スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『Ruina 廃都の物語』―2週目サクッとクリアー!!!


「騎士の嫡子」(男)でさらりとクリアしました。
一週目のノウハウがあったのと、
騎士主人公が普通に強かったので、
「罪人の遺児」よりは格段に楽だったですね。


弓系盗賊でヒイヒイ言いながら戦っていたヴァンとは打って変わって、
騎士の嫡子であるキャシアス君は正統派の戦士で、
HPと攻撃と防御の高い、かなり主人公っぽいステータスになりました。
序盤は称号『戦士』で会得できる「闘気」をかけての物理攻撃がボス戦の要になり、
中盤からは『剣聖』の「百人斬」「八連剣舞」でザコ・ボス共に薙ぎ倒し、
終盤は『君主」の「防御陣形」「突撃命令」で味方のステータス上昇もこなす…と、
戦闘では八面六臂の大活躍。
魔力はゼロになるほど低い値でしたが、
速度は下がり過ぎないように頑張ったので、
アルソン君とは違い、ほぼ全面で活躍出来ました。

一方で探索面は「腕力」しかないという貧弱っぷり。
一応後半『野伏』の「生存術」が役に立ちましたが、
それ以外は味方だよりでした。

で、
騎士主人公と言えばフランですよ
いやもう、この娘可愛すぎるんですが。
元々健気で良い子でしたが、
他の主人公とは探索者同士の間柄だったのに対して、
騎士主人公キャシアスとの間には主従という確かな絆があるんですよ。
会話の端々からもそれが見てとれて、
幼いころに一緒に遠出した思い出があったり、
試しに作った料理をキャシアスに味見させていたりと、
明らかに他キャラとは違う関係な訳である事が分かります。
で、そんな幼少の頃から仕えているシノビメイドさんに、
「私の命にかえてもお守りいたします」とか言われてしまうんですよ。
いやもう、そりゃズギュンとやられましたよ。
むしろ主人公としては、「なんとしてもこの娘は守らなければ」と思ってしまいます。

性能としては、
とにかく速度の高さが有難いキャラです。
その分回避能力に優れ、敵の攻撃をヒョイヒョイ避けてくれます。
また、いの一番に行動してくれるので、
先制で敵陣をひっかきまわすのが主なお仕事になります。
序盤は「目潰し」「煙幕」で敵の命中率を下げると、意外な程に被弾率を下げてくれます。
そして、二刀流が本領発揮してくれる中盤からは、
短剣&鞭で出血と拘束が同時に狙えます。
運も絡みますが、上手く行くとボス相手に相当上手く立ち回れたりも…。
あとは緊急時のアイテムによる回復も立派なお仕事です。
終盤になると、
攻撃力の高い片手武器に、
もう片手に鷹のレイピアを装備し、高威力2回攻撃という芸当も可能です。
こうなってくると、オフェンス面でも相当に活躍出来ます。
探索ではとにかく「盗賊の技」。
序盤は貴重な鍵開け要員なので、ほぼ彼女に解錠を任せていました。

まあ防具が弱いから攻撃喰らうとヤバイとか、
魔力低いから魔法くらうとヤバイとか、回復係にもできないとか、
後半につれ解錠できるキャラが増えるから有難みが減る割に、
他の探索系スキルを覚えてくれないとか、
料理が暗黒だとか、
文句は色々あるんですが、まあいいじゃないですか。
命を賭けてくれるほどにあなたを慕っているシノビメイドですよ。
盗賊主人公の関連キャラなんて、
兄貴風吹かせるダメニートのパリスですからね。
それに比べればなんと恵まれた事か。

他に今回のプレイで役に立ったのがシーフォンラバン
シーフォンは魔法しかできませんが、
序盤から全体攻撃魔法持ちなのが有難く、
MPさえあれば安定した高火力っぷりを見せてくれます。
ラバンは後半かなり威力の高い技を覚えるので、ボス戦で頑張ってくれました。
特にラスボス戦では、
キャシアスと二人で「八連剣舞」を使う事で、短いターンで撃破できました。
二人とも防御は固くないので、フランと組ませると守りが酷い事になるのが難点ですが…。

あとは一週目で大活躍だったテレージャさんには、今回もお世話になりました。
やはり回復・防御系のスキルが揃っているのは大きな長所で、
彼女を入れているだけでボス戦の安定感がグンと増します。
「危機察知」もランダムダンジョンで戦闘を避ける際に活躍しました。
火力さえ諦めれば、彼女はいつでも即戦力として活躍してくれます。

ストーリーで出番が多かったのはアルソン君。
ステータスも探索スキルも主人公と被りすぎててイマイチ使いにくかった彼ですが、
この主人公だと戦争イベント関係でテオルとのやり取りがあるためか、
成長し、単に正義だ愛だと理想を説くだけのキャラではなくなります。
「騎士の嫡子」での裏主人公みたいな存在ですね。



でまあエンディングは、
当然グッドエンドでフランエンドだった訳ですが、
まさかここまでイチャイチャするとは…。
しかも選択肢によって2種類のイチャイチャが楽しめ、
しかも片方は結婚エンド…作者の本気を見ました

しかし「次期ホルム領主が女中と結婚」というと何か問題ある感じですが、
フランはレンデュームの郷で位の高い人(と思われる)なので、
この結婚は「過去に敵味方の関係であったホルム⇔レンデューム間の関係を改善する」という、
政治的な理由(=言い訳)もちゃんとあるんですよね。
例えばネルあたりと結婚するよりは、立場的にも十分アリな話なのです。

まあ…料理の問題はどうにもならないでしょうけど…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-06-13 16:22 : Ruina : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。