スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「看板娘はさしおさえ AfterDays」読みました。


文字通り、鈴城芹先生の「看板娘はさしおさえ」の後日談漫画です。
芹先生自身が描いて、夏コミにて販売した同人作品ですが、
芹先生のHPで公開されていたので、早速読ませていただきました。


で、やっぱり芹先生はすごいと思うわけですよ。
同人という形ですが、クオリティは本編と比べても何ら遜色ない出来です。
月2本の連載に加えて、単行本作業もある中での夏コミ参加と聞いたときは、
本気で芹先生の体が心配になったのですが、
それでこの出来栄えですから驚きました…。
というか、これでもまだ描き切れなかった話があるというのもすごい話ですよ。

内容で一番嬉しかったのが、
作中の雰囲気が本編と全く変わってなかった事ですよ。
家族が一人増えた小潮家や、中学に上がった五十鈴など、
確かに色々な変化はありますが、
相変わらず桜子さんはセクハラ三昧だし、
十世はお父さん好きだし、小絵は質屋を盛りたてようと頑張ってるしで、基本的には何も変わっていません。
匡臣さんの「色々あったけど 変わらないなぁうちは」というセリフが全てだと思うのです。

あとは、「貸金業法の改正」というタイムリーな話が良かったです。
改正の話を聞いた時「さしおさえがまだ連載してたら、きっとネタになったのになあ…」と思ったので、
ここで改めてネタとして補完してくれたのは個人的に嬉しいところ。
それと「※イメージ映像です」には笑いました。
いや、その子生活力無いけど借金嫌いだから!


それにしても、これをHPで無料公開にした芹先生は太っ腹だなあと思います。
先にも書きましたが、話は普通に雑誌掲載時レベルですし、
同人以外でも普通にお金がとれそうな気もするんですが…。
芹先生の自作に対する愛情が感じられます。
先生、ありがとうございました。

にほんブログ村 トラコミュ 鈴城 芹へ
鈴城 芹
関連記事
スポンサーサイト

2010-08-18 15:59 : 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。