スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家族ゲーム(電撃4コマVOL.115)感想。


流石にこの白さは芹先生の体調が心配になってくるレベル…。
いっそ休んでほしい所ですが、
家族ゲームの場合、
下手に休載をしてしまうと、プロット練り直しになってしまって、むしろ手間が増える事になりかねません。
それを考えれば、下書き状態でも載っていた方が良い、のかな?
しかしやっぱりクリスマス&新キャラ登場回でこれは勿体無いなあ…。

そしてそこに飛びこむ、
家族ゲーム7巻発売決定の知らせ…。
すごく嬉しいけどすごく不安でもある。
芹先生はちょっと生き急いでる気がします。


・奏那両親の慣れ染め…。
母がデブ専→継がれる遺伝子→まさか…。
ひょっとしたら、逆転ホームランで小太郎くんとか有り得るんじゃないでしょうか。

・小太郎「主人公の体型によってヒロインの攻略難度が変化する…か」
「主人公をヒロインの好みのタイプに成長させる」と言い換えると、
一周回ってときメモに戻っている気がしますね。むしろ原点に戻っている気が…。
しかし2年はホントにゲーム作りに情熱賭けてるなあ…うらやましくもある。

・「独り者どもで楽しくやろうぜー」
冷静に考えると、これ言ってるメンバーも残らず独り者な訳で…。
しかし大城さんたち現2年女子は、
バレンタインにしろクリスマスにしろ、
恋人が居ないなら居ないなりに、積極的にイベントを楽しもうとするから良いですね。
坂上たち男子も随分恵まれている気がします。楽しそうですもん。

というか、
「サンタコスのJK(複数)が、一人ひとり目の前でスボンを脱いでくれる」とか、
クリスマスプレゼントってレベルでない超ご褒美じゃないですか。
そりゃあそれを叶えてくれるなら忠実なトナカイでも何でもなりますよ。
誰だってそーする。おれもそーする。

・「容姿も良くなければ金も力も魅力もない」
いや…小太郎くんには忍者パワーあるじゃん
多分あれは常軌を逸した力だと思う。
というか君らまだ高校生だし、
そっちに行きすぎなければ何とでもなる気がするんですけどね。
坂上とか、すごく真面目に部活やってスキルを身に付けている訳だし、
自分に対する先入観と自虐を捨てればいつかモテるんじゃないか。

・朱音がほんとにデートしてた(ゆかりと)。
まさかほんとにゆかりとデートするとは…しかもクリスマス…。
朱音もそれであんまり疑問に思ってないとかね。酷い話だね。
泰敬とのフラグを見事に叩き潰してくれました。
なるほど、これが女難の相か!
流石に、なんとなく由寿を振った泰敬にも同情的になってきましたよ。

・葵「ちょ…そこはもう手の甲じゃないって」
  「二の腕はダメだって…怒るよ!?」

台詞だけ抜き出すとなんとエロいことか…。
いや、コレ普通に行為もエロいね。
これはその…一般的な恋人同士が二人っきりで過ごす時間ではイントロに当たる行為じゃないでしょうか。

・占野家イン高級店。
ああ、そういえば占野家はお金持ちでしたね。
やっぱり泰敬がちょっと憎くなってきました。
そして、ここでも由寿との因縁が…!!
というか、以前にいずみさんに口紅渡したお客さんって、ひょっとして占野父か…。

・占野母「うちの子達だとどっちがあなたの好みかしら?」
ん?これは、ひょっとして…。
由寿⇔泰敬のフラグはひょっとしてまだ見こみがあるんじゃ…。
この質問に対する答えはスルーで、
泰敬には将来の夢を語って、
将敬には「可愛いなああんなお兄ちゃん」と、
どっちにフラグが立ってるかと言えば、正直どっちもという感じですよ。
ここからどうなるのか…正直想像付きません。

・紫杏「お腹より胸がいいかな?うなじとか耳は?」
 桃子「教育間違ったかしら…」

考えてみたら、
紫杏がそういう知識を身に付けたのも、
それを実践しているのも、立ち読みしたレディコミの影響なんですよね。
……思いっきり都青少年健全育成条例じゃないか。
「ハハハ、漫画で影響されて実際にそういう事やっちゃう子供なんて、そうそういるかい」と思ってましたが、
いましたよここに。漫画の中に。

しかしそんなただれた恋愛知識の紫杏を、
輝明の純な愛が正しい道に導いていく…というお話。

・舞依「お祖父ちゃんもお祖母ちゃんも大好きだよー!」
クリスマスプレゼントにテレビ+PS3とか、占野家半端ねえ。
意外とお祖父ちゃんもノリノリでサンタコスしてましたし、舞依は本当に愛されてますね。
登場から半年ちょっとで扉絵に3回出てますし、芹先生的にもお気に入りなんだろうなあ。
まあ実際可愛いんですが、
もしこの先由寿絡みで三角関係起きたら、ちょっと家族会議がおきそうですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2010-12-23 01:12 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは~。今週はページをめくったらまさかの冨樫クオリティで驚きましたよ。
体調不良だったみたいで、そんなときに単行本の発売告知はちょっと心配になりますね。

絵は冨樫でも内容はやはりクリスマスに似合うニヤニヤできるいいものでした。

体系云々のゲームっていうと、元々はかわいかった娘が痩せて男の子たちを攻略するってゲームがあったような気がします。ただ、これは体系で難度がかわるってよりは痩せなきゃだった気もしますが。

現パソコン部はすごく楽しそうでしたねぇ。個人的には大城さんには他のコスプレも披露してほしかったところです。僕がリクエストするならゴッドイーターからアリサとか、カノンちゃんですかね。僕はカノンちゃんは普段の方が好きなんですけど、大城さんがコスプレしたら戦闘時のドSVerになっちゃいそうですけど。

にしても、脇谷がどんどん堕ちてる気がする…。相方は画面越しとはいえ好きな娘とラブい空気出してたのに…。

朱音はクリスマスにゆかりとデートしてたわけですが、なんか泰敬がかわいそうになってきた…。所詮ふりだもんなぁ…。でも、ちょっとは脈があると思うので、めげずに頑張ってほしいところです。

P.S悟と葵がいちゃついてるシーンの隅っこに出かけたはずの千理さんいるんですね(笑)。なんという感知能力。これは悟がことを起こす時は葵の部屋に行った方が見られずに済むかもなぁ。
2010-12-25 07:54 : 赤髪の探偵 URL : 編集
Re: No title
>>赤髪の探偵さん
こんにちはー。
流石にこの出来だと色々心配になりますね。
芹先生が多忙なのも、体調が悪いのも分かっていますし、
もう一刻も早く回復してくれるのを祈るのみです。

>元々はかわいかった娘が痩せて男の子たちを攻略するってゲームがあったような気がします。
確かそんなのありましたね。
なんか思い切った設定だったんで記憶に残っています。
しかし『むしろ太ると好感度アップ』というのは、
どうも隠しキャラのような感じですね。

パソコン部は恋愛はほとんど発展していませんが、
それ以外では実に青春っぽいバカ騒ぎになってて実に良い感じだと思います。
そんな中でも脇谷は浮いてるんですね…いやもう自業自得ですけど。
輝明との差は紳士力の差です。紳士な男ほどモテるのが鈴城漫画。

今回の泰敬は流石に可哀想でしたね。
ひょっとしたら朱音が彼氏持ちだと勘違いしちゃってるかもしれませんし…。
これで朱音に「でもやっぱり男の子とのデートとは違うな…」みたいなフォロー入ればまだ良かったんですけど、
ゆかり相手である程度満足してる風なのが本当に酷い所です。
朱音から泰敬は結構好感度高めっぽいんですけどね。

>悟と葵がいちゃついてるシーンの隅っこに出かけたはずの千理さんいるんですね(笑)。
まってください。あれが千里さん本人とは限りません。
千里さんもそろそろ人間離れしてきたんで,
ひょっとしたら生霊くらい飛ばせるようになっている可能性も…
2010-12-25 20:41 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。