天外魔境2(DS) 感想その11 出雲落とし

天外魔境II ハドソン・ザ・ベスト天外魔境II ハドソン・ザ・ベスト
(2007/03/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 もう少し過去感想。追いついてきました。日付は【4・19】

  二本の暗黒ランが咲く出雲大社へ向かうため、4人で綱を掛け、島を引きます。
 いくら何でも…と思いますが、一撃で巨石を吹き飛ばす極楽がいれば、何となく納得できるから、やはり極楽は偉大です。
 最近卍丸に体力・攻撃力ともに追い上げられてきて、パーティー内で何となく肩身が狭そうですが、そんな事はどうでも良いのです。そのうち武器とっ換えれば威厳も復活します。
 出雲大社では、戦闘員でない根の一族に歓迎されます。暗黒ランの肥やし程度にしか思われてない彼らには特に戦おうという意思は無く、むしろ暗黒ランが切られる事を望んでいる様です。
 その中には、名無しの十八番の父親もおり、「すぐ死ぬだろうから、名前はつけなかった」と何故彼が「名無し」なのかの理由も語ってくれます。

 あの世に通じていると言われる大階段を登ると、今まで倒した根の一族の大将が再び登場しますが、例によってステータスはそのままなので、特に苦戦はしません。肉助も事前に雑魚戦の消耗が無い分だけ楽に倒せます。


 更に進むと、実質ここのボスである、ゴズノ王・メズノ王に襲われます。
 事前の挨拶も名乗りも無い、言わばモブボスですが、攻撃力が高く、集中攻撃されると結構厳しい相手なので、まずは防御力の低いゴズノ王に各種弱体化術を掛け、突撃作戦(金剛、その他補助系術をかけ、突撃もしくは静乱斬)なども使いながら撃破し、残ったメズノ王も同じ様に倒します。
  全体強化系の術は、比較的消費の少ない風蛇だけ使う形になりそうですね。効果が切れるのが早いこのゲームでは、石蛇は性質上ピンポイントで使うのは難しそうなので基本封印。火蛇も消費が激しいので、ラッシュをかけるここぞというときのみ使います。

 あとはボスもいないので、適当に雑魚をあしらいつつ、暗黒ランの元へ。2本立て続けにぶった斬り、因幡・出雲・石見を解放します。

 暗黒ランの根のあった場所から、丹波へ…の前に、根が塞いでいた天狗の元へ。技減らしをお願いします。
 技減らしは候補が多くて相変わらず悩むことに。ボス戦で多用する各種補助系か、全編渡って使う回復系か…なのですが、とりあえずここは息吹で。もう一ヶ所の天狗様も頼り、息吹の消費が7→5に。ラスト付近でちょっと使用頻度が落ちるんですけどね…。どの道1しか減らないんじゃ、そんなに考えることでもないのかもしれませんが。
丹波へ向かう峠でセーブし、終了。次回は丹波でアイツとまさかの再会です。

関連記事
スポンサーサイト

2009-05-03 16:44 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード