電撃4コマVOL.109感想


今回、ぴえすが載っているんですよ!
ああ嬉しいなあ!本当に嬉しいなあ!
例によって、あの眼鏡の娘はいないけれどもね!


・ちいさいお姉さん
灯姉さんのダメ人間っぷりは本当に底なしだなあ…。
今回あった描写だけでも、
・エアコンをアホな使い方して壊す。
・水浸しで家に上がり、廊下をビシャビシャに。
・酒飲んで風呂入って、グロッキーに。

ここまで来るとすごいです。
USAの永城先生とタメを張れるダメっぷりですよ。

個人的に、毎度こういう灯の周りに迷惑かけているのが、
「灯だから」という理由で普通に許されてしまっているのが引っかかります。
ぴえすや永城先生みたいに、
ギャグ描写でこっぴどく怒られるくらいの報いがあって丁度良いと思うんだけどなあ。

・もやし
言うまでもなくドン引きしてる訳ですが、
このもやし先生の「リスクを恐れず自分の描きたい事を好きに描く」精神は、
そろそろ前向きに評価するべきかと思いました。

漫画自体は全く好きになれないけどね!

・USA
すいません、麻雀分からないのです…。
えーと「ロン」が役出来たよって事で、
「リーチ」は普通にもうすぐ役出来るよって事ですよね。
じゃあ「カン」とか「ポン」とか「ツモ」って何なんだよという話ですよ。

・ゲマママ
何だかんだでラビの暴走っぷりに付き合ってあげるモンガは優しいですね。

・「ベーシックなRPGはキャラが立ってる!
 ダンジョン系はキャラメイクする!」

おお、名台詞な気がします。
実際ストーリー色の濃いRPGクリアすると、
フリーシナリオ系のRPGやりたくなったり、その逆になったりするのですが、
これはまあ、この辺の仕様の違いが影響してるんでしょうね。
上手いまとめだと思います。

・ぴーえす珍化論
長谷川さんは相変わらず何号も何号も何号も出てきませんが、
普通にこの二人の漫才は面白いですね。
「オレ、こういう夢見たことある…」「夢が叶いましたねー」とか、
この辺の台詞回しの上手い漫画ですね。
しかし新の部屋広いな。アパート住まいの癖に。

試作品グッズの中だと、
低周波治療器が値段次第では一番売れそうな気がします。
ちょっとググってみたところ、安い治療器でも5千円以上するようですし、
「ダメージを受けた時」という条件でなければ、
音ゲーで『REZ』のトランスバイブレーターのような楽しみ方も可能、
もちろん格ゲーの罰ゲームやハンデ用にも使えると、意外なお楽しみグッズになる気がします。
これ、どこかで実際に出してくれないかなあ。

・「…売れました」
これ、新のモニタリング感想を踏まえた上で、
試作品の欠点を全て解消したうえで商品化したのだったら妖精すごいな。

・我が姫君に捧ぐ
・「乙女ゲームの主人公ってキモだと思いませんか」
乙女ゲーギャルゲーには詳しくありませんが、これは本当にそう思います。
ゲームに限らず、創作物の主人公全てに当てはまる事なんですが、
あんまり没個性的な主人公だとつまらないけど、
逆に変な個性が立ち過ぎてて、主人公なのに全く共感できないのも問題なのです。
漫画だと「いちご100%」なんかは、
主人公がクソ過ぎて、出てくるヒロインたちが誰一人可愛く思えなかったですからね。
「えー何でこの娘、こんなクソ男に惚れるの?バカなの?」とか思ってました。

しかし相変わらず良い意味で緊張感が無い漫画ですね。
いきなりの展開でも安心して読めます。
というか、人間の珠子が五郎の緊張感を一番煽ってというのはどういう訳だ。

・特異点
ん、んー。
微妙ですなあ…。
ぶっちゃけハンマー振るの遅すぎますよとか、「のんびり作戦会議」とか。
あと、「投げた剣を人影と誤認する」という展開は、
台詞による誘導の前振りがあってもなお微妙な気がします。
うっかり「ブラックキャット」なんぞを思い出しちゃいました。
(※中盤に敵の銃使いとの戦いで、
 主人公が銃を投げる→敵がそれを主人公と誤認し狙う、という超展開が有りました。
 他にも妙なツッコミどころが満載の漫画でした。)


・ライシュウのシュウライ
すごい。
まさか読み切り漫画で、ここまで仙人系のキャラが登場するとは…。
設定上美少女と一緒の部屋で一晩過ごしといて、
寝れない原因が「蹴鞠の事を考えてた」とか、シュウは本気で枯れているんじゃないでしょうか。
でも、ラブコメになれそうな下地はありながら、
ラブコメっぽい描写が全然無かったのは良かったと思います。
ヒロインが普通に可愛いだけに、
「あーはいはい居候ラブコメモノね」という安易な予想があったのですが、
それから外れてくれただけでも良かったです。

ただ、惜しい事に居候モノなんですよね…。
もう電撃4コマに居候モノはお腹いっぱいなんですよね…はあ…。

真面目に残念だったのは、台詞が一々長い…というか細かい事でしょうか。
そのせいで活字が小さくなりすぎです。
絵もちょっと雑で、合わせ技ですごく読みにくい印象を受けました。
一方でキャラはあんまり嫌味がなくて良かったです。
ヒロインは性格の良さもあって、入選作品で一番可愛かったんじゃないかなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-10-02 16:45 : 電撃4コマ : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Twitterも見てます
時間が無いのでちょっとだけテスト

長谷川まちさん…
作者はネット上での一部からの人気を見て、焦らしプレイをしてるのか?
2010-10-08 00:45 : 774 URL : 編集
Re: Twitterも見てます
>>774さん

ひょっとして、
コメント返信が何故かスパムではじかれる件のテストも兼ねてくれてます?
すごくありがたいです。

長谷川さんは…。
そもそもぴえす自体が結構レアポップなのに、
長谷川さんはその中でのレアキャラですからね。
せめて今年中には出てきてほしいです。
2010-10-08 01:02 : ノノック URL : 編集
No title
あれ?普通に返信できてる…?
2010-10-08 01:04 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード