スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

映画「ウォッチメン」観ました。

ウォッチメン スペシャル・エディション [DVD]ウォッチメン スペシャル・エディション [DVD]
(2010/08/20)
マリン・アッカーマンビリー・クラダップ

商品詳細を見る


何かヒーロー系アクションものが観たいと思って借りた映画。
各ヒーローたちもキャラが立ってて良いと思ったのですが、
まさか…こういう映画だったとは…。

以下にネタバレを含みます。


個人的に一番モヤモヤした点が、
一度地球に興味を失ったDr.マンハッタンが、もう一度人類を救うために動く場面で、
ここは本当に重要な場面だと思うのですが、
その動機が、
「君は母親と母親をレイプしかけた男とが愛し合って生まれた子だ!これは奇跡だ!」というのは、
流石に納得できないというか…。
というか、みんなDr.マンハッタンの扱いはもうちょっと慎重にやろうぜ。
Dr.マンハッタンがすねなければ、一千万人が吹っ飛ぶ事はなかっと思うし、
その原因がローリーと記者会見にあると思うとやり切れないなあ…。

あと、主人公っぽいポジションのナイトオウル(2代目)の、ストーリー上の報われないっぷりが凄いです。
・ロールシャッハとヴェイト(黒幕)に挑む→あっさりあしらわれる。
・「大都市破壊だと?止めてみせる!」→ヴェイト「いや、もう発動したから」
・「これが平和だと?ウソで作られた平和だ!」→マンハッタン「彼の行動は正しい」

こいつローリーとイチャついた以外に何かしてましたっけ…。
作中3度もラブシーンのあるローリーのビッチっぷりもなかなかです。
なんというか、尊敬できるヒーローってあんまり会えないものですね。
そんな中、
一番好感が持てたキャラは、やっぱりロールシャッハですよ。
見た目は一番キャラが立ってるし、ダーティーな性格も格好良く映ります。
あえて問題があるとしたら、一番実力がヒーローっぽくない事ですが…。
というか、Dr.マンハッタンはもう神みたいなものだし、
シルクスペクター(ローリー)にはテレポート能力がある。
オジマンディアス(ヴェイト)は銃弾を避けるスピードで動けるし、
ナイトオウルはバットマンみたいなギミックを持っている、のですが…。
ロールシャッハは…平賀=キートン・太一ばりの環境利用闘法か?
有る意味スマート、格好良いと言えるのですが、せめて警官隊くらいには余裕で逃げ切ってほしいところでした。
当然逃げるものと思ったら、あっさり捕まってマスク狩り→投獄のコンボですよ。全く。
(しかしここ、すっごい印象的な良いシーンでした。
あっさり捕まった事と相まって、素顔がさらされることで、
それまでロールシャッハにあった、「こいつは何かしてくれるだろう」という期待感が一気になくなりましたもの。
ここの場面、ヒーロー幻想が砕かれたようで凄くショックでしたよ。)


ラストは賛否あると思いますが、
「世界中の人間のために、一部の人間を殺す」という黒幕の思想が実現してしまい、
そのうえ他ヒーローもそれを受け入れてしまうという展開は、とりあえずすごい新鮮だと思います。
ただヴェイトさんは人生がリア充すぎて、
観てて思想は受け入れられても、素直に納得できないんですけどね。
あれがロールシャッハさんの酸い人生の果ての結論なら観てて肯定できたと思います。


あと、本編とは全然関係ない事なんですけど、
オープニングの回想っぽい場面の、オジマンディアスが街中で写真を撮っているシーンで、
背景に明らかにヴィレッジ・ピープルっぽい人たちがいるのは何なんだろう。

↓ヴィレッジ・ピープル

ベスト・オブ・ヴィレッジ・ピープルベスト・オブ・ヴィレッジ・ピープル
(2006/01/25)
ヴィレッジ・ピープル

商品詳細を見る

「オジマンディアスは同性愛者」という暗喩なのかと思ったのですが、
Wikiを見ると、ゲイだったのは別のキャラみたいだし…。
ただのお遊びなんですかね。
関連記事
スポンサーサイト

2010-10-24 01:50 : その他レビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
気になったので一つだけ。

>シルクスペクター(ローリー)にはテレポート能力がある。
ローリーは普通の人間で超能力はありません。
あれはDr.マンハッタンの能力です。
2010-10-24 17:47 : Bosatu URL : 編集
Re: No title
>>Bosatuさん
ゲェー!
それはまるっきり気が付きませんでした。
作中ローリーが自宅にワープした直後、
母親(初代シルクスペクター)に「まだテレポートに慣れないの?」みたいな事言われてたので、
『ああ、シルクスペクターの家系にはテレポート能力があるんだな』と思いこんでいました。
あと、燃えるビル内から一般人を助ける場面も思いこみの一因で、
あそこで突然の爆発から逃げた次のカットでいきなり飛行船の中に居たので、
『ああ、咄嗟にテレポートで飛行船の中に逃げたのか』などと思ってました。

ツイッターで書いたのと被りますが、
どうにも「ヒーローが沢山出てくる作品」というと、
『X-MEN』みたいに、「それぞれが特殊な能力を持っている」というイメージがあるので、
この映画の「超常的な力を持つのはDr.マンハッタンだけ」という設定が中々認識できませんでした。
まあ観る前にせめて公式サイトくらい覗いとけって話ですか。
2010-10-24 23:10 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。