スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家族ゲーム(電撃4コマVOL.130)感想。


ひっさびさの家族ゲーム。
でも鈴城先生祭りは無いようで、ちょっと残念です。
キャラがコミュニティを外れてキャッキャッする海or夏祭りも、
今年はやらないようでそれも残念だったりします。

未だ名前の出ない新入生たちはこのままモブになるのかなーとも思いますが、
大城さんの前例がある以上、迂闊な判断は出来ないですね。
気付いたら話の中心に居るとか、家族じゃよくある話ですし…。


・久しぶりの泰敬&朱音。
告白してから随分間が空いてのこの二人ですが、
朱音は(熱中症だったからかもしれませんが)タメ口になっていますし、
泰敬は紳士的な部分を見せて好感度アップと、大分良い感じになっている気がしますね。
「お礼」というきっかけも出来て、これで朱音からアクション起こす可能性も出来てきた訳ですし…。

あと、さり気にゆかりがすごく良いキューピット役になってますね。
この娘は自分の趣味とかそういうのは置いといて、ちゃんと友人の幸せを望んでる辺りが良い子だなあ…。
しかし、彼女自身は、「自分の友達が次々と彼氏候補が出来ていく現実」をどう捉えているんでしょうね。

・薄着の由寿が…。
ぴよちゃんと比べてもそこまで露出過多な感じはしませんでしたが、
それは多分、上半身しか描かれていないからでしょうね。
年頃の女子が下も下着だけだとなれば、それは確かに「服着ろ」と言われますよ。
あと、作中で散々言われていた由寿の胸の薄さについて、今回ようやく言葉では無く心で理解できました
ぴよちゃんと比べると実に酷い対比ですね。

しかし、筺体大丈夫なんでしょうかねコレ。
そりゃあ薄着とか汗で濡れた身体とかそういう事とは別に、室内で一緒にゲームとかできませんよ。
下手すりゃ倒れますし…。

・冷え性の眼鏡さん。
相変わらずクールビューティーな感じの新一年の彼女ですが、
冷え性かー…なんとも言えない微妙なキャラ付けですね。
便宜上、名前が出てくるまで「冷子さん」とでも呼びましょうか。
しかしひょっとして、
冬になったら、この冷子さんが、すっごい厚着して震えたりする所が描かれたりするんですかね?
それはヤバいな…とんでもない破壊力ですよ(ゴクリ)。
むしろ震えていなくても、
暖房効いた室内なのに顔半分隠れるくらいマフラーしっかり巻いたりしてるだけですごく可愛いと思います。
こう考えると、実は冷え性ってすごいキャラ付けなんじゃないか…?

あと、眼鏡さんとは関係無いんですが、
相変わらず永妙寺のヘアピンが安定していなくて永妙寺可愛いよ永妙寺。

・輝明このやろう。
なにこのだぶる痴女攻撃。うらやましい。細かい事置いといてうらやましい。
というか、シチュエーション的にエロマンガじゃないかこれは。
キレイな胸板に恥じらいのリアクションといい、
輝明はなんかお姉さんが悦びそうな才能を持っているなあ。
ひょっとして、パーフェクト美少年という奴なんだろうか。輝明マジ魔乳(誤用)。
あと「好きじゃない人に触られて~」の件を見るに、
日出子さんはもうホント言い逃れ出来ないレベルで痴女キャラになってますね。
相手が自分を好きじゃない(=恋愛対象として見られていない)と知っていて身体を求めるとか、
男女逆なら18禁…というか鬼畜系エロゲの主人公ですよ。

・朱音と大城さん。
こう見ると、大城さんはホントに朱音と同じくらいあるんですね。いや、身長の話ですが。
背が180前後であの身体なら、もう普通の職に就くのが勿体無いレベルですね全く。
里奈と同じくモデル路線にもいけそうですし、
いっそ専業コスプレイヤーとして生活できるんじゃないでしょうか。
(専業のコスプレイヤーさんがどうやって生計立ててるのかは知りませんが。日拳?)
まあ大城さんは制服着てれば無敵なんで、将来の心配をする必要なんてないですけどね。

・テンパりすぎの奏那&紳士な脇谷。
さり気に、今回の目玉かも知れない二人。
「お得感があるなそれ」でアホっぽい喜び顔している奏那がすごく可愛かったです。
「つき合ってくれるなら触っても…」もそうですが、
この娘のテンパリっぷりは、ちょっと『ふーふ』のりんに近い物がありますね。
友達4人に総ツッコミもらうレベルのテンパり具合ですよ。可愛い。
好きな男子が他の巨乳女子に夢中になっている所に必死に「将来大きくなる」アピールという、
健気すぎる態度も実に良いですし、
ここで一気に奏那の好感度が上がりました。実に良いですね。

一方で、脇谷くんもビックリするほど大人な対応でこれも好感持てます。
ちゃんと自分の欲望を抑えているのが偉い所ですね。
現状維持でなあなあと言えばなあなあなんですが、
自分と奏那の感情をちゃんと把握して、
その上で傷つけないようにと判断しての現状維持なのだから、文句も付けられません。
彼、すごく人間が出来ている気がします。
あれだな!『ふーふ』の結城はこんな感じで構えていれば良いんじゃないかな!

・悟:賢者モード。
悟はエロいとか何とか言われていますが、総合的には驚く程賢者ですよね。
ここで手を出さないとか、なんと良く出来た彼氏だろう。
先の脇谷にしてもそうですが、家族の男子陣は基本的に理性>欲望なのが好感持てますね。
現実的でないと言えばそれまでですが、すごく安心して読めるのはこの辺の配慮のお陰ですね。

…とまあ、悟を持ちあげておいてアレですが、
これ、将来結婚してその辺がフルオープンになった時の事を考えると、
現状葵と悟が色々出し惜しみしている描写は、逆説的にすごくエロい…ような気がします。
こうまで欲望を溜めに溜めていると、いざ発動した時にどうなってしまうのかと、
その辺が非常に興味あるんですが、流石にそれは描けないと思うので、
誰か薄い本を頼みます。
とりあえず、「葵の胸は胸筋によるものでは無い」という今回判明した点は大事。すごく大事。

・賢者モード:良明。
同じように賢者モード入っている良明…と言うより、
これはむしろ真言がなんか変なスイッチ入っちゃってる感じでしたが、今回ちょっとフォローありましたね。
最近のけしからんモードの真言さんは、彼女なりの心遣いだったんですね。(すごく間違ってると思いますが)

しかしこの姉妹、どこまで両親に報告するつもりなんですかね
「腹筋触ってもらった」の時もそうですが、
こういう恋人とのやり取りは話した方が親としては良い…のでしょうか?
あんまりキワドい話になってくると、ちょっと不安に思うかもしれませんし…難しい話ですね。

・今回のラスト。
またか!また占野家オチか!
とは思いましたが、今回今まで出番の薄かった占野母が出張ってて面白かったです。
こうしてみると、やっぱり舞依とは親子だなーと思います。
後妻という立場ながら、泰敬将敬にも良い意味で遠慮無いですし、
やはり占野家は幸せ家族なんだなあと思いました。

流石にちょっと占野家は食傷気味ではあるので、
そろそろもうちょっと出番削っても良いかなーとは思いますけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-08-26 01:17 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。