「第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇」プレイ日記~9話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


日本ルートでスーパーロボットたちとキャッキャッウフフしています。
とうとうトライダーが参戦!


<5話>
いよいよトライダーG7が初登場ですよ!
ワッ太が本当に良い子で、登場後1分で涙腺緩みました
仕事を終えて地球に戻って来たワッ太は、
クラスのマドンナにお家に招待されますが、
そこに来た担任の先生に「その前にお仕事で出来なかったお勉強をやりますよ」と言われます。
それに対しワッ太は、「先生が俺のために特別授業してくれるんだもんな」と、不平も言わず了解するんですよ!
この子、本当に良く出来た子だと思います。
『先生も、忙しい中で自分の為にわざわざ時間を割いて勉強を教えてようとしてくれる』という事をちゃんと理解してるんですよね。
その後、また仕事の依頼が来た際には「俺は社長だから、社員の生活の面倒は見なきゃ」ですよ!
ワッ太の中では、仕事>勉強>恋愛なんですよ。すげえよこの小学生。

トライダーも普通に強い機体で一安心です。
『トライダーバードアタック』はEN消費が激しいものの、射程が2あるので使いやすいですし、
特殊技能の『社長』で味方全員にPPボーナスは嬉しいしで、当然レギュラーとしてガンガン使っていきます。

そういや今回、柿小路専務らの乗るシャトルも普通にユニットとして使えるんですよね。
補給持ちで4人乗り。攻撃面では期待できそうにありませんが、
木下さんが脱力持ってますし、後継機が出てくる可能性もありますので使っていくのもアリですね。
(※『トライダーG7』は、作中、主役機のパワーアップは無いのに、援護メカは改良されるらしいんですよ。)

<6話>
今のところ、スーパー系の方々はみんな仲が良くて良いですね。
ワッ太もちゃんと社長として立派にやっていますし、
ダイ・ガードの人たちも何だかんだで温泉入ったり楽しんでますし。
この和気あいあいとした様子はスーパー系ならではです。

そのダイ・ガードも装甲張り替えて人並みの硬さにはなりました。
これならちゃんと戦力として期待出来そうです。
そんな中、スパロボでは『歩く敗北条件』と揶揄される、ゴッドマーズが初登場です。

ゴッドマーズも、コスモクラッシャーは複数隊員乗りなんですね。
小隊システムが無い時は、精神コマンド要因として重宝しそうな気はしますが…
正直、シャトルとポジションが被るんで使わないような気がしますね。
しかしコスモクラッシャーという機体名はどうかと…。
防衛隊のメカが、コスモ(宇宙)をクラッシュしてどうする。
そんなんだから、宇宙人から「地球人は危険だ!」と言われちゃうんですよ。

ガイアーは今のところ思い入れが無いのでそこまで使う気はしませんが、
使っておかないと、後々強制出撃で痛い目を見るような予感はありますね。
まあ適当に育てておきましょう。

しかし、かなり活躍させているつもりだったマジンガーZがまだ4機しか撃墜していないというこの事実…。

<7話>
なんと!タケルはギシン星から送り込まれた宇宙人だった!
…は良いとして、『赤ん坊を地球侵略に送り込む』ってすげえリスク高くないですか
もし誰にも拾われなかったら、
いくら超能力持っていようと、赤ん坊タケルは当然死ぬだろうし、
もしそうなったらやっぱりタケルと一緒に地球もあぼん。
わざわざ17年経ってから地球破壊命令出すって事は、
それまで地球を破壊しちゃいけない理由もあったと思うんですが…。
そもそも今回のケースみたいに、育つ内に内に別の価値観刷り込まれる事だってあるでしょうし…。
まあかの『ドラゴンボール』も同じような理由で地球侵略計画が頓挫したんですけどね。

そのタケル操るゴッドマーズは、流石の高火力。
寄って来た敵を殴って燃やしての大立ち回りで、敵をガンガン蹴散らしてくれます。
強いのには違いないんですが、ガイアーからの変身に気力が130必要と言うのがちょっと気に掛かります…。
イベントで気力が上がっていない時はやや厳しいかもしれませんね。

<8話>
SRポイントとりたくなかったんで、
次元獣無視してヘテロダイン先に倒したら、残りの次元獣はさっさと帰っちゃいました。
うーん、この分の資金経験値PP撃破数が入らないのはちょっと痛い。
とはいえダイ・ガードに新武装ノットバスター追加。
最強技が弾数制だと気軽に使えて良いですね。大幅に戦力アップです。

造園の第2軍はキッチリ全部倒し、
かつ合間合間に補給・修理持ちはそっちで経験値を稼がせます。
…とやっていたら、いつの間にかさやかさんがレベル12で単独トップに。
現状あんまり活躍らしい活躍はしていないし、
『応援』も努力持ちが多いんでそれほど機能していないんですけどね。

さて、更なる増援でやってきたのは爆撃獣グロイザーX10
コイツ一応元はスパロボ未参戦のロボットアニメなんですけどね…味方として出るより先に敵として初参戦してしまったのか…。


とはいえ、囲んでボコボコにすればあっという間に撃破です。
ここまでさして苦戦はしていないですね。

<9話>
劇場版エウレカセブンから、ホランドとタルホが初登場。
マシュー&ヒルダはデビルフィッシュの演出に出てきます、要は降格です。

しかし謎の次元獣の奇襲で哀れサモハン(主人公)はイベントで強制撃墜
主人公機がイベントで墜とされるというのは珍しい。
他メンバーで頑張ってる所に、援軍としてダンクーガノヴァ・ソレスタルビーイング・そしてゲッターが登場。
とりあえず、真ゲのみなさん雰囲気違いすぎ!
「次元獣もインベーダーも同じだ。殺せば死ぬ。」と言ってる事も過激この上無いです。流石竜馬さん。
一番デカいボス次元獣以外を倒せばクリアになりますが、
デカい奴は強化パーツ持っていますし、
そこまでHPが多い訳でもないので、ザコを一匹残して頑張って倒しに行きます。
ホランドの『ヒット&アウェイ』を活用して、攻撃しつつ他メンバーの元へボス次元獣を誘導します…が、
あと少しという所でターン経過で帰ってしまいました。惜しい。

イベント後、
ノヴァ・ソレ・ゲッターチームもチームインします。
うーん。ソレ組は目的が目的なんでその内離脱しそうですし、現時点ではあまり重用しない方が良い気がしますね。
援護攻撃持ちのロックオンさんはお役に立ちそうなんで、ちょっと育てようかとは思いますが…。
ノヴァはなんか絵柄的にもキャラ的にも立ち位置的にも気に入らないんで、使う気はあんまり起きませんね。
彼女たちは戦う理由が希薄というか、なんかバイト感覚でパイロットやってる感があって…。
ゲッターチームは間違いなく使いますよ!当たり前じゃないですか!

現状リアル系よりスーパー系の方がお役に立っている感ありますね。
リアル系も、集中使わないと安心して避けてくれないような回避率なんで、
それほど安心して最前線を張らせられないのです。
やはりトライダーとマジンガー、それと援護攻撃持ちのブラスタがメインを張っている感じですね。
この先どうなるかは分かりませんが…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-04-16 23:43 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード