「謎解きはディナーのあとで」読了。

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る


軽妙なやり取りが特徴的な東川篤哉先生の連作ミステリ。
私がブログで取り上げる作品にしては珍しく、累計65万部を越えるメガヒット作ですね。
東川先生の小説は前から好きだった(※)ので、評価されるのは素直に嬉しい所です。

(※なんか嘘くさく感じるかもしれませんが、
  実は1年以上前に同じ作者の本のレビューを書いているんですよ。)


以下、若干のネタバレを含んだ感想。


内容的には、(良い意味で)いつもの東川ミステリでした。
つまりライト感覚でサクサク読める、実に触りやすいミステリです。
あんまり慎ましくないお嬢様と、悪気は無いけど口の悪い探偵役の二人が、
軽い調子でギャグを交えながら推理する…この辺りは今までの作品とそれほど変わりません。
主役の宝生麗子のキャラクターも、烏賊川市シリーズの二宮朱美と似たタイプですしね。
(恐らく、東川先生の好みなんでしょう。)

ギャグ部分で面白かったのは、
『死者からの伝言をどうぞ』の、
風祭警部「犯人がわざわざトロフィーを投げて大きな音を出したのは、恐らくアリバイ工作のためだ!
 つまりこの時間にアリバイのあるやつが逆に怪しい!よし容疑者たちにアリバイ確認だ!」
→容疑者たち「私は部屋でひとりでした」「わたしもひとりでした」「わたしも」「わたしも」
→風祭警部「…何故だ、何故だれもアリバイを主張しない…お前ら馬鹿か、空気読め」
の流れ。
いや、容疑者のアリバイが無いのを悔しがる刑事ってどうなんだwホントにw

しかしギャグタッチなのは文体だけで、
推理そのものは所謂『バカミス』というものではありません。
事件の謎は大掛かりなトリック等ではなく、
「室内で靴を履いたまま死んでいる被害者」のように、「何故このような不思議な状況が出来上がったのか?」を推理するのが主です。
このあたりもライト感覚ですね。
短編という事で犯行動機などの説明は推測レベルでしかされませんが、
ちゃんと謎は推理できる範囲内で展開されていますし、
何故犯人がそういう事をしたのかというのもちゃんと納得できる内容です。
個人的には『綺麗な薔薇には殺意がございます』での、
「何故犯人が被害者をバラのベッドに寝かせたのか」という理由が意外なもので良いですね。
舞台設定等、前提は多少突拍子の無いものなんですが、
真相を聞かされると、実に納得できるものだったりするのが面白いです。
「ふざけているように見えて、芯はしっかりしている」というのも、東川ミステリの特徴かと思います。


と、まあ要は「いつもの東川先生の小説」ですね。
実は短編の単行本化は初めてですが、それほど作風に変化はありません。
そのため、れが大ヒットになった事は正直意外ではあります。
いや、本作の出来に不満がある訳ではないのですが、
この作品がこれだけ売れたのなら、今までの「烏賊川市シリーズ」等ももっと評価されるべきだったのではないか!と思うのですよ。
個人的に今までの東川ミステリで最高傑作だと思うのは、
完全犯罪に猫は何匹必要か? (カッパ・ノベルス)ですね。
探偵と警察が互いに協力せず、
それぞれがそれぞれで真相に行きつき、お互いの株を落とす事なく終わる構成が実に見事でした。
最後の後日譚も爽やかで、非常に読後感の良い締め方になっています。
こういうフォローも上手い方なんで、また長編も書いて欲しい所です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-02-16 23:02 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード