スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「スーパーロボット大戦Z」クリアー!

スーパーロボット大戦Zスーパーロボット大戦Z
(2008/09/25)
PlayStation2

商品詳細を見る


なんとか二次Z発売を前にしてクリアーしました。
主人公はランドで難易度はノーマル。
攻略本&全滅プレイ使用の超ゆとり仕様ですが、なかなか面白かったです。
容赦無くネタバレしていますので、未プレイの方は注意してください。


NEOをプレイした時は、
「これは新しい!今までに無いスパロボの形だ!」と絶賛していましたが、
従来のノリのZをプレイしてみると…やっぱりこっちの方が面白い気がしますね。
少なくとも、シナリオとグラフィックはこちらの方が凄いと思いました。
流石に、
イベントでどっさり増援が来たり、ボス敵のHPが10万オーバーだったりしたときの、
「うへえ、またか」というシリーズ恒例の胃もたれ感はありますが、
いざ当たってみると案外なんとかなる良バランスだったと思います。

・シナリオ
今回嬉しかったのが、オリジナル敵のキャラが濃かった事
なんかスパロボのオリキャラ敵って、
どうにも版権キャラを下に見ている感があるというか、
いきなり出てきて「お前たちは私の手の中で踊っていたのだよ!」的な事ばかり言ってるイメージがあって、
どうにもポッと出の癖に偉そうな印象が拭えなかったのですが、
今回のオリジナル敵は、変にキャラが濃くて、「偉そう」というより「面白い」感じがして好感持てます。
薔薇の香りのしそうな金髪王子のレーベン大尉は、
敵に回ったらブチ切れ狂信者になってしまいますし、
アサキムは厨二病が進行しすぎててギャグレベルですし、
エーデル様は慈愛の女神だったのが、本性表せばドS女王様ですし…。

ストーリー的にも、
最初味方のような面して出てくるアサキムが、
全身真っ黒コスでどう見ても敵に回るのが分かるので、
更に、好青年だったレーベン含むカイメラ隊が裏切るという展開は、予想外でなかなか面白い仕掛けだったと思います。

ただそこから更に真の黒幕が居て、
自分の仲間達も(結果的に)裏切った揚句、
その目的が「面白いから」というのはちょっとどうかと思いました。
これも予想外で面白いっちゃ面白いんですが、
ジ・エーデルはちょっと設定がチート&カオス過ぎて好きにはなれませんでした。
キャラ的にふざけすぎで、倒してもあんまりカタルシスが無かったし、
ラスボス直後のイベントで、早速再登場するのも「ええー?」という感じでした。
あれだけ死力を尽くして戦ったのだから、ちゃんとそれで死んで欲しかったと思います。

まああれだけカオスな事態になっていたのだから、
これくらいのカオスキャラじゃないと、シナリオに収拾つかない気もしますけどね。


版権作品は、
実はちゃんと全話観たことあるのはキングゲイナーくらいのものなので、
各作品の扱いの良し悪しはよく分かりませんでしたが、
ちゃんとスパロボらしいカオスなクロスオーバーっぷりで良かったと思います。
ランドのキャラに加え、ザブングルとキンゲがいるので世界観の割にトーンが明るかったのも好印象。
(リアル系はそれはもうキッツいお話らしいですけど…。)

ただカオス過ぎて、勢力同士の力関係はイマイチ理解しがたかったりもします。
特にSEEDの人たちは、
同作品内で複数勢力に別れまくってる上に、敵だったり味方だったりして上手く把握しきれなかったです。
「あれ?こないだ共闘したのってアークエンジェルだったっけ?ミネルバだったっけ?」と、混乱する事しきりでした。

・グラフィック
スパロボシリーズは、毎度気合がはいったグラフィックを見せてくれますが、
今回はスパロボ基準で見ても「異常」と思える程の凝りっぷりです。
アニメーションはホントにゴリゴリヌルヌル動いて、
ニルヴァーシュやオーガスはコマ送りで見たくなるほどのヌルヌルぶり。
各機体、今までのシリーズの最強武装くらいのクオリティが普通の武装で見れます。
古い原作作品なんかだと、「これは下手をすると原作より動いてるんじゃないか!?」というような気すらします。
その上同じ技でも対地対空で演出が変わったり、
やられグラフィックで真っ二つになったり風穴空いたりと、バリエーションも実に多彩。
キャラカットインにしても「一枚絵が入る」ではなくてそれ自体もキャラ個性を活かして滑らかに動きます。
ジロンが豪快にハンドルを回したり、
アデット姐さんのキワドいボンデージファッションが見れたり、
ブライト艦長のカットインにはトーレスとサエグサが付いてきたり誰得!?
いやいや、乳揺ればかりがカットインではないということですよ。
この辺りの演出は見ているだけでも楽しいです。

・戦闘
今回中盤以降ザコはほとんど小隊組んでるといっても過言では無いので、
使い勝手の良いTRIチャージ持ちのユニットはそれだけで使う価値があります。
というかALLで敵数補正無し、その上バリア貫通のTRIチャージは強すぎる気が…。
特にキンゲのオーバーマンは、
TRIチャージが移動後使用可でEN消費のものが多く、重宝しました。
一定気力で発動する特殊能力も多いので、TRI多用でガンガン撃破してガンガン気力上げるのが何だかんだで楽でした。

体感的には、
スーパー系よりリアル系のユニットの方が方が強い気がしました。
キングゲイナーやウォーカーギャリア等、
TRIチャージが使いやすい機体が多いのと、
火力差が『再攻撃』での自主援護である程度補える事、
敵もHPの少ないリアル系を優先して狙うようなので、反撃で戦力削りやすい事あたりがその理由でしょうか。
とはいえ、
連続ターゲット補正があるため、リアル系を単機突出させるのは怖いですし、
今回は改造で照準値もいじれるため、スーパー系でも精神コマンド使わずに当てまくる事は可能…と、
スーパー系もそこまで不遇という訳ではないです。あくまで体感的な話。
今回は改造&技能修得&強化パーツで誰も彼も強ユニットになると思います。
まあ、オーガスとニルヴァーシュはちょっとおかしい強さだと思いましたけどね!


一番苦戦したのはカシマルのプラネッタだったと思います。
オーバースキルが覚醒必中閃き効果とかなり狂ってるんで、
リアル系のキングゲイナーを狙われると…まあ死にますよね。
後半要所で出てくるオーバーデビルもかなり嫌なオーバースキルですが、
この頃になると『脱力』使えるユニットが居るので、そこまで苦戦はしませんでした。
一番苦戦したのがプラネッタってどういう事だ…これを量産されてたら確実に詰んでましたね。
次点は集中掛けたニルヴァーシュに余裕で攻撃当ててきたターンX

プレイしていて、お役立ちだったユニットの紹介はまた次回に回しますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-04-07 23:39 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。