スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

コミックREX 11・12月号(リニューアル号)感想。

月刊 Comic REX (コミックレックス) 2010年 11・12月号 [雑誌]月刊 Comic REX (コミックレックス) 2010年 11・12月号 [雑誌]
(2010/10/27)
不明

商品詳細を見る

「何か新しいモノに触れたい病」にかかり、
ヒラコー先生と次号からの芹先生の新連載に惹かれて買ったコミックREX
(冷静に考えると、好きな作家目当てだと、新しいモノ欲は満たされない気がするのですが)
リニューアル号らしく、新規に始まる連載も多く、
手を出してみるのに丁度良いかと思い、買ってみたのですが…。


ちなみに、
既存連載作品については、なーんも知りませんからね。
あれだけ話題になった「かんなぎ」すら読んだ事ありません。
武梨えり先生・結城心一先生なんて、メガテン系のアンソロジーで記憶止まってます。
(今思うと、美川べるの先生に佐倉ケンイチ先生とか凄い面子だったなー…。)
既存の連載作品は、分かる範囲で感想書いていきます。


<新連載>

・アサシネ
いやーヒラコー先生凄いわー。
何がって坂東に黒柳に草野に野々村ですよ。
内容はいつものバイオレンスガンアクションなのに、
もう、「メインキャラ名が世界不思議発見」という一点だけで次回以降がすげえ楽しみです。
何故に坂東英二が銃狂(ガンマニア)か
何故に野々村のまこっちゃんがポン刀持ちの復讐鬼か。
そして何で、黒柳さんだけ外見がちょっと似てるのか。

ヒラコー先生は本当に読者をワクワクさせるのが上手い方ですね。
隔月連載なのがホントに惜しい。

・死神のキョウ
うわあ凄い
「アサシネ」とは真逆の意味で「凄い」という表現を使ってしまう漫画でした。
原作のラノベも読んだ事はありませんが、
なんというか、頭の中の「ラノベ」というイメージをそのまま形にしたような作品というか…。
・「なんとなく良い奴」の主人公。
・勝気でワガママな非人間ヒロイン(日本刀持ち)。
・ホモっぽい友人男。
・マドンナ的存在。

この辺のすっごいテンプレ感。
一応、友人が「ホモっぽい」を通り越してガチだったり、
マドンナが腐女子だったりするのは、オリジナリティと言えるの…か…な?

それだけならともかく、
「野良猫を助けるために木に登る主人公」とか、
「パンツを見られて激昂するヒロイン」とかまで来ると、
テンプレというよりは、むしろ古典というか、
もう、読んでて恥ずかしくなるレベルですよ。
すげえなあ…。
2010年も後半になって、ここまで手垢のついた展開持ってくるのかー。

あと、
ヒロインが暴れまくる場面の、モブ勢の反応に違和感アリアリです。
「木が突然倒れる」だけならまだしも、
地面えぐれてるし校舎も一部壊れるしで、
これは全校生徒避難レベルの天災扱いになると思うんですが…。
「何やってんだ?笹倉はっ…」「魔法かよ…」じゃねーよ。
お前らどうしてそんなに呑気なんだよ。避難しろ避難。
というか、どうして人がやってる事だと思えるんだろう。
これだけの超常現象が、「主人公の気が狂って警察に補導された」になるんなら、
尾ひれどころか、事態はむしろグッピーレベルに縮小してる気がするんですが。
なーんか、作者の描きたい事だけ描いて、他全てがおざなりになってる気がします。
明らかに刀よりパンツに気合入ってるし。

・恋華奇跡
こちらもラノベノリですが…なんか感想に困る漫画です。
別に悪い所は無いし、変なツッコミ所も無いですが、
逆に特別褒める様な所も無し。
薄ーいフツーの一話でした。
敢えて言えば、この主人公は吊り橋効果にかかっていると思う。

・30歳の保健体育
あれ?
「30歳の保健体育」ってこういう内容なんですか?
ぶっちゃけ、「童貞をこじらせた諸君のためのセックスハウツー本」くらいの内容だと思ってたんですが、
意外と普通のラブコメというかなんというか…。
うーん、ちょっと1話時点だと主人公補正が強く感じられますよ。
いきなり可愛い女の子からお弁当貰ってメールまで来るとか、リア充じゃねえかコイツ…。
「おい、そこまでされるイケメンぶりで、童貞こじらせてるってアホかお前は」と思ってしまいます。
ブサイクまでとはいかなくても、もうちょっと主人公を非イケメンに描いてくれれば良かったのに。

・SEVEN GUNNNERS
「アサシネ」以外の新連載で一番面白かったのはこれ。
そこまで強烈な個性がある訳ではないけれど、
絵は見やすいし説明は丁寧。
ページ数の多さもあってか、内容が適度に濃く、
そつが無い「キレイな一話」という感じです。

唯一読んでて引っかかったのが、
菊池がコケた勢いで二人仕留める場面で、
あそこ、明らかに菊池飛びすぎです。
読み直すまで、屋根から落ちてきたんだと思ってましたからね。
ビギナーズラックを通り過ぎて、完全に運での活躍なのもちょっと微妙かなー。
「戦力の不利を戦略と個の力で覆す」という流れに水を差したようにも感じられます。
この先ハチャメチャキャラの方向でキャラ立てしていくと思えばアリですけどね。
今の段階だと、京(スナイパー)が一人だけチート性能な気もするんで、
他メンバーも徐々に能力特化していってほしい。
タイトルどおりにメンバーが7人なら、
ルール的に1人が3人前の活躍をする必要があるわけだし。



<既存連載作品>
前述の通り、設定などは全く知りませんので、
手さぐりで感想書いていきます。

・色素薄子さん
…薄い…なあ。内容が。
いきなり初っ端から感想に困ります。
2話掲載の間に「アサシネ」というもの困りものです。
なんでこんな仕様にしたんだろう。
リニューアル号でこの扱いという事は、期待の作品なのかもしれないですが、
そこまで良いとは思わなかったです。

・かんぱち
んー「かんなぎ」を知らないので、知らないなりに読んでみましたが、
それなりに面白かった…けど、ちょっと結城先生に期待しすぎてた気がします。
決してつまらない訳では無かったんですが、別に結城先生じゃなくても良い内容の気がします。
アンソロ系での暴れっぷりを見るに、結城先生はもうちょっとはっちゃけられる人だと思うので、
ちょっと勿体無い使い方をしているように感じました。

・学園天国パラドキシア
一方で、美川先生は全くいつもの美川先生だった。
相変わらず人体模型好きですね。
畜生「新規読者層が見込める~」ってまさに私の事じゃないか。
散々ラスボスに対してツッコミしておいての、
「ね…ネルシャツの何が悪い!」→「すまんそこについては俺が悪かった!」
の流れが一番面白かったです。

・とんぬらさん
「露骨な疑似エロ」には、やっぱり引いてしまうなー…。
個人的にはこういうのは合わないです。

・アイドルマスター涼くん
アイマスDS組というと、
この涼くんの男の娘設定くらいしか知らない(記憶に残って無い)のですが、
この設定、漫画にすると設定のおかしさが際立ちますね。
「僕昔から弱い子で 誰からも男扱いされてきませんでした…
でもアイドルになれれば男らしく格好よく変われるんじゃないかって思ったんです」

いや、そのりくつはおかしい。
アレか、「とにかく麻雀で勝負よ」的なノリか。

まあ涼くんの発想もアレですが、
「トップアイドルになれたらカミングアウトして再デビュー」って約束しておいて、
いざトップアイドルになったら「そんなショッキングなカミングアウト出来る訳ない」と言い出すプロデューサーって…。
汚いさすが芸能界汚い。
でもこれで原作通りなんだよな…。

・アイドルマスター愛

確かDS3人組でセンターにいた子でしたよね。
一番普通の子だけあって、一番普通の話でした。うん。
読んでて最も気になったのは、
「ゲームのコミカライズで、そのゲームに出てきた曲を歌わせるのでも、
やっぱりJASRAC許可は必要なのか…」
という事でした。
汚い流石JASRAC汚い。

あと、「あの天海春香にも勝てただなんて」と、
春香さんがまるでトップアイドルみたいな扱いを受けてたのは意外でした。
いや、うん、初代アイマスのヒロインというのは分かるのですが、
なんというか、その、オーラが無いというか…。

・アイドルマスター絵里
く…暗ぇーー!!
他の二つとのギャップが物凄い事になってます。なんでこんな事に。

しかし、
サブキャラとして見ると、やっぱり涼くん女の子にしか見えない。

・蒼海決戦
今回、一番の掘り出しものだったと思います。
長期連載だし、思いっきり話の途中からだし、
いきなり読むには辛い漫画たと思うのですが、
(現によく分からなかった連載陣も多かった)それでも不思議と読めます。
運の要素の強い勝負だとは思うのですが、あんまりご都合主義にはなる気はしませんし。

しかし確率系の勝負で、初瀬生徒の「強運の持ち主」って設定はチートだなあ…。

・年中無休サンタさん!
方向性がまるで分からなかった…。
これはどういう漫画なのだろう。
せめてもうちょっとツッコミを抑えてもらえれば、
ナンセンスギャグとも解釈できるんだけど。


全体的には、
なんとなく「ラノベっぽい」作品が多すぎて、お互い特徴を潰し会ってる印象を受けますね。
読んでて、「蒼海」と「7GUNNERS」の評価が高くなったのも、多分その辺が影響してる気がします。
もうちょっと数が少なかったら、個々の女の子の可愛さとかも目立つと思うんですが…。
そこまで個性的とは思いませんし、今の状態だとちょっと厳しいかな。
ここに芹先生の連載が加わって…もう一押し欲しいところですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-11-11 01:48 : コミックレックス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。