DS「女神異聞録デビルサバイバー」プレイ日記―その8。ホワイトキックと吸血鬼。

女神異聞録 デビルサバイバー女神異聞録 デビルサバイバー
(2009/01/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る


4日目後半です。
一部時系列がその7と前後していますが、ご了承ください。


ちょこちょこ会話をして情報交換します。
まずはショウジさん。
彼女の死語は、もうそういうキャラなんですね。
「ピッタシカンカン」とか「ホワイトキック(=しらける)」とか、まあセンスの酷い事。
しかし、このキャラ付け一つで、彼女はこのゲームで数少ない癒し要素になっていますね。
会話をしてても、あんまり悲壮感を感じないのが良いところです。ナイスキャラ。
ひょっとしたら、現状女性キャラの中で一番好きかもしれません。

次いでジンさん。
一通り最近の若者批判をした後、失踪した昔の恋人の話とか始めやがります。
失踪には翔門会も関わってるそうで、なんとか行方を知ろうとしているみたいですね。
一応、「探すのを手伝う」選択肢を選びましたが、
正直この非常事態でそんな個人的な事に関わっている暇はありません。
まあ、「気が向いたら手伝ってやっても良いよ」というぐらいの話ですね。
何分ジンさんにもハルさんにも、そんなに興味が無いからなあ…。


そしてマリさん。
なんかいきなりクドラクと戦っていますが…なんか彼女、クルースニクだったみたいです。
えっ、ちょっと、なんですかその超展開。
確かに「主要キャラの中に、誰か一人くらい悪魔混じってないかなあ」とは考えてましたが、
まさかマリさんがクルースニク、つまり男の娘だったとは…。
カイドーくんざまあですね。

しかし、「今のクドラクは倒せない」みたいなんで、
マリさん=クルースニクを逃がす事になります。
クドラクは<呪縛>連発してくるため、マリさんはロクに動けませんが、
マリさんはHPが多くディア持ちのため、そうそう簡単にやられはしません。
クドラク以外のザコは大して強くないので、全滅させてのんびりマリさんを待ちます。
そのうち振り切って逃げてくるので、そのまま出口まで連れてって終了。

で、本人が語る所によると、
別にマリさんの正体がクルースニクという訳ではなく、
ちょっと体を同意のうえで借りているだけみたいですね。
その後、クドラクを倒せるアイテムの入ったカバンを探して右往左往し、
見つけたカバンをマリさんに返します。流石にまだ仲間にはなりませんが…。


そういえばカイドーくんは、
チームの人たちがケイスケくんらしき人物に殺されたんで、仇を討とうとしているみたいですね。
あのメガネとヤンキーは物凄く互いに相性悪そうだから、まあしょうがないかなあ…。
この二人だと、どちらかと言えばカイドーくんびいきですが、
アツロウとミドリの手前、ちょっと言いにくい所です。

あとは、
悪魔が出てきたのは自分のせいだと思い込んでるハルを説得して、死亡フラグをポッキリ折ります。
この辺すごくあっさりしてて、むしろ拍子抜けしましたね。
ハル「悪魔は私が出したの!私が悪いのよ!」
ソデコ「いや、連続吸血事件は半年も前から起こってますよ!違いますよ!」
ハル「えっ。じゃあ私のせいじゃないじゃん。なんだ違ったのかー」
みたいな感じでした。
ちょっと話すだけでフラグ回避とか、楽で良いなあ。


最後に、
暴走した悪魔使い警官たちを返り討ちにして、4日目は終了。
うーむ…そろそろ本格的にモヒカンが流行りだす頃なんじゃないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-08-19 00:26 : メガテン(ゲーム) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード