スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇」~27話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


全滅プレイを自重してやっているスパロボ2次Z。
難易度はノーマルを維持できるよう頑張っています。
今の所、次元獣以外との戦いは結構楽に感じますね。


<24話>
ザンボット3が登場!
予想通り、ワッ太と勝平がケンカして仲良くなる展開になります。
とりあえず、『ザンボットバスター』の弾数が4あって一安心です。
(※スパロボAPの時は、P武器で一番射程の長かったコレが弾数という鬼仕様でした…。)

初期雑魚のガンメンは適当に蹴散らして終了でした。
こいつら、強さ的にも扱い的にも前作のブレーカーみたいですね。

後半出てきた次元獣は、
コッチの戦力が減った分厄介な相手ではあるんですが、そこまでの苦戦はしませんでしたね。
HPが4桁だったらまだなんとかなるな…5桁の奴は底力補正がヤバいことになるので…。

<25話>
ザブングル組及びキングゲイナー組が参戦
流石スーパー系ルートだけあって、二大白冨野作品が登場です。
(前の話で真っ黒冨野が参戦したのは置いておいて…。)
ティンプが味方というのは嬉しい展開ですが、多分居付きはしないと思うので削り役に徹させます。
キングゲイナーでは、シンシアが最初っから仲間と言うのが嬉しい展開ですね。
前回は自軍参入が遅すぎて印象薄かったですし、
今回ヘタすると出てこないんじゃないかと思ってたんで…。

どちらも、
前作ではALL攻撃要因として重宝したユニットなんで、今回の扱いは大きく変わりますね。
性能的には当然リアル系です…リアル系…残念な事に余ってるんですよね…。
両方とも好きな作品ではあるので、
ちゃんと使いたくはあるんですが、ゲイナーとジロンだけでも2枠。
できればシンシアとゲインも使いたいんで、そうなると4枠…。
トライダー、マジンガー、ゲッター、ダイ・ガードはほぼレギュラーとして固定で、
補給及び応援・祝福要因としてシャトルも欲しい。
それと主人公機も外せないとなると、これだけで10枠埋まってしまうというのは…。
色んな作品のキャラを使いたくはあるんで、
ロックオンさんとポジションが被ってるゲインさんはひょっとするとリストラするかもしれません。
まあ今後の分岐次第でしょうか。

そういえば、トライダーとザンボット3に合体技が追加されました。
『Wわんぱくアタック』…技名もアレですが、「相手を挟んで飛び道具を投げ合う」とやってる事もかなりアレです。
なんというか…『北斗の拳』でザコがこういう攻撃やってたんですが…
威力はそこそこですが必要気力が低く、
どちらの機体の武装に無いバリア無効効果アリというのは有り難いです。
そうなるとザンボットもレギュラーにしていく必要があるか…。

それとゲッターにも『ゲッターチェンジアタック』が追加です。
演出長え!!そしてカッコいい!!
合体シーンを改めてアップでやるというのは良い演出ですね。一発こっきりなのが厳しいですが…。

あしゅら男爵は、もうコーラサワー少尉と組めば良いんじゃないかと思いました。

<26話>
ターンエーとガンダムX組が参入します。
ガンダムXには、前作ではそこそこに活躍してもらいましたが、流石に今回そんな余裕無いというか…。
小隊システム無くなったから、カリス君の「覚醒」→ツインサテライトキャノンのコンボも出来ませんしね。
一方で、前作では大器晩成過ぎてイマイチ影が薄かったターンエーですが、
ロランはいきなり援護攻撃3でSP回復持ち、
ターンエーも射程が長く、月光蝶無しでも妙に強いような気がします。
ひょっとしたら使っていく…かも…。

しかしインベーダーは相手をするのが楽で良いですね。
ハロを持たせたキングゲイナーに突っ込ませたら、バッタバッタとなぎ倒してくれました。
バリアを持たない相手はこんなに楽なんだなあ…。

インターミッションでは、
PPの貯まっていた竜馬とワッ太に『連続行動』を覚えさせます。
どちらも気力上昇も移動力もEN効率もサイズも問題無い機体なので、
撃破数を稼いでもらう意味でも必要かと思い、これを選択しました。
武装追加で運用スタイルが変わっても、無駄になるスキルではないですしね。活躍を期待します。

<27話>
オーガス参戦!
ですが、流石にに次元獣相手は厳しい…。
サイズ差補正無視武器が無い上に、底力発動されると集中使っても回避万全とはいかない厳しい相手です。
頼みのアサキムも、思ったより強くない…毎度スポット参戦するごとにがっかりしている気がしますね。
一方で、『連続行動』を覚えさせたゲッターとトライダーはやはり強いです。
ダメージを与えた敵に止めを刺しつつ、更に移動して他の敵に一撃与える事ができます。
ゲッターはひらめきを持っていますし、
ワッ太には『精神耐性』を覚えさせてありますので、「気力低下」を気にせず戦えるのもポイントです。
この2機はこれから強くなりそうな予感…。

後半参戦したマルグリットさんは、今回の乳揺れ要因という事で良いんですかね。
あんまり揺れそうに無い服なんですが、まあそこは浪漫というもの!
このカットインの凝り方からして、そういう事でしょう。
機体はパッと見で、スザク君のランスロットかと思いました。
戦闘自体は、
一人離れた所に出たのを囲んでボコボコで終了でしたので、まるで印象に残っていません。


さて、ルート合流で前作のユニットがいくつか合流します
真っ先に手を加えるのはアクエリオン
今回も無限拳は無体な射程を誇るので、まずアポロに『ヒット&アウェイ』を習得させます。
追々『再攻撃』も持たせて、シルヴィアの技術を魔育成し…とやるつもりですが、
気力上げるために『闘争心』等を持たせようとすると、『Eセーブ』持たせるスキル枠が無くなってしまいますね。
どうせ遠距離特化になるからと『精神耐性』を上書きするかどうかは悩みどころです。
他のユニットはその内手を加えていきます。まだ使うかどうかは分かりませんし…。

関連記事
スポンサーサイト

2011-04-22 22:11 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。