「第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇」~41話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


今回、
ノーマルだと、割と難易度は低いと思って差し支えないですね。
スーパー系でも敵に攻撃は当たりやすいですし、リアル系だとホント避けまくります。
全滅プレイ無しなのに、結構楽だと思いながらやっています。次元獣以外は。


<37話>
やっぱりダイターン&ザンボット&トライダーで合体攻撃があるみたいですね。
ここの戦闘で使ってみましたが…正直、条件揃えるのが面倒くさすぎます。
演出は格好良いんですけどね。
トライダーだけ突撃技だから巻き込まれそうとか、いらんことは考えないようにしましょう。

さて、
突然やってきたシェリルとランカを乗せて、アルト君がメサイアで遊覧します。リア充もげろ!
シェリルとランカのどっちの歌をリクエストするかの選択肢が出ますが…。
ひょっとして、αの初代マクロスみたいに、選択肢でどっちとくっつくか決まったりするんですかね?
とりあえずシェリルの歌をリクエストしましたが、
シェリルが歌っている最中はランカとお話をしているので、どっちの好感度上がるのかは良くわかりません。
とりあえず、リア充もげろ。

戦闘では、
使う予定が無いアルト君は早々に引っ込めて、メイン機体の撃墜数稼ぎをします。
増援でファイナルダンクーガも来ますが、使う予定が無いので削り役にしてメイン機体の(ry)
相手がガンメンにインベーターなら余裕だぜ!ヒャッハー!
と思っていたら、前線で戦っていたマジンガーのENが尽きかけていました…。
まあシャトルに出番が回ってくると思えば良いのですよ。

ダンクーガもそのままメンバー入りしますが、
流石にこのタイミングだともう枠が無いなー…。
毎度スパロボでは、謎の補正でアホ強いイメージがあるんですが…2週目以降のお楽しみとしましょう。

<38話>
冒頭、誰がランカを送っていくかでオズマ隊長が大暴れ。
軟派系キャラをバサバサ却下していく中で、ついでに却下されるアスラン。
うん、まあ…ね。なんか納得できてしまいます。

さて、
色々あってホランド一味(もう好感度下がりすぎてそういう呼び方しかできない)に捕えられるレントン。
ハップがなんかもう全然違うキャラになっていますね…。
もうホランド一味は、「エウレカセブンのキャラの着ぐるみを着せられた人たち」という解釈をする事にしていますが、
ハップの中の人はあんまりキャラ理解してないバイト君なんですよね。多分。
もう「アネモネが老婆に!」なんて全然どうでもいいことですよ。ええ。

戦闘に序盤はホランド(仮)一機での戦いですが、すぐにサモハンたちが来ます。
序盤は軟弱なイマージュ相手に無双できますが、後半にっくき次元獣たちが登場。
ついでにあの面倒くせえアイムさんがサモハンに攻撃してきた所にアサキムが横槍入れて、
しかしアサキムがサモハンに攻撃してきた所に援軍のアムロさんが横槍入れて…と壮大な横槍合戦に。
今回いきなり攻撃されるパターン多いなあ…。
ちょっとマンネリ感ありますし、
「何回あっさり奇襲されるんだよ!危機感持て!」というツッコミもしたくなります。
あれだけ巧みに侵入していたレーベンの奇襲を防いだランドさんを見習ってほしいところです。

次元獣はやはり他敵に比べると強い気がしますが、
気力が上がっているため、それほどの苦労はしません。
…と、調子に乗っていたら最前線のグレンラガンが落ちかけました。
今回HPが少なくなると、敵は集中攻撃仕掛けてくるんですね。
底力効果で回避で42%を避けなければ落ちてましたね…これは反省。

さて、徹底した撃墜数稼ぎが功を奏し、
ここで竜馬とタケルのエースボーナスを取得。
竜馬は『気力150以上でダメージ1.3倍』と、ただでさえ高いゲッターの火力を上げてくれます。
タケルは『スキル「超能力」が「超A級超能力』に変化』
「…超A級超能力ってなんぞ?」と説明を見ると、
『超能力L9の効果に加え、SPが毎ターン10回復』…うん、すげえ強いですねコレ。
毎回気合を使うガイアーを運用する上で、非常に有り難いです。
他の人たちもこれクラスのボーナスなのなら、取る取らないで使い勝手がが大分変わりそうな気がします。
やはりエースは早めに取っておくに限りますね。

<39話>
むせる回。
今までルート分岐のせいでひたすら喋らなかったキリコが、
ここぞとばかりに(モノローグで)喋りまくります。
基地内はサイズM・Sの機体しか入れないので、
キリコとオーバーマン組、それにマジンガーとダイ・ガードが大活躍します。
レッドショルダー部隊は当てるし避けるしで厄介なものの、
ゼロに指揮してもらえば指揮官効果もあって、何とか安定した命中率を誇れます。

そうこうしている内に、赤木君がエースボーナス取得。
『熱血が魂に変化』とのこと。火力が心許ないダイ・ガードでこれは便利。

ボスのサーシェス、リーマンもHPが低いので光子力ビーム等であっという間に倒せます。
というかガチリアルなATにスーパー系の火力はちょっと可哀想ですね。

増援のイプシロンも同様。
厄介なスキル『極』なんぞ持っていますが、HPが低いので気力が上がる前にさっさと落としてしまいます。
しかしこれ以降、再登場した時が面倒そうな奴ですね。
『サイズ差補正無視』とか持っていましたし…。

ペールゼンさんは、
見た目が「これから毎日家を焼こうぜ?」とか言いそうなオッサンだったことにもビックリですが、
グレゴルーさんたちにあっさり撃ち殺されたのにもビックリでした。
この人、名前だけでラスボスポジションだと思っていたのに、まったくそんなことはなかったぜ!
アイムさんもいい加減相手するのが面倒くさくなってきたんで、こんな感じでうっかり死なないかなあ…。


さて今回L以上の機体が出られなかったので、
サブオーダーが異様に充実しております。
主力のゲッターとアクエリオン組に資金調達に行ってもらったので、お金もたんまり。
そしてパトロール効果で撃墜数が+2され、いよいよワッ太もエースボーナス獲得!
その効果は『社長で貰えるPP2倍』。つまり1ステージで出撃ユニットはPP10ゲット
これは有り難い…のだろうか。
さやかとか、『出撃はするけど敵を倒さないユニット』の成長には良いですけど、
主力はもうスキルは習得し切っちゃったしなあ…。
ま、ワッ太社長は当然使い通しますけどね!

<40話>
ゲッター回。
まずはガンメンとゲッター軍団を相手にします。
ガンメンはやりやすい相手なので、撃墜数を稼がせたい人たちに積極的に倒させます。
ゲッター軍団は既にエースをとっている人たちがお相手をします…が、
回復にいったダイアナンAがゲッターライガーの集中攻撃を浴び、初の犠牲者
ああ…ちょっと舐めすぎでしたね。ダイアナンの運動性の低さを失念していました。
しかしそれほど大勢に影響はありません。
流石に戦闘も長引いてきて、ENや弾が切れる事もありますが、、
シャトルとダイ・ガードの2機(両方『補給スキル』持ち』)が縦横無尽に補給してくれるため、
容赦なく大技を使えるのがウチのチームの強みだったりします。

援軍でやってくるゴール&ブライは、
ダイ・ガードやグレンラガンの魂or熱血掛けの最強技でさっさと落としてしまいます。
放っておいても面倒な事になると思ったので…。

さて最後に出てくるのはやはり真ドラゴン。
それに対し、負けじと竜馬たちも真ゲッターロボに乗り込みます。
やはり真ゲッターはカッコいい!そして当然ながら強い!
竜馬のエースボーナス効果もあって、増援で出てきたインベーダーもバサバサ倒してしまいます。

しかしながら、
全部ゲッターに撃墜させる訳にもいかないので、稼がせたい人に落としにいかせます。
その結果、マリンがエースボーナス獲得!
『亜空間突入の発動率+15%』との事。
気力が上がれば合計40%の確率で回避する訳ですから、
サイズとHPもあってなかなか頼れる壁になりそうです。これからに期待。
EN消費が激しいのが難点ですが、なかなか良い活躍をしてくれそうです。
真ドラゴンは囲んで最強技のパターンで落とせました。
MAP兵器を撃たれたらちょっと厄介だったのですが、結局撃たれず仕舞。
今回難易度ノーマルだとあんまり撃ってこないんですかね?

<41話>
ゴッドマーズ回。
敵が水上に出てきたから真ゲッター3の出番からと思ったら、敵全部飛んでいたという話…。
苦労の果て、マーグの洗脳を解く事に成功し、
なんか薔薇薔薇した台詞を吐き合いながらも、色々あってマーグ死亡…。
うーん。上手い事やったら生存フラグ立つのだろうか?
でもカミナの兄貴同様に、死んでナンボのキャラである気もするなー。

後半は再びガンメン軍団との戦いになります。
やっぱり楽な相手なので、撃墜数を稼ぎたいキリコとゲイナーを中心に相手させます。
運動性を鬼改造してあるので、集中をかければある程度重ねて狙われても大丈夫です。
火力不足と思っていたスコープドッグですが、気がつけばスーパー系もビックリの高火力機体になっていました。
武器改造の上昇率がよく、
キリコに覚えさせた『サイズ差補正無視』と『再攻撃』で一気に落とせます。
そして『精密射撃』効果でクリティカル時にはホントに目を見張るダメージに…すごく強いです。
ただでさえ技量が高いのに、『見切り』効果で、気力130以上で更にクリティカル率はアップします。
武器が全部弾数制で弾数も多いので、息切れしないのも良いですね。
そうこうしている内にエースも獲得、『気力130以上で全武器攻撃力+300』です。
火力がさらに底上げされる訳で、もう爆発力じゃあ最強なんじゃないかとも思えます。

キングゲイナーも『再行動』を覚えさせたので、
こちらも火力は悪くないですが、流石にキリコと比べると…という感じです。
使い勝手の良いP武器がEN消費ばかりなのがつらい所です。


さてクリア後は、
恒例のルート分岐&ボーナス監査タイム。
当然社長と一緒に暗黒大陸へ乗り込みます。ヒャッハー。
バルディオス・アクエリオン・ゴッドマーズが離れてしまうのは少々さびしい所ですが…。
ボーナスでは、今度はエスターがドラムを買ってきた模様…。
もうこの娘、何キャラなんだよ。いやこういう変なキャラ好きですけどね。

ルート分岐直後のインターミッションでは、
サブオーダーで撃破数残り僅かの人たちにパトロールに行ってもらいます。
その結果、ジロンとゲイナーがエース獲得!!
ジロンは『HP30%以下で根性がかかる』…うああすげえ微妙。
そもそもそこまでHP減らないし、底力発動の妨げにもなるしであんまり良いものじゃないですね。
これは外れの部類に入る予感…。
ゲイナーは『ゲーマーがゲームチャンプに変化』。
要は『気力130以上で技量+30』ですので、これはそこそこ有り難い。再攻撃が出易くなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-04-28 02:00 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード