高橋名人基準だと、私は立派なゲーマーですよ!


・高橋名人「ゲーマーなら自力でクリアしろ」…攻略wikiに頼り、実況動画で満足する今のゲーマー
痛いニュース様より)

ここでの発言を受けると、
デビルサバイバーもストレンジジャーニーも一週目攻略情報無しでクリアした私は、
堂々とゲーマーを名乗ってもよろしいのですね!!
私はRPGは基本攻略情報無しでクリアするのが信条ですからね!

いやまあそれは冗談です。
(そもそも名人の発言には、スレタイみたいな意図は無く、
 単に昔と今のユーザーのスタイルの違いについて語っているだけで、
 どっちが良い悪い、という次元では語ってないとは思う。)


しかし、この一連のトークで個人的に引っかかるのが、
>高橋名人:昔のゲームって難易度を上げれば上げるほど喜ぶプレイヤーが多かったんですよ。
>ハドソンのタイトルで「桃鉄」に出てくるキングボンビーというキャラクターがいるんですが、
>子供が怖がる家庭以外は、キングボンビーが出る設定のほうを遊ぶんですよ。
>いじめられるほうを選ぶというか。今のゲーマーは無難に遊んでるね。
>遠藤氏:今のゲーマーは幼稚園の子供と同レベル、と(笑)。

この部分。
なんかここ、ちょっとズレてる気がします。

桃鉄はそれほどやっては無いんですが、
キングボンビーを出す出さないは難易度上げる上げないとイコールじゃないんじゃないかなあと…。
だって、いくら初心者でも、「ストⅢ」でブロッキング無しにする人はあんまりいないでしょ。
システムのON・OFFと難易度の上げ下げは別で考えるべきだと思う。
難易度は自己満足的な部分があるけど、システムは使わないと勿体無いもの。
多分、今のゲーマーたちだって、桃鉄やったらキングボンビーは有りにするよ。

あと、
私のイメージする「昔のゲーム」と、例に出てる「桃鉄」の年代のズレも、違和感の原因だと思う。
高橋名人の言う「昔」って、「R-TYPE」とか「ドルアーガ」とかの世代でイメージしてたんですが、
桃鉄(のキングボンビーの出るやつ)ってもうちょっと後じゃないかと。


それと思うのが、
>高橋名人:僕らは昔のゲーマーだから、
>普通のオンラインゲームなどで、装備をして敵に立ち向かっても、すんごい強いんだよ!

これは昔とか今とかじゃなくて、単に経験値の違いだと思う。
俺らが生まれるくらいの頃からゲームやっててゲーム開発に携わってる人はそりゃ強いよ。

関連記事
スポンサーサイト

2010-09-18 22:51 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード