スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『Ruina 廃都の物語』―魔将を焼いたり縛ったり。


戦士系あんまり使っていないんですが、
どうも物理より魔法攻撃の方が強い気がします。
ザコ戦ではとにかくエンダの各ブレスが猛威を振るっています。
まあ魔法使いの方が戦士系よりMPあるためのこの評価かもしれませんけどね。


先に進む前に、
外へ出てやっていないイベントをこなします。
レンデュームの村を襲った魔女退治です。
魔女の棲み家(?)はさして広くありませんが、ボスが一人います。
魔将アイビア
魔将シリーズと言う事は、やはり相当の実力者なんでしょうね。
最初はメロダーク・テレージャで行きましたが、
こっちの攻撃は炎以外ほとんど効かず、ジリ貧になったので撤退。
リセットしてやり直します。

エンダ・テレージャの二人で再挑戦です。
アイビアは槍の戦鬼を2体連れていて、
倒すと召喚で再び呼び出します。
できるだけそれにターンを使わせるため、全体攻撃魔法で攻撃すると効率良いですね。
炎以外には滅法強い相手ですので、
炎上させてHPを削るのが主な戦略です。
ヴァンの出来る事が『魔弾』くらいしかないのが寂しいところですが…。
テレージャさんが混乱無効の鏡の盾を装備しているので、
混乱効果の歌も怖くありません。
HPが少なくなると槍の戦鬼からHPを吸収するので、こうなればあと少し。
「爆発ボトル」を投げつけて倒します。
魔将アイビアを無事に撃破です。
「熟練のしるし」を貰えたのは嬉しい所。

撃破後、テオル公が部下を引き連れて戦っている所に遭遇。
前々から思っていましたが、この人は暗黒面に堕ちそうな気配がプンプンしますね…。

さて、「熟練のしるし」を貰ったので、
ここで新たな称号が貰えるるようになりました。
現在のSPは16。
個人的には即死系の使える「暗殺者」か、
相性良くないですが「精霊術師」で迷うところです。
主人公のメインウエポンは弓矢ですが、
これは相性の合わない相手には効果が薄く、
気がつくと戦闘でやる事がなくなっている事がしばしばあるので、
その辺をフォローできる武器スキルを持たせるのは有効なはず。
そうなると、
他に持てる人の多い剣スキルより、
短剣・鞭スキルを得た方が良いハズです。
一方で、
(シーフォンを使っていないので)不足しがちな攻撃魔法の追加、
そして何より精霊召喚による4人目メンバーの追加は大きな魅力です。
どちらかは非常に悩める所なんですが…。

まあ、もうちょっと問題点がはっきりしてから決めても良いでしょう。
今はスルーして、再び遺跡探索と参ります。
古代都市では、以前ボコボコにされた魔将ダーマディウスに再挑戦。
こいつは弓矢がそこそこ効く上、束縛系にも結構掛かってくれるので、
ヴァンの『縫い止め』とエンダの『樹縛』でビシバシ縛りあげます。
治った端から縛り上げるので、ロクにダメージも喰らわずに倒せました。
ダーマディウスさんは縛りに弱いのです。

さてダーマディウスを倒した事で、
神殿を守っている兵たちも突破しやすくなりました。
出てくる敵は、ほとんどがテレージャの『死の空気』で倒せます。
このスキル、ホントに対多人数戦で使えますね。
その結果、結構あっさり兵の守りを突破。
神殿では、幼女様が出迎えてくれます。
やっぱりというか何というか、
「この都市は人柱たちが見ている夢」との事。
まあそんな事だとは思っていましたが…。
現実に戻してもらうと、やはりそこは大廃墟の真ん中でした。
ほろりと風化するミイラが悲しい。

ここから情報屋に聞いた「墓所」に行けるようですね。
入口の鍵は、
竜の骨頭部から手に入った「青金石のフィーア」で開きます。
流石に今の状態で突入する気にはならないので、戻って一泊。
次回からここの探索を始める事になりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-05-26 01:01 : Ruina : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。