スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇」~44話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


さて、そろそろ大詰めになってきただろうスパロボ2次Z。
ぼちぼち原作最終話を迎えるお話もあるみたいです。
ここらからは一話辺りの敵数もが増えてくるでしょうから、補給持ちユニットも重宝するでしょうね。


<42話>
ダイ・ガードの最終話っぽいお話。
この期に及んで、ダイ・ガードに武装が追加されます
その名も、『グレートノットパニッシャー』
弾数が1なのが悔やまれる所ですが、赤木君の魂と合わせれば凄い火力が期待出来ます。

さて、ここのステージの主な敵は次元獣。
流石にここまで来ると、個々の火力も上がり、そう簡単にバリアで弾かれる事は無いですが、
次元獣はやたら技量が高いので、
キリコやゲームキングゲイナーでも『再攻撃』が発動しない事があり、やはり嫌な相手である事に変わりはありません。
気力を下げられるのは嫌なので、
『連続行動』持ちのトライダーと真ゲッター、ブラスタにバサバサ倒してもらい、撃破による気力上げで強化します。
ボスかと思われたマルグリットさんは、サモハンで説得したらあっさり撤退し、
代わりに来たのはあの暑苦しいシュバルさん。キャラの割にはなかなか強いユニットです。
なんですが
やたら離れた所に出る上、こっちは次元獣食い散らかして気力も上がっている状態なんで、
囲ってボコるパターンで呆気なく倒せます。ヒデエ。
同じように、
ボスであるブラックダイガードも、魂かけての『グレートノットパニッシャー』の前にあっさり沈みます。
やっぱり今回ボス敵が弱い気がしますね。

クリア後の会話で、
サモハンが竹尾ゼネラルカンパニーに入社する気満々なのが面白かったです。
木下さんの部下って苦労の方が大きい気がするんだけどなー…。
この人、原作で一回ワッ太にカンニング薦めて退社させられかけてるんですよ。

一方でガイオウさんは、
ホットドック屋の兄ちゃんにホットドック奢られてやんの。ププー。
これ、さり気にホットドック屋の兄ちゃんの度胸に感服する所ですよ。
自分の立場で考えて、
勇次郎がチンピラを眼力で追い払ったからって、
そんな勇次郎に声をかける勇気があるかという話ですよ。ホットドック屋の兄ちゃんスゲー。


<43話>
グレンラガンの回です。
まずはガンメンとかませっぽい四天王のイケメンが相手。
次元獣に比べると、獣人のなんと相手にしやすい事か…。
『再攻撃』が普通に出るので楽勝もいいとこです。
イケメンの戦艦を落とすとイケメンマシンが登場します…が、
HP2万ぽっちじゃ4回ほどの攻撃ですぐに落とせますね。これも楽勝です。
続けて、四天王残り二人とヴィラルが登場。
囲まれた状態になるんで、一方に攻撃を集中して囲みを突破するのが定石…ですが、
戦力にはかなり余裕があったんで、適当に散開して相手をします。
シャトルとダイ・ガードの補給持ち2機体制なんで、ENには割と余裕がありますし、
武装が全部弾数制のスコープドックあたりは継戦能力も高いしで何とでもなります。

そうこうしていると、ゲインと万丈と甲児くんがエース獲得。
ゲインは『命中率+15、射程+1』と、実に狙撃手らしいボーナスです。
援護の要なので、これらのボーナスは嬉しい所ですね。
万丈は『ステージクリア時に資金+30000』とのこと。
ザ・金持ち!まあ資金はあるに越した事無いんで有り難いっちゃ有り難いですが、
ダイターンはルート合流すると、ギリギリレギュラーから外れる気がしますんで、
そこまで使わないかもしれませんね。スーパー系飽和してるし。
ほぼ最初から居る癖に、エース獲得が延びに延びた甲児くんは、
『気力130以上でダメージ1.2倍』と、マジンパワーみたいなボーナスです。
そこまで火力の高くないマジンガーには有り難いですね。
ただ、専ら「ルストハリケーン」で装甲削る係になっちゃっていますが…。
(それでここまでエース取得が長引いたのです)

まあドタバタの果てに全敵撃破ですが、直後、合体して再登場してきます。
正直、もう終わりだと思っていたので、戦線はかなり乱れていたのですが、
(ガンメンはわざわざ必中かけなくても当たるため)SPにはまだまだ余裕があります。
3体とも、やっぱりそれほどHPは無いので、
数体のスーパーロボットが最強技を使えば難なく落とせます。
…ひょっとして今回、難易度ノーマルだとかなりヌルい?
まあ比較対象が、『EWAC持ちユニット居ないと攻撃当たんねえ大戦』ことAPなんでそう思うだけかもしれませんけどね。
あっちは、スーパー系ユニットで命中率100%なんて稀な世界でしたから…。

<44話>
さて、螺旋王との最終決戦です。
ザコはもう、育ったメンバーで簡単に蹴散らせます。
流石の強さを誇るのが真ゲッターで、
気力の必要無い武装が多いので、いきなりのゲッタービームで敵を蹴散らし、
気力が上がれば竜馬のエースボーナス効果で、バトルウイングあたりで蹴散らしと怒涛の活躍です。
『連続行動』持ちなので、1ターンに2機落とせるのも大きいです。
初期ボスのヴィラルもティンプもHPが2万ぽっちなんで、熱血無しでも囲めばささっと落とせます。
ティンプ撤退後の、ジロンの「毎度の事だから、もう慣れた」というのがなんとも…w
ジロンはもう、親の仇をとる気がさらさらないなー。

初期ユニットを全滅させると、いよいよ螺旋王ローディックが登場。
ついでに次元獣2体もおまけについてきますが、これはさっさと最強技を使って落とします。
しかしそれでも流石の螺旋王。
いきなり2回行動で一番近くにいたサモハンをボコボコにしてきます。
しかも命中率・回避率ともにスーパー系のそれじゃなく、運動性の高いブラスタでも避けられません。
『極』が発動していないのに、キングゲイナーに普通に当てる命中率です。
そのうえHP回復持ちと、実に恐ろしい…。

しかし圧倒的強さでも、単騎であれば数の力で対抗できます。
SPはかなり温存しておいたので、
分析をかけたあと、熱血・必中をかけての最強技を各自行えば、ターンを回さずに撃破できます。
前哨戦の相手が楽だったからこそ出来る戦術ですね。
これで(比較的)あっさり螺旋王も撃破です。

さて、クリア後部隊は宇宙へ向かうようですね。
キンゲやウォーカーギャリア、ダイ・ガードが宇宙Bなので、
それは各自強化パーツで補強しておきます。抜け目なし。
グレンラガンはシモンの宇宙適性がBなので、Aに養成しておきます。
他メンバーは、各自得意の格闘or射撃を伸ばす方向で養成。
『サラリーマン』効果でPP貯まりやすい赤木は格闘値を集中して伸ばしているんですが、
それでも目を見張るようなダメージが出ないのがダイ・ガード…。
まあ、『3人乗りで前線で戦える補給機体』だと思えば超優秀ですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-05-06 00:47 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。