スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「家族ゲーム」7巻 購入!!

家族ゲーム 7 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-7)家族ゲーム 7 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-7)
(2011/02/26)
鈴城 芹

商品詳細を見る
電撃4コマで月1連載の、
鈴城芹先生のほのぼのハートフルラブコメ家族ゲーム漫画。
いつもどおり8話掲載で56話まで載っています。
現在連載は76話なので…あんまり差は縮まっていないですね。

いきなりカラーページで都条例的に危ないカットが入っていたのは驚きでしたが、
本編も一部はちょっと過激な感じになっていますね。
ちなみに立ち読みはこちら


7巻最大のイベントと言えば、
尚武と陽良子が「そういう事」をいたしたことでしょうか。
連載時は非常に驚いたシーンでしたが、
改めて物語全体の流れで見ると、
尚武がここまでやってくれたことがむしろ嬉しく感じられたりします。

何しろ、6巻の頃の尚武のヘタレっぷりは半端じゃ無かったですからね。
彼女に水着で誘われて手を出さないとか、もう男として駄目なレベルでしたもの。
そんな尚武が、
ぴよちゃんに「手を出してこない事への不満」を吐露されるに至って、(ぴよちゃんとは)初キス。
そして事に及ぶチャンスを逃さずモノにした事が、妙に嬉しく感じられるのです。
「お酒」「雨」と、過去の未遂シチュエーションをなぞっているのがまた良い所ですよ。
尚武はあの頃のヘタれた男では無いのです。恋人をエスコートできる立派な成人男性なのです。
このアダルトな描写は、尚武の成長した描写でもあるのだと思うのですよ。
彼はもう魔法使いでは無いのです。賢者なんです。


一方で、真言⇔良明の関係が大きく変化したのも7巻の特徴でしょうか。
良明は告白するも玉砕したと思いこんでて、
真言はようやく良明への自分の気持ちを自覚して…の所で次号に続きます。
そういえば、ラストの真言の表情は書き下ろされているみたいですね。
雑誌掲載時はもうちょっと控えめな「恋心を胸に秘めた笑顔」だったんですが、
こちらでははっきりと「恋する乙女の顔」とも言える満面の笑みです。
7巻のシメとしては最高ですね。ごちそうさまですし。

そういえば、この告白騒動で当て馬ポジションだった由知くんですが、
彼の真言への告白からフラれるまでの流れも凄く良かったと思います。
6巻の紫杏の時も書きましたが、
家族ゲームって、フッたフラれたの話であんまり禍根が残らないんですよね。
「真言が告白されたのを忘れてしまうようなキャラ」っていう前提があるから由知もショックは少ないし、
良明に告白されたショックで真言が由知の告白を忘れてしまうのも分かります。
恋愛沙汰をキャラの好感度下げすに切り抜ける展開はすごいと毎度思います。

あとは輝明くんが活躍し出すのもこの辺りからですね。
ポッと出と思われがちな彼ですが、実は5巻からチョロチョロ出てるんですよ。
なんか色々不運でドタバタ走って逃げる姿はやはり好感が持てます。


書き下ろし部分では、
大学オタク3人娘のプロフィールにはちょっと驚きました。
・真緒→元生徒会副会長・風紀委員の田舎のお嬢様。
・音子→地元では友人とバンド組んでおり、ごく狭い範囲では有名人。
・神奈→観光文化検定試験1級最年少所持者で、知る人ぞ知る有名人。そこそこお嬢様。

なんだこの全く本編に関係ない設定
この娘たち、そこそこ裕福な家庭で育っていたんですね…。
作中の扱いから凡人ポジションだと勝手に思っていたんですが、今後ちょっと見る目が変わりそうです。
そういえば、7巻で彼女たちの紹介をしたという事は、
8巻で大城さんたちを紹介する可能性もあるんでしょうかね。
新一年組がキャラが立ってくるのはもうちょっと後なんで、先に設定公開してしまうとネタバレする気もしますが…。

書き下ろし漫画では、
なんといってもゆきえさんの制服姿がインパクト強すぎですよ。
ちょっと、なんかコレ妙に卑猥なんですけど!
というか20年弱の年月を経てそれが着られるってどういう事だ。すげえなあゆきえさん。
これはちょっと征爾さんが羨ましい。いや、かなり。

あと、書き下ろしと言えば、
永妙寺が泰斗にキスしようとはあはあしてる場面の台詞が微妙に変わっていますね。
「耳に舌」という発言は、
当時『放課後プレイ』で耳に舌入れてる場面で盛大にモザイク修整喰らってたことを踏まえてのネタだったと思うんですが、
「いっそ全身キスマーク」というのも、ひょっとしたら放課後プレイの単行本なんかでのネタなんですかね。
いやこれが単に永妙寺の願望なら、ちょっと永妙寺は変態過ぎると思うんですよ。
まあ永妙寺はそういう所も可愛いのですけどね。

にほんブログ村 トラコミュ 鈴城 芹へ
鈴城 芹
関連記事
スポンサーサイト

2011-02-28 01:35 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。