スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

コミックREX1月号感想。

月刊 Comic REX (コミックレックス) 2011年 01月号 [雑誌]月刊 Comic REX (コミックレックス) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/27)
不明

商品詳細を見る


ヤフー芹先生の新連載だぜー!!

しかしリニューアルしたとはいえ、
まだ買って2号目のREXの空気には慣れていません。
そういう訳で、新連載作品も一話完結の方が雰囲気掴みやすくて読みやすいですね。
ただでさえ月刊誌なので、
展開のゆっくりした漫画は慣れる前に切ってしまいそうな気がします。


・かつ子お仕えします!
結構面白かったです。
ヤマありオチありで一話としてコンパクトにまとまってたし、
安心して読める漫画になりそうな気がします。

まあ、
流石に学園長の前半の発言は理不尽すぎて、
後半良い事言ってもやっぱり好きになれなかったのは難点ですが…。
これは読んでてかつ子に同情しちゃうなあ…。
実際こんな主人に仕えるの嫌だもの。
うん…「ただ一人の例外もなくすべての生徒が笑顔で~」って言われても、
そのために滅私奉公するかつ子も生徒なんですよね
真面目に授業受けてても、一旦呼ばれりゃ5秒で学園長室に行かなきゃならない立場なんですよ。
せめて…せめてかつ子が生徒じゃなかったら、学園長の発言ももうちょっとアリだったのかもしれない…。

あと個人的には、犯人(女性)との格闘シーンより、
どうやって誘拐の事実と監禁場所を探し当てたのかにページ割いて欲しかったです。
地味だけど、そっちの方が肉弾戦で圧倒するより「かつ子すげえ!!」と思えた気がします。

・アザナエル
こちらも新連載…なのですが、
原作知らないという事もあってか、
全 然 分 か ら ん 。

一番分かんないのが、
肝心の主人公のキャラクターで、
何か伝説の親分一家の養子の顔知ってたり、
懐中電灯を常備してたりと探偵キャラらしい事は分かるんですが、
不可解な事に、その「探偵キャラ」の説明が一切無い…んですよね。
趣味でやってるのか、そういう家系なのか、
将来そういう職に就くつもりなのか、もうそういう職についてる人なのかも分からない。
そして途中に出てきた彼女の父親も、
格好が独特すぎて、警官なのか治安警備を趣味でやってるのかも分からない
普通に考えれば「こんな警官いねーよ」と言えるんですが、
警察帽に和服に十手という格好が作品内でどの程度「異常」なのかも分からないので、
これをどう考えれば良いのかも分かりません。

ついでに星さんとの会話に出てくる「平次」こと、
主人公の「お父様」って言うのは、この和服十手の人の事を指してる…んですよね?
十手持ちだし、名前が平次っていうのはすごくしっくりくるんですが、
主人公がさっき会ったときの父親は、犯人を捕まえようと街を走ってたんで、
それを知ってる主人公が「今UD+で準備してるみたいです」って言うのには凄く違和感があります。
最初、複雑な家庭の事情で他に父親がいるのかと思いましたもの。
っていうか、UD+って何?それも分かりません。

ほんと何一つ分からなくって、全く面白くない一話でした
なんというか、英語で全く知らない演劇を見せられてる感じ。

あと、『ビッグ斎藤』というもじり方は、
斬新すぎて『ビッグサイト』のもじりだとは、初見では気付きませんでした。
「え…ビック斎藤て誰…?この人の友人…?」とか思ってました。
むしろそこは何か分かった分だけマシなところかなー。

・アイドルマスター涼
武田「ある 一つだけ メディア上層部の監視の目をかいくぐり発表できる場」
   「Youtubeだ」

やった!! アイドルマスターNeue Green完!!

まあそれが一番手っ取り早いとは思いますが、
真面目な話、それだけ各メディアで男の子宣言してたら、
これ一番先に察するのは公開録画を見にきてる熱心なファンじゃないでしょうか。
いきなり現役アイドルが自分は男だと突然告白して、
それを各メディアはネタだと盛り上がるでもなく一斉にスルー…。
多分、これネット掲示板では祭りになっている。

・30歳の保健体育
あはっーーーはっはっはっは!!!!
やべーーー超面白い!!これは卑怯だ!!
いやほんとに、何でこんなにヒロインのスカート短いの!?
いや、これには心底笑いました。
そりゃ下からのアングルでおパンツが見えるのは分かりますよ。
「ああまたパンチラか。あざといなあ」くらいにしか思いません。
しかし、正面やや上からの視点でパンチラするっていうのはどういう原理なのか。
どんだけスカート短いのかという話ですよ。
この娘、パンチラしないと死ぬ病気でも患ってるんでしょうか。

しかも、「ヒロインが常にパンチラ」というだけでもう面白いのに、
よりにもよって主人公が『もっと身なりに気を使え』と言われる回なのがまたwww
主人公が頑張って髪梳かしたり化粧水使ったりして精一杯身だしなみを整えて、
いざヒロインと顔合わせたら、
ヒロインは常にパンチラしてるんですよ。
もう面白すぎる。これだけ笑えればもう満足です。

まあ本編は相変わらず主人公補正がかかり過ぎてて都合が良い事この上無いんですが、
(女の子の方からデートのお誘いしてくれるとか、恵まれ過ぎてて死ねばいいのに。)
もう私の中では、
このヤケクソなパンチラっぷりを楽しむ漫画として読んでいきますので何の問題も無いです。

・死神のキョウ
「ああなるほど!死神が記憶操作能力を使ったから、
あれだけの超常現象の割にその後の噂はショボかったんだな!」
と納得しそうになりましたが、
考え直してみれば、
主人公が「パンツ見たって騒いで警察に補導された」という噂を聞いて、
「どこまで尾ヒレ付いてんだ…」とか言ってたんで、
多分そんな事は無いんだろうなあ…惜しい。

設定的な部分には、
冷静に考えれば色々ツッコミどころがある気がします。
まず、「人が死ぬのは寿命」という大前提があって、
この「主人公がなんか死にそうになる」っていうのは寿命外のイレギュラー…なんですね。
しかしそうなると前回の「木に登った主人公を助けなければ死んでた」っていうのはイレギュラーな事態なのに、
「主人公が頭から落ちて死ぬ」という未来を死神が予知する事は可能だったわけで…??
なんかモヤモヤしますね。寿命以外で人が死ぬのか死なないのか分かりません。
あとは「斬れない」けど「痛みは感じる」ならショック死する危険はあるんじゃないかとか、
「生き物は斬れない」けど木は切り倒されてたとか、
細かいツッコミは色々できそうですが、多分これそういう漫画じゃないから。

・学園天国パラドキシア
美川先生って、
何かすぐテンパるお嬢様キャラをすげえ可愛く描く才能あると思う。
寧々様前回も今回もすっごく可愛いもの。

ネタ的には、
『エッグスライサーのカッター部分をゴム状にする悪霊』が一番面白かったです。
すっごい陰湿だw

・アイドルマスター絵理
プロデューサーさん…全然対策できてねェー!!
いやいや、警備全然ザルじゃないですか。
照明落下とか、妨害というかむしろ殺人未遂じゃないですか。
こえー芸能界超こえー。

しかし「アイマスのコミカライズでアイドルが死にかける」という展開は、
なんかすごく面白い気がします。
まさか双海亜美が一歩間違えると死ぬ羽目になるとは思いもよらなかった。
これ、真美が犯人だったりしないかなあ
そしたら物凄く面白いと思います。
多分後で死ぬほどナムコさんから怒られると思うけど。

・JC探偵でぃてくてぃ部
芹先生の新連載です。
一話目としては、順調な滑り出しじゃないかと思います。
推理は作中でも言われてるとおりに強引な感じで、これ目当てで読むのは厳しいし、
主役三人の個性は現状そんなに立っていないですけど、
照葉は「マジョラム」の潤みたいな良い感じのバカっぽさが魅力になりそうですね。
推理の穴をツッコまれて慌てるところが一番可愛いです。

犯人と先生の対応にフォローが入るあたりは芹先生らしい描写かと思います。
細かい描写ですけど、
やっぱり『ただなんとなく嫌な奴』が出て来ない雰囲気なのは嬉しい。

・曽新第三中学校
ま た 曽 新 市 か 。
クロスオーバーするにしても、随分アグレッシブですね。
これで4作品が同じ世界観である事に…。
ひょっとして、「探偵業は従兄の兄ちゃんが~」っていうのは、
『所探偵社の優雅な一日』を意識しての発言なんですかね。
それも含めれば5作品コラボになるのか…。

・SEVEN GUNNNERS
設定説明回でした。
『ちゃんとスポーツとして認知されてる』ことと、
『優勝チームには見返りがある』ことを作中で明言してくれたのは良かったです。
マイナースポーツで、主人公が成り行きで入部させられた系の話だと、
例え作中で主人公が盛り上がってても、
読んでてちょっと不毛に感じられてしまうところがあったりするんで、
(スポーツものではないですが、昔『頭文字D』読んだときは、
「こいつら深夜に暴走してるだけだよなあ…プロになればいいのに」とすごく不毛に思ってました。)

ちゃんと主人公にプラスになる要素を示してくれたのは有難いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-11-30 20:22 : コミックレックス : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

語尾に「イタチ」でどうイタチ?
新連載は、「バトゲム」以来の非4コマ漫画ですが
通常パートと4コマパートの混成だったり、アクション要素があったり、探偵ものだったり
今までの作品のエッセンスが入った作品になりそうな気が

田舎なう。を読んだ印象から、なんとなくコロコロ作品っぽい雰囲気にしていくのかなとも思います
少年漫画誌なんで読者層も電撃PSやきららMAXとは違うので、違う作風に期待します
本格的な探偵ものではなく、今のところ「探偵ごっこ」な感じですが、この方が絵柄的にも良いと思います

キャラ的には多分、詩と眼鏡の女性教師が活躍しそうです
なんでそうなるかは…、推理して下さい
2010-12-05 07:37 : 774 URL : 編集
Re: 語尾に「イタチ」でどうイタチ?
>>774さん
コロコロっぽいの…コロコロ読んでなかったんでなんとも…。

「探偵もの」としては、あまりに憶測で推理し過ぎな感じはありましたが、
(一年を除外する根拠薄すぎね?とか、ペンキでもよっぽど上手くやらないと服とか自転車に跡付くんじゃね?とか細かいツッコミは沢山できる気がします。)
そもそも作中で主人公があんまり名探偵扱いされてない、
774さんの言うところの「探偵ごっこ」の雰囲気だったので、それほどツッコむ気にはならなかったですね。
照葉が頭悩ませながら推理する姿を楽しむ漫画になるかと思います。

>キャラ的には多分、詩と眼鏡の女性教師が活躍しそうです
女性教師の人はほぼ間違いなくレギュラー化するでしょうね。芹先生の趣味的に。
大体モブキャラが「谷間」を作る訳がないのですし。
花京院の魂をかけてもいいです。
多分顧問か最初に探偵部に相談してくる人のどっちかになると思います。
2010-12-05 18:05 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。