スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇」~23話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


激戦と言っても良い程の戦いが2回もありました。
未だ味方が一度も落ちて無いのは運によるところも大きいと思います。
あれだけヌルくやってたZも、モラーバーが2回ほど落ちましたし…。


<19話>
ここに来て、まさか再びダイ・ガードの強制出撃とは…。
ヘテロダインとテロリストに絡まれて、普通に単騎で厳しい状況でした。
さっき拾ったハイパージャマー装備させておいてよかった。(ダイ・ガードが分身するというのも変な絵ですけどね)
しかし、思いっきり『ノット・バスター』突き刺して、「コクピットは狙わない」って…。
ああいやいや、その辺はまあ「お約束」という事ですね。

イベントでロックオンさんも強制出撃。
メガネっ娘を庇うという非常にオイシイ登場です。俺に代われ!
というか中原さんとロックオンさんは普通にお似合いだと思いました。もう付き合っちゃえよー。
最近カナリアさんに長距離射程ポジションをとって代わられそうな感じはありましたが、
やはり改めて使ってみると、こっちの方が断然強い気がしますね。
同じ長距離射程機体にしても、弾数が全然違うものなあ…。

戦闘自体はそれほど苦労は無かったです。
一部足の遅いユニットが割を食いましたが…。

<20話>
コーラサワー少尉はホントにネタキャラですねw
というか、この三大国家連合軍のグタグタっぷりはちょっとすごい。
何この「部下が失礼しました」合戦。
このどうしようもない感は逆に期待したくなりますね。たぶん敵ですけど。

初期敵はあっという間に蹴散らせます…が、ごひ「甘いぞ!」とか言いながら乱入(味方です)。
続いて四方に敵増援でちょっとヤバい感じになります。
いや、ちょっとどころでなくヤバいですね
四方全部に名有りのキャラがいますし、あんまり戦力を分散する余裕もありません。
とりあえず北と東に注力して対処します。
…と思ったら更にアリーなんとかさんが乱入!
色々あって、ソレのメガネのガンダムからニョロリとしたモノが出ます
まあそれで劇的に強くなるという訳でも無いんですけどね。メガネ使って無かったし。

ともかく、酷く敵が多い状態なので、
下手に戦力を分けずに、寄って来た敵から倒していきます。
特に目立った活躍をしたのはグレンラガンで、
前線で敵ザコを相手に気力を上げ、ノコノコ近づいてきたランスロットに熱血掛けの必殺技をブチかまして即撃墜します。
しかしスザク君。
HP2万オーバーで暴れまわっておいて、倒した途端に「僕は…こんな作戦に賛同する事は出来ない!」とか言うなよ。

他の敵ユニットも相当厄介なので、
必中集中を惜しみなく使ってさっさと落としていきます。
一番厄介だったのは前述のアリーなんとかさん。
HP2万越えの癖に、やけに硬く、5人以上で攻撃してようやく落とせました。
ふひー流石に厳しい戦いになってきましたね。
あとコーラサワー少尉はいつの間にか倒してました。流石です。

そして更なる増援に、ヒイロの必殺「自爆する」が発動です。
笑う所じゃないはずなんだけど、やっぱりヒイロの自爆はなんか面白いですw
しかもあっさり回収されていて、全く引っ張らずに無事なあたりがww
やっぱりWガンダムって天然のおかしさがある気がしますね。

天然でおかしいといえば、ごひも普通に仲間になりました
正直コイツが敵に回らずにパーティーインしたのは相当意外でしたよ。
まあ使いませんけど。

<21話>
ゴッドマーズ回。
タケルが強制出撃で孤軍奮闘する事になりますが、
気力130からのスタートなので、まあ強い強い。
即座に六神合体し、敵ザコメカをバッタバッタとなぎ倒します。

敵を全滅させるとズール皇帝が登場します。
2ターン経過かHP1万以下で帰ってしまうようですが、
ぎりぎりまで削ってから、マジンガーの『光子力ビーム』→ブラスタの援護で撃破。
まあ、「フッフッフ。私はまだ本気の半分も出していないぞ!」というお約束のアレをやられるんですけどね。

アイムさんは胡散臭すぎて、2周くらい回って逆に味方なんじゃないかと…いや、ないか
『プロジェクト・ウズメ』はまた次元の壁崩壊計画なんでしょうかね。
しかし「ウズメ」というのは、古事記のアメノウズメから来てるのかと思いますが、
冷静に考えると彼女が天岩戸作戦でやったのってストリップですからね。。
普通に扉開けたタジカラオあたりの名前を使った方が良いと思いました。

<22話>
ロックオンさんはちょっとサモハンと仲良すぎるなあ…。
ひょっとして、今回の親友ポジションキャラなんですかね。
悪くはないんですが、
なんというか…彼がダブルオーの主人公みたいに思えてきました。
というかダブルオーの他の奴らが絡まなすぎなんで、彼だけキャラの掘り下げが進んでいる気がするんです。
まさか途中で死なない…よなあ?

戦闘は全く滞りなく全滅してやりました。
シナリオ的にも大勢は決しているところなんで、意図的に難易度低くなっているのかもしれませんね。
特別書くことと言えば、
海の中の敵に対して、ゲッター3が活躍してくれた事くらいでしょうか。
毎度「水中敵なんてほとんど居ないからマジ使わねえ」と言われるゲッター3ですが、
数値だけ見れば、『大雪山おろし』は『ゲッタービーム』と比べて威力・EN効率ともに勝っています
もうちょっと普通に使っても良いのかもしれませんね。
そうすると、「撃破数がバラけていつまでたってもエースにならない」という問題が出るんでやりませんけど。

<23話>
『プロジェクト・ウズメ』の結果、
範馬勇次郎みたいなオッサンが出てきちゃいました
「ただの人間ならもうけものだ!」と生身でスーパーロボットを恐れさせる辺りはマジで勇次郎。
デカい次元獣ロボ(?)に乗りこんだ所を、
ロックオンとサモハンを中心に、援護も交えて攻撃しますが、ロクなダメージが入りません。
というかザコ敵が居ないので気力が稼げないのが痛い…。
向こうは2回行動でやたら距離長いの攻撃なんぞしてきやがります。もうどうしようもない。
さっさと規定ダメージ与えて撤退してもらいます。

…が、増援で次元獣がワンサカ登場。
勇次郎に帰ってもらって終わりだと思っていたので、各自SP浪費しまくりで酷い状態でしたが、
弱い奴から順番に叩いて被害を減らします。
そんな最中に一機、援軍がやってきます…。
やたら黒い機体に、緑川ボイス…そう、アサキムさんの再来です。
スキル欄が充実しているので、今回も仲間にはならないっぽいですね。
当然途方も無い強さ…という訳では決して無いのがアサキムさんの(逆に)恐ろしい所です。
NPCの癖に、次元獣にボコボコ当てられてHPは減りまくり。
イベントで当てた一発も、『HP回復』でチャラにされます。
この期待外れ感…。

一番強い次元獣は、
HP減らすと底力効果で、普通にバリアでガンガン弾いてくるので、『バリア無効』の付いている武装で攻撃を仕掛けます。
止めはゲッター2にお任せしました。流石ドリル。


しかし、
「凄いエネルギーが手に入るって聞いたのにおっさんじゃねーか!ふざけんな!」(意訳)というシオニーさんの抗議はもっともだと思います。
勇次郎さんは確かにスゲー力ですが、
意志を持つおっさんである以上それはおっさんであって資源じゃないと思うんです。シオニーさんマジで可哀想。
見た目ラスボス然とした人ですが、前作の捻り方からするともうちょっとなんかありそうですね。


さて、
またもルート分岐が入りますので、当然今度もスーパーロボットルートへ行きます。
使い勝手に愛着湧いてきた刹那とロックオン、キリコとの別れは寂しいですが、
まあ社長についていくと決めたのですから、仕方無いですね。
そろそろ前作に登場したユニットが出てくる頃合いかと思います。メンバー選抜悩むなあ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-04-21 23:59 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。