『SEVENGUNEERS』コミックスを購入。

SEVENGUNNERS (IDコミックス/REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)SEVENGUNNERS (IDコミックス/REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
(2011/07/08)
内々けやき

商品詳細を見る


コミックREXで何故か打ち切りになってしまった、内々けやき先生のサバゲー漫画。
各話の感想については過去のREX感想を読んで下さい。
毎号凄く楽しみに読んでて、
「今REXで一番面白い漫画だ!」とか言ってた身としては、
打ち切りには未だ全く納得いってないんですけどね!!
この件に関してはあと一年は一迅社を恨むつもりでいます。


実際、
努力・友情・勝利のいかにもな少年漫画的内容で、
敵役も高校部活らしく、あんまり露骨に嫌な奴はいないし、
女の子多めで華やかだしで、実に空気の良い正統派漫画なんですよね。
サバゲーという少々敷居の高いジャンルですが、とっつきやすい内容だったと思います。
私は内々先生の名前をこの漫画で知ったので、
先生が元々エロやってる人というの聞いて驚いたくらいです。
それだけ「らしい」少年漫画だったという事ですよ。

敢えて欠点を挙げるとすると、
「主人公チームのキャラが薄い」事…でしょうか。
京&巴の先輩コンビは能力もキャラクターもはっきりしているんですが、
どうにも駿&陽子&七郎がイマイチ影が薄かった気がします。
特に七郎はバンダナ巻いた時のキャラが今一つよく分からず、
言ってしまえばスベっていたと思うし、
3人ともどれだけ戦力になるのかというのも、最後まではっきりしなかったと思います。
傭兵制度で加入した文吾&千鶴と野島さんがキャラ立ってるから、余計にそう感じました。
先輩コンビがいかに有能といえど、
うち3人が素人の5人組で何故地区選抜を勝ちぬけたのか、やはりちょっと納得し難い所がありました。
西多摩学園は野島さんがポンコツ過ぎたと納得できるから良いとしても、
何で他高校に勝てたのか、その辺が試合見てもイマイチ分かりませんでした。
ラストの三つ巴戦は、
「意外と粘って奇襲しかけたのが功を奏した」で納得できたんですけどね。

しかし、
改めて単行本で読み返してみると、
一話の野島さんのボンクラっぷりはガチですね。
雑誌掲載時は、
後半の野島さんの扱いの悪さがちょっと疑問だったんですが、
20人フルメンバー&フル装備でフルボッコにされたんだから、そりゃあしょうがないですよね。
ラストの「ちょっと粘った」くらいの活躍が相応ですよ。
まあ野島さんはそれでいいとしても、
文吾&千鶴の活躍が殆ど描かれなかったのは、とても残念でした。
千鶴は播州に狙撃されて終わりだし…。
文吾VS播州VS潮路弟の対峙シーンは、
対決シーンが描かれなかったのが残念な、すごく格好良い名場面だと思います。
3人とも長所が全然違うし底が見えてなかったし、
どう転ぶかも全然分からない対決なんで、ここは是非描いてほしかった…。


返す返すも、短期での打ち切りが残念で仕方ありません。
前述の新人メンバーのキャラの弱さも、
途中から個性を発揮してくるつもりだったのだろうし、
文吾&千鶴も当然もうちょっと活躍させるつもりだったのだろうし、
七澤高校の過去もちゃんと掘り下げるつもりだったのだろうし…あーちくしょう。
もうコミックスがバカ売れして、
打ち切りなんて無かった事にして、続き描いてくれないかなあ。
そうしたら私も全て忘れてREX読みますから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-07-09 22:47 : 漫画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード