スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『俺の屍を越えてゆけ』その9―さよならモヒカン当主。

俺の屍を越えてゆけ (通常版)俺の屍を越えてゆけ (通常版)
(2011/11/10)
Sony PSP

商品詳細を見る


前回はどうにもモヒカンの大賢くんの話題ばかりになっていました。
という訳で今回はもうちょっと真面目に討伐やりましょう。


さて敦賀ノ真名姫を解放した勢いもそのままに、
お次は九重楼で雷電・太刀風のW五郎に挑みます。
雷竜巻はかなり痛く、
連続で攻撃されると厳しい所もあったんですが、
大賢が<連音燕返し>で良い感じに物理攻撃を弾き返してくれます。
向こうの体力はそこまで多くないので、
回復しつつ真琴と瑠華を中心に攻撃し、そこまで苦戦せずに撃破です。

この2人に勝てるのなら他もいけるかと、
翌月は相翼院にて片羽ノお業さまと戦います。
途中<死の接吻>全員術を封じられ
すわ絶体絶命か―と思ったものの、
お業の攻撃はそれほど痛くなかったので、そのままゴリ押して撃破。
これ程の実力なら大丈夫かと、試しにに挑みます。
二ツ髪との戦いです。
二ツ髪の<印度虎>は一発で300弱のダメージ、
列攻撃も250~350ダメージ(大筒士の日佐彦が柔らかいので)と非常に痛いものの、
こちらが<速鳥>で敏速を上げておけば、
連続で動かれることは無いので、死人は簡単には出ません。
<石猿>も掛けておけば更に安心なのですが…今唯一使えるのが一番火力のある瑠華という実に残念な状況。
それでなくとも唯一の<卑弥呼>使いなのに…。
まあ3つ持ってる力士水を有効に使い(<梵ピン>の使える一族はいませんよ。ファンタジーやメルヘンじゃないんですから…)
手の空いた人から地道に殴ってもらいます。
長期戦になり、後半<野分>で真琴さんが飛ばされるという事態にもなりましたが、
なんとか二ツ髪撃破です。
流石モヒカン、髪の扱いが上手い。
他の髪と戦うまでにはもうちょっと補助系の巻物使えるようになっていたいですね。

更に親王鎮魂墓で崇良親王と戦います。
攻撃力のある嫌な相手ではありますが、流石に髪に比べたら楽な相手ですね。
特に目立ったピンチも無く、撃破。
そうすると、まだ一戦しかしていないのに、あっさり解放できてしまいました。
なんかゆかいです。
この人こんな口調だったのか…。

…とまあ、大賢当主になってから怒涛の改進劇となっています。流石デス当主。
とはいえ、いい加減子供も欲しくなってきたんで、交神といきましょう。
お相手は…折角解放した真名姫なんかを考えていたんですが、
彼女は父系と母系で随分素質にバラ付きがあってちょっと不安なので、
考えた末にちょっと前に解放した六ツ花御前さまを選択します。
神様ベスト3に入る美人さん。
まあ見た目も好みですし、
男の子が続いてくれれば頑張って交神重ねようかとも思っています。

生まれたのは、
イツ花に「何を考えてるのか分からない所があります」と言われた、
策士と呼ばれる亮助くん。
策士、亮助くん。
相変わらずの青毛、相変わらずの心の火の低さ。
それ以外の素質もいやにバラついていますね。(全体的に低いのは撮るタイミングのせいです)
体の土が低いのは気になりますが、まあ剣士なのでなんとかなるでしょう。


さて、散々そのキャラクターで一族を振り回した大賢くんですが、
流石に寿命には勝てず、1年8ヶ月でその生涯を終えます。
デス当主死す!
うーむ…そう言われると、
確かにこちらも「モヒカン」の一点でしか彼を見ていませんでしたからね…。
彼が何だったのかと問われても、モヒカンとしか答えられません。
とはいえ、相当の実力者で朱点討伐に大きく貢献した当主だったことに変わりはありませんが。
その功績は、
一族史に見事名を残したモヒカン。
戦勝点自慢一位になった事でも明らかです。
(というか、顔つき怖いですねこの3人。)

ちなみに次の当主には日佐彦くんがなりました。


さて、大賢死亡と時を前後して、
真琴さんも交神の儀を行いました。
相手は風の神様を希望していたんですが、
今交神をしているくらいの奉納点の男神様の所は、驚くほどの風不足。
大江ノ捨丸も太刀風五郎もまだ解放に至っていませんし、その上は一気に光無ノ刑人です。
という訳で、少し奉納点は下がりますが、鎮守ノ福郎太さまと2度目の交神といたします。
乙女ゲーみたいな物の言い方です。
しかしこの神様、なんか乙女ゲーみたいな台詞を吐きますね。
その結果生まれたのが阿香奈さん。
色んな意味で燃えてる阿香奈さん。
この各火の高さに「燃える恋」を望む、色んな意味で燃える乙女です。
少し体の土が低いものの、全体的なバランスの良さは母親譲りでしょうか。
福郎太さまは最初の交神で生まれた津路花さんがいまいちパッとしなかったので、結構不安だったんですが、
上手く行ってくれてなによりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-12-04 22:57 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。