スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

真女神転生2(ゲームアーカイブス)プレイ日記その4―まだまだマンイーターに苦戦中。

真・女神転生II真・女神転生II
(2002/03/20)
PlayStation

商品詳細を見る


手持ちの攻略本(SFC版)も、結構容赦なく見てやってます。
それでも厳しい所がチラホラあったり。


さて、堕天使ベテルギウスを連れて街をうろつきます。
程なくして出てきた幽鬼マンイーターに、自信満々にアギラオをぶつけますが…
ダメージはたったの10
アンデッド系は炎に弱いイメージがあったのですが…何が効くんだコイツ…。
しかし、ベテルギウスも全くの駄目悪魔という訳ではなく、
苦し紛れに放った<毒ガスブレス>はマンイーターにも有効でした。
毒状態なら攻撃力が下がるので、これなら幾分か楽に戦えます。
とはいえ、セクシーダンスに麻痺噛みつきと厄介な攻撃が多いマンイーター。
特に麻痺は戦闘終了後も治らず、
回復所での治療にも800マッカ程かかるので、二人以上喰らうと完全に赤字です。
なので、<パララディ>を持っている鬼女ラミアを制作。
他に<ラクカジャ>も持っているので、活躍が期待できます。

センターエリアのフィールドマップにも、そこそこ強い悪魔が出る事が分かったので、
レベル上げ場所をこちらに変更。
ここだと、マンイーターの他に妖獣ヌエが銃が有効で対処しやすい割に、
落とすMAGが多く有益な相手です。

レベルが26になったら、地母神タウエレトを作ります。
HPが高く、<メディラマ><ラクカジャ>を持っている優秀な悪魔です。
弱点は、地母神なのに見た目がカバという事でしょうか。
女性悪魔口調で喋られても、全く嬉しくありません。

さて、戦力も整ったので、
コロシアムに向かい、ニセ救世主ことたまのりこぞうを倒しに行きます。
たまのりこぞうは倒しても二度復活する厄介な相手ではあるのですが、
HPが低いため、主人公の銃攻撃だけで死にます。
折角のラクカジャ係の出番すら有りませんでした。
コイツもうちょっと強いイメージあったんだけどなあ…マンイーターの方が強いじゃないか。

とはいえ、ここのイベントでベスが死亡。
たまのりこぞうは悪態をついて去っていきます。
しかし、改めてやるとダレスって本当に嫌な奴ですね
主人公視点で見れば、
いきなりニセ救世主呼ばわりされ、一方的に戦いを仕掛けられて、
しかもその戦いの最中、まきぞえでヒロインを殺され、
その責任を「女を盾にするとは!」と(自分でやったくせ)押し付けられる。
なんとか倒し、とどめを刺そうとするも、
死に際のヒロインに止める様諭されて、仇を取ることもできない。

と、とんでもない疫病神ですよ。
「この恨みは、忘れないからな…」などと行って去っていきますが、
むしろ主人公が恨むべき立場なんじゃないでしょうか。

さて、主人公はもう一人のヒロインである所の、
ヒロコことセスナ(「2901年宇宙の旅」に出てくる、さるとび佐助の妻です。)を助けに行く事に。
ヴァルハラからファクトリーに抜ける裏通路を使います。

まず、イベントでたまのりこぞうが再戦を仕掛けてきますが、
先と同じように普通に銃で撃っていれば倒せます。何の問題もなく撃破。

しかし、このダンジョンにも厄介さんの幽鬼マンイーターがザコで登場します。
コイツは本当に厄介な相手で、
銃・特技は無効でムドも当然効かず、ハマも中々効きにくい。
その癖他の魔法もそれほど有効という訳ではない
、という非常に恵まれた耐性を持っており、
その上セクシーダンスと麻痺噛みつきでこちらをバステにまみれさせてきます。
見た目ただのゾンビで、今やレベルもこちらの方が高いのに、
これだけ苦戦するのもなにかおかしい気もしますが、
先に進みたい時は邪魔なばかりなので、可能ならばさっさと逃げてしまいます。
あとは天使アークエンジェルも徒労ばかり溜まる相手なので、出来るだけ戦闘は避けます。

やはりここでは、タウエレトさんが活躍してくれます。
普通に物理攻撃が強いのは有難いですし、
ヒロイン不在の回復の穴も十二分に補ってくれます。
というかメディラマが消費MP10でHP100程回復というのがおかしい。
メディアは消費6で20ちょっとしか回復しないのに…。

さて、ここは道を塞いでいるヤヌスを撃破して通っても良いのですが、
折角なのでダンジョンの最奥の妖精ナジャをイベントで仲魔にし、
ヤヌス戦を回避するルートを選びます。

セスナの檻の前では、ふうせんガムすけが立ちはだかります。
たまのりこぞうに比べれば強い相手ですが、
やはりマンイーターよりは楽に倒せます。
というか、銃が効いて一体しか出なくて厄介なバステも持たないのならそうそう負けません。
ラクカジャとメディラマ係がいれば、力で押し切られるようなことはありませんしね。
あっさり撃破です。

ザコ戦で苦戦しまくってボス戦は楽勝というバランスはなんかおかしい気もしますが、
ソウルハッカーズ以前のメガテンってこんな感じの粗さでしたね。

再会したセスナにかけられた洗脳は、ナジャが融合することで解いて、
セスナは再び仲間になります。
はっきりいって弱いですが、強い銃を持たせれば化けるはずです。
さて、次は地下世界に向かいます…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-10-05 23:07 : メガテン(ゲーム) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。