スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

コミックREX10月号感想のようなもの。

月刊 Comic REX (コミックレックス) 2011年 10月号月刊 Comic REX (コミックレックス) 2011年 10月号
(2011/08/27)
不明

商品詳細を見る


買おうかどうか悩んだREXですが、
ちょっと立ち読みしたら天野さんがすごいアホパンチラしてたんで、思わず買っちゃいました。
でぃてくてぃ部が過去最高の内容だったんで良かったですけどね。


・学園天国パラドキシア
美川先生はホントにベタ展開のイジり方が上手いなあ。
ロボ娘と聞いたら10人中10人が思い浮かぶあのシチュエーションを、
がっつりギャグで使い倒してしまう辺りは流石ですよ。

しかし大槻さんはホントにヒロイン体質じゃねえなあ…。
タンコブ描写はまだしも、『頭突きで頭が体に埋まる』リアクションするヒロインなんて見た事無いわw

・JC探偵でぃてくてぃ部!
すごく良かった所探偵社のお二人登場回。
というかこの二人、他社のキャラではないですか…。
(長・茗の初出は少年ガンガンパワード…らしいです。)
とにかく長&茗が、
でぃてくてぃ部と互角以上の実力を見せているのが良かったです。
詩の「あの探偵さんものすごく強いです」という台詞とか、ちょっとビビりました。
「飄々としているけど実は強い」っていうのはすごくベタなんですが、
大の大人を一撃で蹴り倒す、作中最強キャラの詩にそこまで言わせてるんですよ。
どれだけ強いんだという話ですよ。
茗は茗で、料理掃除洗濯経理尾行隠しカメラ設置と実に万能。
直接のやり取りは無いにしろ、圧倒的な実力差を見せつつ、
一方で「油断ならない子がそばにいる」「あの三人なら俺らより優秀な探偵になるだろうな」と、
ちゃんと3人の実力を認め、将来的には自分たちよりも凄い存在になるとまで言っています。
一周回って、
『詩もささめも敵わない所探偵社に「自分より優秀になる」と認められたでぃてくてぃ部すごい』ですよ。
誰も噛ませられる事無く、お互いがお互いを認め合う事でみんなの株が上がっています。
なんというか、すごく理想的なライバル登場回だと思いました。

さて、今回の流れで一人蚊帳の外に居る感じの照葉ですが、
おそらく長の「俺らより優秀な探偵になる」発言は照葉あってのものだと思うんですよね。
格闘や隠しカメラ設置なら所探偵社にも出来るけど、
推理力や観察力といった、『探偵としての能力』はこの二人にはさほど無い。
それ故に、
探偵という仕事に熱意を持った照葉がいるでぃてくてぃ部が将来的には自分たちを越えるんじゃないか、
というある種の期待も込めてのあの発言なんじゃないかと思いました。
まあ問題は、照葉が現状あまり推理力を発揮していない事なんですが…。

あと、1ページ目に永妙寺&泰斗と尚武&ぴよちゃんがいますね。
芹先生はモブに見覚えのある人描くから油断できねえ…。

・おくさまが生徒会長
あ…あ…アホパンチラだー!!!
30歳の保健体育が終わって、これでもうアホパンチラ見る機会も無くなったかと思ったら、
新連載にアホパンチラの魂が引き継がれているとは…。
生徒会長は恋愛の自由の推進よりもスカート丈のロング化に力を入れるべきじゃないかなコレ!

それはともかく、まあぶっちゃけエロ漫画ですねコレ
ヤるかヤらないかの違いしかない。輪っか見えてるし。
中高生男子的には股間を刺激される良い作品かもしれませんが、
スレた大人としては「じゃあエロ漫画読むよ」としか言えません。
主人公もこれがエロ漫画なら、その場合男性器さえついてりゃいいんで何も問題無いんですが、
ラブコメ漫画の主人公として付き合っていくには、
イライラし過ぎでも性欲に流されすぎであまり好感持てないキャラですし…。

あとイマイチ会長のキャラがしっくりこない。
見た目と口調・性格にギャップがあり過ぎるというか、あまり合っていないような気がします。
コンドーム箱買いながらエロ雑誌見てショックを受けたりする辺りも、
作中ツッコまれてますが良く分かりません。
それと、寝入るまで早過ぎです。のび太かよ。
あんた4コマ前まで乳首吸われてドキドキしてたのに。
「あ、ページ終わり?じゃあ寝かせよう」という作者の声が聞こえてきたような…。

・コイバナキセキ
ええー…同居連載始まったのに、こっちでも同居するの?ええー…ないわー。
しかも台詞まで被ってるし…そういや『死神のキョウ』も同居まんがなのに…。
これ以上も無いベタなオチ(幼馴染み乱入誤解)といい、ちょっとどうしていいのか分かんないですね。
こうもベタネタを堂々とされると、美川先生もこういうベタをネタにしづらいんじゃないでしょうか?
ヘタすりゃロボ娘が自我に目覚める展開になる漫画とか、普通に載りそうな気がしますよ。

・東京サマーオブザデッド
藤代さんたち、アホだと思ってたら本物のアホだったー。
ドアを叩く音が聞こえたから確認無しでドア開けるとか、どれだけ死亡フラグ回収する気満々なんですか。
この登場人物たちの危機感の無さは、悪い意味でゾンビ映画みたいだなーと思います。
クイック&アンデッドとかこんな感じでした。褒めてないですよ?
水森さんたちはとりあえず校舎の人も藤代さんたちもガン無視して、
一目散に避難所を目指すべきだと思うんだけどなあ…。

あと、一話あたりで「俺が君を守るから」とか言ってたあのメガネは、
そろそろ土下座して謝るべきだと思います。水森さんが今どれだけ頑張っているか…。

・30歳の保健体育
天野さんがアホパンチラしていたのが嬉しくて仕方ないです。
いやもう、最後なので繰り返しますけど、この漫画のパンチラ描写は心底おかしいですよ。
普通パンチラサービスするなら、
風でスカートがめくれるとか、下からのアングルでパンツ見せるとか、そういう風に描写するじゃないですか。
なんで常にパンチラしてるんだという話ですよ。
それも天野さんがビッチキャラとか、自分の下着を見せる事に抵抗無いキャラであるのなら、
まだなんとかスカート短すぎる理由にもなるんですが、
彼女は別にそういうこともない純情すぎるほどのピュアっ娘…なんですよね。
全く持って不可解な描写としか言いようが無いんですが、
この無理矢理捻じ込んだパンチラ描写が、一回転して高度なギャグになっているんですよ。
基本私は漫画にそういう要素は求めないんですが(そういうの見たかったらいっそエロ漫画読みます)、
この漫画においては、アホパンチラ描写のお陰で読む価値が出たというのが本音です。

だって『身だしなみには気を使おう!!』ってテーマの回で、
ヒロインが常にパンチラしてるんですよ!!
これが私の中で、REXで一番笑ったシーンでした。

まあ長くやる漫画で無いというのは確かですので(このまま続いたら『ふたりエッチ』になる)、
ここらで終わるのも良いとは思いますが、
出来る事なら井ノ本先生にはこれからもアホパンチラを描き続けて欲しいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-09-15 23:24 : コミックレックス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。