スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

フリーゲーム『Ruina 廃都の物語』レビュー。

Ruina 廃都の物語』は、ひょっとしたら今年にやったゲームで一番ハマったゲームかもしれません。
無料(フリーゲーム)という事もあって、評価が甘くなっているのかもしれませんが、
久々に5周目をやってみたら、やっぱり面白い。
贔屓目を抜きにしても、とても完成度の高いRPGだと思います。
散々一回目のプレイ日記で面白い面白いと言ってた割に、
よくよく見返すとちゃんとレビューを書いていなかったので、改めてレビューします。


さて、「完成度が高いフリーのRPG」というと、
個人的には、『魔王物語物語(まもも)』かこれかという感じなんですが、
まももがとにかく個性的なシステムを積み重ねて作った意欲作なのに対し、
Ruinaは昔ながらのシステムの完成度を高めに高めた秀作という印象です。
戦闘はオーソドックスなターン制ですし、
ストーリーも、舞台は剣と魔法の世界で主人公は実はすごい血を引く孤児…と、
西洋RPGの王道を行く展開になっています。
パッと見ありふれた素材なのですが、
異様な程に細かい作りこみがされており、同じような題材のゲームの中でも独自のクオリティを誇っています。
設定はゲーム中メインではない細かい所にまで施されていますし、
戦闘も戦略の幅が広く、良いバランスに練られています。

特にテキストの凝りようは商業ゲーム比べてもなお凄いものがあります。
このゲーム、
キャラを操作して進めるのではなく、
「マップのポイントを調べる事で探索する」という仕様になっているんですが、
ちょっと聞いただけだと味気ない気がするこのシステムも、
テキストが充実しているため、そうは感じません。
特に何のイベントも起きないポイントでも、
「何も無いようだ」で終わりではなく、
「苔がぼんやりと光る中に湿った空気が流れており~」といった細かい描写がされていて、
雰囲気作りに一役買っています。
また仲間キャラの台詞も恐ろしいまでに凝っていて
ストーリー進行に合わせて言う事が変わっていくのは当然、
組み合わせによっては、仲間の言った事に他のキャラがツッコんだり、
イベントで各キャラごとに台詞があったりと、とにかく多彩です。
主人公の出自ごとの限定イベントにも各キャラに台詞があったりするので、
一人のキャラの台詞を全部見ようとするだけで大変な程です。
しかもこっそり好感度なんてものがあり、
これが一番高いキャラがエンディングで専用のイベントが起きたりして、
各キャラの台詞を見るだけで4周やるくらいのモチベーションが保てる程です。

もちろんRPG部分もしっかりしており、
戦闘バランスはややキツめですが、
キャラごとに長所短所がはっきりしているので、
ちゃんと戦法を考えて挑めば勝てる良いバランスだと思います。
単純なHP攻撃力防御力や攻撃回復魔法だけが重要ではなく、
バステは効けばかなり優位になりますし、
ステータス上昇スキルも最大で元の値の2倍までと効果が大きく、これも使えばかなり楽になります。
とはいえ、MP消費が激しく、回復アイテムもそれほど多く持てないこのゲームでは、
戦闘は出来るだけ早く終わらせたいので、やはり攻撃性能の高いキャラは有難いところ…と、
とにかく「役に立つ」の方向性が色々なので、仲間のチョイスは本当に色々悩めます。
ダンジョンの探索スキルまで考えれば尚更です。

例えば、仲間の一人の騎士アルソンは、
高いHPと攻撃力を持ち、防具の選択肢も多い優秀な戦士で、
その上後半になれば全員の攻撃力・防御力を上げるスキルまで覚えてくれます。
アタッカーと補助役を兼任でき、ガチンコボスバトルでは非常に優秀なんですが、
一方で低い素早さに全体攻撃スキルの不足、
魔法は一切使えず、探索で出来る事も少ないと短所も多いキャラですので、
長所を加味しても、ちゃんとパーティーバランスを考えて使う必要があります。
このように、
このゲームでは「コイツを入れておけばいい」という安定キャラは基本的に居らず、
プレイヤーが色々と工夫してプレイしていく必要があるのです。 
逆に「コイツはこの場所では絶対必要」という状況もほとんど無いので、
色々組み合わせを試す楽しみはしっかりありますし、
慣れてきたなら、多少の不利は承知で好きなキャラを入れ続けるというのもアリです。
ダンジョンやボスの攻略のヒントは、
作中かなり巧妙に出されております。
一周目は試行錯誤しながら攻略を楽しめますし、
二周目以降は攻略が少し楽になる引き継ぎ要素もあり、
何より一周目の攻略知識がある分余裕を持って色々試しながら攻略できます。
システムにより、
自主的なレベル上げはほとんど必要ありませんし、
イベントも分かっていればサクサク進めますので、
実に何周にも渡って楽しめるゲームだと思います。
多分私も、そのうち6周7周と遊ぶんじゃないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-10-25 22:34 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。