スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『Ruina 廃都の物語』―うわエンダつよい。


宮殿まではほとんどテレージャ&メロダークのコンビでブイブイ進めたものの、
キャラによる得手不得手があるこのゲームでは、
メンバーを固定して進んで行くようなやり方は非効率的ですし、
何よりそれでは楽しみも半減してしまうので、そこそこ入れ替え入れ替えしてやっていくつもりです。
まあテレさんには愛着湧いてきたんで、要所で頼らせてもらうつもりですけどね。


新MAPの「大廃墟」に到着…したものの、
ここに出てくるザコ敵の塚護人が硬すぎて倒せません。
これはそろそろ術師のターンということでしょうか…。
とりあえず、先に妖精の塔へ行ってみますね。

待ち受けるのは、
『4体の妖精が居て、正直者がその中で一人のみ』…という恒例のクイズです。
バック「僕は正直者」
ブック「ビックは正直者」
ベック「ブックは嘘つき」
ビック「ベックは嘘つき」

という事ですが…。
こういうクイズの攻略法は、確か「全員嘘をついている」と考えること。
つまり全員が逆の事を言っている訳ですから、
むしろ「嘘つき」と言われてるブックかベックが正直者である…と見えてきます。
しかし仮にブックが正直者だった場合、
彼はビックを「正直者」と主張しているので、正直者が二人になってしまいます。
よって正直者はベック…となるんではないでしょうか。
実際に指定すると、案の定大正解。
それを踏まえて道案内を聞くと、右→左3回→右3回→左でつけるはずです。

しかし道中にはまた塚護人が…。
装備を整えて戦いを挑みますが、やはりコイツの硬さは半端じゃなく、
『堅固の構え』をとられると、ロクにダメージが入りません。
なんとか火炎ボトル等、投げられるアイテムをボンボン投げつけて倒します。
うーん雷でも『破魔の理力』でもいいダメージ出ないとなると、テレさん全く攻撃面で期待できなくなりますね…。
属性魔法の乏しさが、流石にごまかせなくなってきました。
その上メロダークさんがレベル上がって古代知識覚えやがったので、
いよいよテレージャさんパーティー離脱の危機か?

と思ってウロウロしてると、
殺人ウサギにヴァンが首を刎ねられたので、やむなく帰還します。
なーんか最近、ヴァンに即死癖がついてる気が…。

そういう訳なのでメンバーチェンジ。
やはりテレさんを外して他の人を入る事にします。
しかしシーフォンはよりにもよって(多分森に出る敵に有効な)火炎系の術を持ってねえ役立たずなんで、
ここはドラゴン幼女のエンダをテレージャと交代で加入させます。
回復役がメロダークというのは不安ですが…。

さて、森を進むと、池で長剣を落とすイベントが発生。
お約束のように現れた池の女神に、「あなたが落としたのは銀の剣ですか?」と聞かれたので、
セオリー通りに「長剣です」と答えると、やはり両方くれました。
しかし今更銀の剣なんてもらっても…。
そういえば妖精が「池で釣りをすると良い事がある」と言っていたので、
助言通りに釣りをすると、人魚が釣れました
うん…まあ…人魚?には違いないんじゃないでしょうか…。
いやテキストによると「変態」らしいのですが…。
「離してくれたら良いものアゲル」というからリリースしてやると、
「それは私のハ・ア・ト」との事。ふざけんな。
もう一度釣り上げてぶっ殺そうと再度釣りをすると、今度は池の女神が連れました
いや、これは予想外過ぎます。人魚の時点で予想外だったのにw
「300Gで手助けしてあげる」との事なんで、お金を支払って傭兵やってもらいます。
しかし俗っぽいな仙女のルギルダさん

更に進むと小屋を発見。
窓から覗くと、化け物が包丁を研いでる姿が見えますが…。
扉を叩くと、姿を現したのは大きなお婆さん。
やけに愛想よく「泊ってけ」というので、
お約束通り「お前みたいなデカいババアがいるか!」と先制攻撃。
ルギルダさんの助けもあって、あっさり倒せます。

そのまま更に先に進むと、
橋にて妖精族の戦士が待ち構えていました。
ここまで来て戻るのも何なんで、そのまま強行突破。妖精族の戦士×3とのバトルに突入します。
こいつらは、やたら『乱れ撃ち』による全体攻撃を多用してくる嫌な相手です。
こっちはエンダの『酸のブレス』で攻撃しつつ防御力を下げ、危なくなったら行動の早いヴァンが薬で回復します。
メロダークはひたすら攻撃…ですが、メロさんの攻撃当たんねえw
素早さの問題か、面白いようにスイスイ避けられます。
うーん。さっさと『氷のブレス』で素早さ下げるべきでしたか…。
軽視しがちな素早さですが、
命中率にはかなり影響があるみたいですし、
先に行動できるとかなり違うんで、やはり高いに越したことは無いですね。
激戦の果てに、こっちもルギルダさんが死にましたが、何とか撃破。
どうやらこれで森も突破みたいです。

SPもたんまり貰えたので、ここで遺跡荒らしの称号も極めてしまいます。
危険察知も出来るようになったんで、
もう本格的にパリスは要らな…いやいや、後々出番はあるかもしれませんからね。
遺跡荒らしはトラップ系のスキルを中心に覚えるんで、実は魔法系と相性の良いクラスかもしれませんね。

さて、そういや序盤で未だやっていないイベントとして、夜種王(チャンピオン)の撃破というのがありました。
すげえ強いんじゃないかと思って警戒していたんですが、挑んでみるとそうでも無い様子…。
こっちの攻撃じゃダメージになりませんが、逆に向こうの攻撃も全然減りません。
しかし何故か『武器落とし』だけは普通にダメージが入るんで、これで撃破。
(どうにもならないんで、ヤケになってオートにしたら発覚。謎の仕様ですね。)
攻撃・防御の上がるチャンピオンベルトに、
防御力は低いですが、同じく攻撃力の上がるビキニパンツをゲットです。
これは碌な防具の付けられないエンダに良さそうですね。
(「幼女にビキニパンツを穿かせたい」という意味合いは決してありませんので、誤解無きようお願いします)

さて、妖精の木をドンドン登っていきます。
途中怪鳥に攫われて、巣に放り込まれ巨鳥のヒナ×5と戦う事に。
エンダに『炎のブレス』をガンガン吐いてもらい、有効なヴァンの弓で一気に倒していきます。
突撃のダメージが厳しいですが、なんとか撃破。
エンダは魔法系なのに回復持っていないんで軽視していましたが、
『炎のブレス』が全体攻撃で威力もある割に低コストで良いですね。
もうちょっと真面目に使っていく事も考慮した方が良いかもしれません。
一方で、メロダークさんはちょっと弱みが明らかになってきました。
『回復が出来る重戦士』なので、凄く強いはずなんですが、
とにかく攻撃を外しやすいのが難点。
これでも「古代風カリガ」を装備させて素早さを補強してはいるんですが…。
まだまともに使っていないアルソン君あたりもちょっと使ってみたりして、
操作感の違いを確かみた方が良いですかね。

妖精の女王もいずれ倒さなければいけないようですが、今は後回しで一旦帰ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-05-19 01:11 : Ruina : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。