スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

天外魔境2 感想その20 聖剣誕生

天外魔境II ハドソン・ザ・ベスト天外魔境II ハドソン・ザ・ベスト
(2007/03/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 竜の勾玉の力で、琵琶湖に沈んだ火の都を復活させます。

 そしてそこに眠る先祖の魂に導かれ、唯一残る聖域、大霊院へ。
 これで聖剣を作る場所は確保し、道具は火の鎚があります。では、肝心の剣は何を使えば良いのか?
 火刃村の住民曰く、「そんじゅそこらの刀では駄目。攻撃力など低くても良いから、先祖伝来の剣などが…」との事でしたが…はい、一つだけありました。
 卍丸が村を出る時に、母親から託された、形見の剣です。

 その形見の剣を使い、大霊院で魂を込め体力を削り、ひたすらに剣を打ちます。
 一度打つごとに卍丸の体力が減りますが、その分、剣の攻撃力がプラスされていきます。そして、卍丸の体力が尽きた時、完成しました。
 最後の聖剣・大霊院卍丸です。
 今まで入手した剣の中で最も強いのが、火祭りの剣の攻撃力130。
 それに対し、大霊院卍丸の攻撃力は現時点で450。卍丸の体力と、剣の攻撃力が連動しており、ピンチの際に振るっても本来の威力が発揮できないのが欠点ですが、最大攻撃力はまさに桁外れ。
 相手しだいですが、会心の一撃なら普通にダメージ4桁行きます

 しかし最初に父の形見の剣や、各勇者の持っていた聖剣を手に入れた時は、なぜこんなに攻撃力が低いのか謎でしたが、ここに来て『持ち主が死んでいたため、聖剣本来の力が出せなかった』と分かります。間違いなくこのゲームで最大の伏線でしょう。

 
 そんな聖剣を携え、火の都から出ると、鋼鉄城に乗りホテイ丸がやってきました。「根のキャッスル壊すアイデアひらめきましたデース」という彼の作戦に乗り、京へ。
 
 ホテイ丸は鋼鉄城の武装をフルに使い、暗黒ランと撃ち合いますが、やはり劣勢。
 ホテイ丸は卍丸たちを降ろし、鋼鉄城ごと特攻します。
 その結果、暗黒ランの根本には僅かですが、穴が空きました。ここから最後の舞台、花の御所へと侵入します。

 中の敵もそれなりに強いですが、聖剣を手に入れた卍丸の敵ではありません。大抵は黒羽斬・女彦斬を使えば一撃で終わります。少し厳しいのがふすまで山彦を使われると、倒せないと攻撃力が高い分反射ダメージで終わります。まあ、ちょっと注意すれば良いだけですが。
 それよりも、やたら経験値の低い敵がいる方が厄介です。外では邪赤龍・人間牧場、中ではふすま・ヌラリヒョン・双角辺りが、苦労の割に実入りが少なく嫌な相手です。 
 
 ボスはまず、破王ナーガ・ラージャの二人が、微妙な位置で突如襲いかかってきます。
 二人とも体力15000越えで、お互いに城壁・結界を掛ける特徴を持ちますが、防御力が低く、今の卍丸では倒すのにさして苦労しません。
 とにかく金剛・冬枯・力王かけての静乱斬が強く、全部かければ一発800程。運が良ければ一回の静乱斬で4000近いダメージが期待できます。さっさと倒して次に行きましょう。

 ヨミの寝所に通じる道を守るのは、阿鼻の狛犬・叫喚の狛犬。
 たまに使う突撃は、状況次第では驚異ですが、卍丸に使ってくれると反撃ダメージがオイシイこともあります。
 この戦闘も、基本戦術は先程と変わりません。とにかく卍丸が強く、特に相手の攻撃力が高い訳でもないので、結構余裕で撃破し、進みます。


 暗黒ランの根本、ヨミの眠る場では、三博士が待ち受けていました。実は密かにここに集めていた京都の人々をヨミの生贄に捧げ、ヨミの復活を促します。
 さらに、その時間稼ぎとして、三博士は合体。合成獣デデベとして戦いを挑んできます。

 デデベは各種ステータスが高く、特に防御力の高さは異常なほど。攻撃は通常攻撃に、全体攻撃の炎、ダメージ+凍りの青白い光。更には、冬枯効果の粘液も使ってきます。またこちらの弱体化攻撃も利きにくいまさに強敵と言えるでしょう。
 一番厄介なのが炎で、2連続で喰らったら瀕死、3回目で間違いなく死ぬので喰らうたびに全体回復しなければなりませんが、青白い光でその回復役が凍らされるとピンチです。まず状態異常を回復しなければならず、それから全体回復…という行動をしていれば、当然補助・攻撃は疎かになります。
 それでいて、突撃系以外での攻撃では、まとまったダメージが入りにくく、どうしても長期戦になってしまい…技が切れるという、最悪のパターンですね。

 それもこれも、私が絹に有明を持たし忘れたのが悪いのですが。(また…)
 そもそも、火の都で拾った日照の剣は使うと日立効果があり、それを持っている絹に日立を持たせる必要はない。その両方を絹が持っているという状況がまずおかしいのに、何で私はそんなチェックすらしてないのか…。

 そんな訳で、最早形振り構っていられないデデベ戦。消費の多さで敬遠していた凍竜を使い、凍ったデデベを赤影使って卍丸と影、極楽がフルボッコにします。素直に術が効いたのと、赤影が複数出てきてくれたお陰で勝ちを拾いました。75段の癖にギリギリの勝利です。

 ヨミの復活に何とか間に合い、「さあ斬っちまえ!」という場面で一旦戻って次回に続きます。
 当然ですが、このままあっさり斬って終わりとはなりませんので…。


 卍丸が攻撃の主力になった事で、ちょっと術の見直しが必要ですかね。
 その煽りを喰らったのは極楽で、術があまり使えないので(実はここから極楽の術は伸びて行くのですけどね…流石に待てないので)日照の剣を持たせ、咄嗟の回復に。同様に絹に持たせていた送霊の鈴も持たせます。
 その分、卍丸の金剛を絹に持たせます。この後の戦闘ではあまり使える場面が無いとは思いますが、とりあえず卍丸は攻撃が最優先になるので。赤影も使うタイミングが難しそうですね。
 もちろん、有明も絹に。日立はカブキに持たせます。これで何とかなるでしょうかね。

関連記事
スポンサーサイト

2009-05-12 15:37 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。