スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

DS「女神異聞録デビルサバイバー」プレイ日記―その3。NPC活躍祭り。

女神異聞録 デビルサバイバー女神異聞録 デビルサバイバー
(2009/01/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ようやく3日目に入りました。
レベル上げは過剰な位にやってるはずなのに、人命救助に大弱りです。うむむ…。


さて、個人的にメガテンで一番かわいい悪魔口調は獣系だと思うのですが、
今回の獣系の可愛さは、シリーズ中でも1,2を争うレベルだと思います。
妖獣ガルムは合体時に「クゥーン」と寂しげに鳴き、
邪龍トウビョウは、オークションで「マトメ売リサレテルヨ」とぼやきます。
お前らダーク悪魔のプライドを持て、と言いたい。何だこの愛玩動物。

そんなトウビョウ、見てて愛着が湧くので重用したくなるのですが、
哀しい事に、邪龍は使い勝手が悪く、あまり使えません。
いや、ステータスや相性が悪い訳では無いのですが、種族スキルがはっきり言って地雷…。
攻撃射程が伸びるのがは凄く有難いのですが、
EXターンが発生しないのと、迎撃コストが増すというリスクは、正直やってられません。
ただでさえ味方より敵の方が多い今作、
これを持っていると実質攻め手が減ってどんどん攻められる事になるので…。
せめて4人目の人間キャラが加われば使えるんでしょうけどね。

パーティに仲魔も増えましたが、それでもエースはサラスヴァティトールです。
二人ともステータスは偏りまくっていますが、その分得意分野で攻撃すればザコを簡単に屠れる上、
サラスヴァティは<嵐の乱舞>、トールは<暴れまくり>で複数体に攻撃可能。長所が更に活かせます。
二人とも速が低いのが難点ですが、氷結・電撃には弱くないので行動はキャンセルされにくいかと…。
あとは、霊鳥スパルナもそれなりに活躍中。
ステータス云々よりも優秀なのが種族スキルで、
地形無視と移動力+で、パーティーに加えておくとガンガン攻めにいけます。
というか、これを使わないとNPC死亡が敗北条件のミッションはかなり厳しいと思います。
(実は使ったうえで、ゲームオーバーになってたりもしますが…

さて、イベント戦闘では、ヤンキーのカイドーくんと、
怪しい会社員のホンダさんが、NPCとして共闘してくれます。
こちらもレベルは結構上げたつもりですが、中々強いですね、彼ら。
カイドーくんはやはりバリバリの物理タイプで、ガンガン敵に斬り込んでいき、
ホンダさんは、何故か知りませんが、やたらこちらを回復してくれます。
うん…正直、気味悪いです。
こんなリリエンタールの首領みたいな見た目の人が、つかつか近づいてきて、<献身>
何だこの人。まだいきなり攻撃された方が納得できる気がします。
しかもこの人、トウビョウ連れてますからね。

そんなホンダさん、好感度急上昇ですよ。
今までは、なんか冷たい目をした怪しいおっさんくらいにしか思えなかったんですが、
結構回復してくれたおかげで、スゲー良い人に見えてきました。
多分この人、真顔で冗談言って信じて貰えないタイプの人ですよ。うん、好感持てます。
ここに来て、ようやく信頼したい人が出てきました。
なんか、ひたすら余った時間追っかけてたら、トランシーバーで通話してる場面に遭遇しちゃいましたけど、
まあ、たぶん悪い電気屋の店員に騙されて買わされたのでしょう。
ドイツで人気の最新型ですよーとか言われてね!うまく丸めこまれてね!
そんなに気にするもんじゃないよ、アツロウくん。

次いでまたもイベント戦闘。
一般人を守りつつ、悪魔を逃すなというミッションだったのですが、
悪魔2体に絡まれてる会社員を助けている間に、別の悪魔に横を抜けられ、あえなくゲームオーバーに。
まさかこっちをガン無視して出口へ行くとは…。
くそう…SJの時はあそこまで逆境に強かったのに。こんなにあっさりとリテイクです。
こういう状況だと、物を言うのは邪鬼の<呪縛>と、
魔獣の<獣の跳躍>、霊鳥の<飛翔>ですかね。
あとは各種回復系を連れ、なんとかリベンジに行きます。
ちょっと離れた奴はすかさず呪縛で縛って行動制限し、
戦闘は火力重視で一気に決める、というスタイルでなんとか成功。
しかし、どのみち他の悪魔を翔門会の人たちが片付ける展開になるんだから、
あんまり関係無かった気もするなー。ちょっと働き損だ。

そうこう言ってるうちに、
根暗眼鏡のケイスケと、コスプレ眼鏡娘のミドリが、悪魔に囲まれて大変な事に。
慌てて助けに向かいます。
ここに来て、ようやくケイスケが悪魔召喚プログラムを使いますが、
呼び出したのはジャックフロストとジャックランタン。可愛いなオイ。
またしても、NPCを助けるバトルとなります。
まあ、基本は先のバトルと一緒で、急いで接近してNPCに近い悪魔から倒せば良いという話です。
仲魔が二体とも死んでるのに、ケイスケくんが自信満々に攻撃に行った時はどうなるかと思いましたが、
何とか命は繋がり、無事クリアー。
NPCの癖に無茶は止めていただきたい。アキトかお前は。

しかし、そんな狂戦士ケイスケくん、3話に入ってすぐに仲間に入りました。
これで念願の4人パーティーです。
速の高いステータスで、正直主人公(うどん天助)と被ってるのですが…。
まあ、使い方はちょっとフリーバトルをやってから考えましょう。
ちなみに助けたミドリちゃんは、何か悪魔召喚の力に感動して、
「これで皆を助ける!」みたいな事を言ってどっか行ったみたいです。
ちゃんと止めろよケイスケ…。
あんまり頭の良さそうな子じゃないので、そのうち何かしでかしそうな気がぷんぷんしますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-08-11 01:11 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。