電撃4コマVOL.120感想。

 
またまた妙に間が空いてしまいましたが、電撃4コマ感想です。
「我が姫君~」がちょっと終わりそうな気配がするのが嫌ですね。
「ぴーえす珍化論」にも早く戻ってきてほしいところ。


・シノビモノ
うーん…。
やはりこの漫画の、のんからロクロウタへの恋愛意識が全然分かりません。
まして寝てる間にキス(未遂)とか、ちょっとのんさんはどうかしてるかと思ってしまいましたよ。
なんかそういうフラグが立つようなイベントがあったのならば別なんですけど、特に思い出せないんですよね。
「危ない所を助けてもらった」くらいはあったような気もしますが、忍者に襲われるのはむしろロクロウタが転がり込んできたせいですし…。
よくよく考えると、野々垣家がロクロウタを居候させる理由なんて特に無いんですよね。
この流れでのんがロクロウタに惚れるのは、何か納得行かないなー。
むしろのんが騙されてるようにすら感じます。

・ちいさいお姉さん
久々に「なんか良く分かんないけどとにかくつまらない小姉」が戻ってきました。
これは上手い下手ではなくて、私に合う合わないの問題だと思うんですが、
小姉のキャラの背景をダラダラ語るスタイルはホントに読んでてつまらないです。
バックボーン自体に大きなオチがないなら、スッキリまとめてほしいんですよ。
前半のつまらなさはちょっとすごい。

なんというか、
「外国人は自分の思った事をはっきり口にする」という前提での山本さんの過去話が、
あまりにステロタイプすぎて却ってリアリティが無い…ような気がするんですよね。
読んでいて、「そこまで酷い現実的展開はねえよ!」って思いました。
いや、現実にこういう話もあるんでしょうけど、
漫画内でやるとなると、もうちょっと外してくれた方が物語として良いんじゃないかしら。

あと山本さんのキャラが分かんない。
過去の一件で現実の女に失望したというのは分かるんですけど、
それでいてリアルカップルに嫉妬する気はあるあたりが良く分かりません。

・ふーふ
岡田さんとお母さんの会話がすごく面白かったです。
ゲームやってる岡田さんが「ああいうのは子供に良くない!」って言って、
お母さんが「子供をしつけるのは親の仕事です」って、
普通逆じゃないかとw

あと、りんのウザさが再確認できたのは良かったと思います。
最近ずっと恋する乙女モードだったんで忘れていましたが、
この娘そう言えばこういうキャラでした。がっかり美人でした。

・USA
まさかの瀬川さんフラグ。
あれ…よくよく考えると圭壱くんモテモテじゃね…?
接点のあるキャラを挙げてみると、
・親戚の幼馴染み
・姉貴の友人
・姉貴の同級生で生徒会長

で、本人は硬派な一匹狼なんだから、スペック的には立派なギャルゲ主人公ですよ。
まあ、モテモテなのは他にフリーの男キャラが居ないってだけなんだがな!

あと、列挙してみたら日野さんの普通っぷりが良く分かりました。
この子これだけ連載進んで「梨花の友達」以外にキャラが無い。ホントに無い。

・ゲマママ
「未プレイのゲームなのに、何か楽しいそうなのは伝わる」といういつもの野月マジックです。
まあラビと圭介が会話してれば9割方面白そうなんですけどね。
この2人、2次3次関係無く女の子大好きですが、
それのみを追わずに、作中の屈強なSPにも着目してくれるあたりが良いですね。
単に「萌え」を求めてるだけじゃなくて、ちゃんと「楽しむところは楽しむ」スタンスな辺りが実に良いです。

・我が姫君に捧ぐ
「異界の王とその参謀になれ」という頼みを、即答で了解する五郎と流騎は凄く良かったです。
私欲でも何でも無く、大切な人のために受ける。カッコ良い!
普通に考えたら上手く行くはずも無いし即答していい問題でも無いと思うんですが、
この漫画の事だからホント何も心配せず見ていられます。
ちみっ子先生も神官としてフォローしてくれますし、ヒーラーさんも付いてきますし。
もう流騎とヒーラーさんがフォローしてくれるのなら、並大抵の困難はなんとかなってしまうんじゃないでしょうか。
それくらいこの二人のフォロー能力は信頼できます。
珠子さんは汚れ役を買って出てくれそうですし…。

というか、
この漫画だと、モブの同級生でも五郎の国王化を受け入れそうな気すらします。
「えっ五郎って魔界で王になってんの!?いやーお前頑張ったなあ馬鹿なのに」くらいで済ませそう。
安心のこもちクオリティです。

・モノクロモ
とりあえず、
典が僕っ娘なのか男の子なのか、そこだけははっきりしておいて欲しかったです。
それによって、全然印象が変わってきますから。
正直、後者の場合だったらちょっと読むに堪えません。

前者の場合でも、特に面白いとは思わないかなあ…。
私は所謂「不思議ちゃん」系のキャラが苦手なのかもしれません。
共感できないし、一緒に居て楽しそうでは無いし、「コイツマジでクレイジーだぜ!」と笑える程には狂っていない。
ちょっとどう接して良いのか分からなくて、読んでて引き離されちゃった感じです。
雰囲気は独特で良かったんですけど、ちょっと漢字を使いすぎてるのがなんか鼻につきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-03-16 01:13 : 電撃4コマ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード