スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

鎌倉~江ノ島リア充たびにっき。


久々にリア充モードで日帰り旅行に行ってきました。
鎌倉~江ノ島という実にリア充なプラン。
もちろん水族館もあるよ!

まずは鎌倉。
鶴岡八幡宮へ行きお参り。
修学旅行シーズンのため小中学生が多く、
清純なJCに心奪われしばしノスタルジーに浸りました。
その後近代美術館へ。
やっぱり近代日本画家の作品って全体的に暗いですね。
世相のせいなのか、画風のせいなのか。
あんまり作者のバックボーンとか気にしない性質なので、ただ「見る」だけだと今一つかもしれません。

その後、小腹も空いたので軽く食べます。
チョリソー&ビール
ソーセージと鎌倉ビールを。
昼間からビールとは、なんというリア充か。
むしろリア充通り越してドイツ人になっている感じですか。
で、食べながら思ったのが、
私はやっぱりビールの味の違いが分からない男なんだなあという事でした。
鎌倉ビールと言われても他との違いがよく分からんのですよ。
以前に飲み屋でオリオンビールを飲んだときもそんな事思いましたし、
呑みがいの無い青年ですね全く。
あ、プリップリの辛口ソーセージにビールという組み合わせ自体はすごく良かったです。
ただこの2つきりのセットで1000円というのは高いかな…。

江の電に乗って、長谷駅まで移動。
確か中学校以来ですが、やっぱり江の電って楽しいですね。
これだけ民家の傍を走る電車なんて、そうはありませんよ。
しまいには普通に街中を走るし。

長谷は長谷寺。
長谷寺
拝観料300円を取るだけのことはあり、
景色は良いし見どころは多いしで中々楽しめます。
弁天窟なんて、入るだけでなんかドキドキしますものね。
時期が良ければ草花ももっと楽しめたと思うとそれは残念でした。

タイミングが丁度良かったので、
中にあるレストランで昼食をとります。
頼んだのは、華麗なるうどんという名のカレーうどん。
そのネーミングはどうなんだ。
華麗なるうどん
味は…ぶっちゃけ微妙でした。
なんかぼやけた味でしたが、多分これ、肉魚を一切使ってないと思います。様は精進料理です。
多分それ故に物足りない感は結構ありますね。
まあそれだけのハンデ抱えてカレーうどん作ったというのはなかなかすごいですけど、
単純に旅先で食べる美味しいものとしては今一つ。

再び江の電で江ノ島へ。
お目当ては勿論―新江ノ島水族館
新江ノ島水族館
ぶっちゃけここ目的にはるばる来たようなものですからね。
中では、恒例のエイさんがお出迎え。
恒例のエイ
エイの撮り易さと写真映えっぷりは異常です。

カサゴたん
そしてやはり見栄えのするカサゴたん。

春日さん?
当然ペンギンもいます。

しかし今回のMVPはこれらではなく、
ブルージェリーフィッシュ
ブルージェリーフィッシュの群れですよ。
まるでカラーボールのような色とりどりのクラゲが、
ふよふよと泳ぎ回っている水槽は、まるで別世界。
ここは本当に一見の価値はあります。
実際この水族館はクラゲにかなり力を入れているみたいで、
クラゲオンリーで一つのエリアになっているくらいなので、クラゲ好きにはたまらないと思います。

まあ、ちょっと残念だったのが、
恒例の亀
ウミガメ水槽がそんなに良い感じでは無かったことですかね。
2階から覗けるのは良いんですけど、なんかあんまりしげしげ見る気になりませんでした。

クラゲエリア効果もあって、入場料分はしっかり楽しめる出来だと思います。
個人的にはサメカメエイ水槽とエトピリカの差で、
大洗水族館の方に軍配を上げてしまいますけどね。
アクアマリンふくしまと良い勝負かなあ。
(あっちもまた是非に行きたいんですけどね…。)

水族館を出ると、
キレーナユウヒダネー
海が実に綺麗でした。
そのまま浜辺でボーッとしたのち帰宅。
江ノ島でたこせん食べ損ねたので、次の課題はそれですね。
そういう訳で、実に充実したオフでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-10-06 23:36 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。