリアして、最後に登場する悪魔城」という形で出てくる悪魔城には、
シリーズ他には無いインパクトがありました。
実際に入ってみると、マップは広大で敵も強く、悪魔城の脅威が改めて感じられます。

グラフィックも大人向けの落ち着いた感じで良かったですね。
蒼月は悪役が見た目どう見ても小者だったし、
ギャラリーは、シャーロットのギャグ顔が雰囲気ブチ壊しだったしで
どちらもイマイチ悪魔城の空気に合って無かったと思うんですが、
今回はリアルタッチで、「月下の夜想曲」以来の合いっぷりだったと思いました。

・まとめ。
まとめると、とにかくいつもの探索型悪魔城シリーズです。
多少良い所・悪い所を挙げましたが、それもメインで褒めたりけなしたりする程のものではなく、
個人的な好き嫌いの範疇に収まるものだと思います。
詰まるところ、いつものドラキュラが好きな人は好き、合わない人は合わないゲームだと思います。
個人的には、ちょっと飽きたというのが正直な所です。
しかし、ゲーム自体の質は悪くは無いので、シリーズ未プレイの方にはオススメでしたい所。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-08-07 20:32 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。