スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『俺の屍を越えてゆけ』その13―髪切りデスマッチ編。

俺の屍を越えてゆけ (通常版)俺の屍を越えてゆけ (通常版)
(2011/11/10)
Sony PSP

商品詳細を見る


個性的な一族に振り回されているうちに、
ふと気がつけば物語はもう終盤に入っていました。
なんとか年内にはクリアしたい所です。


さて今回も髪を倒しに参ります。
まずは鳥居千万宮で三ツ髪に挑みます。
優秀な阿香奈さんの引退前に娘のナツメさんと共に出撃です。
三ツ髪は物理オンリーなので<石猿>で防御を固めておけば楽な相手ですね。
折角の親子出撃ですので、
攻撃力を上げまくったのちに<双光伊和丸斬>の併せを試してみます。
親子で威力5倍で、ダメージが3000強
奥義併せ…実に強力ですね。
手間もリスクもあるので「狙える状況なら使う」くらいで考えておいた方が良さそうですけど。
とにかく三ツ髪も撃破。楽な相手でした。
三ツ髪打倒。

ちなみに阿香奈さんはそれから4ヶ月くらい後に死去。
阿香奈さん死亡。
サラリと凄い事言って死んでいきましたね。

まあ新たに子もやってきます。
諭貴丸の相手は体の火を考え、吉焼天摩利さま(2度目の交神)と交わります。
摩利さますごく怖いです。
台詞がエロいというより…怖い…。
“突く”というのは無論アレの事だとして、
“折れる”というのは摩利さまの態度の事(デレる?)なのか、それとも男性自身の事なのか…。
ともかく、そんな命がけのやりとりの末、
なんかラスボスみたいな見た目のさんが誕生。
天草四朗みたいな律さん。
なんか変なカリスマ性があるというか…敵っぽいというか…。
素質も文句無しですので、ひょっとしたらラスボスまで行けるかもしれません。

その律さんの初陣前に他の髪も片付けてしまおうと、九重楼に赴きます。
コイツは<萌子>で攻撃力を上げてくる嫌な相手なので、
こちらも<石猿>で防御力を上げ、ステータス上げ合戦になりますが、
向こうの攻撃力の方が上昇率が良く、怖くなったので<清水>で早々にチキンレース終了。
各上昇系を細かく使って殴りつつ、
あちらが<萌子>を重ねがけしたら<清水>でリセットを基本にしてやっていきます。
先の戦いとは打って変わって長期戦。
一応諭貴丸が<連発式日佐彦>で攻撃しますが、ダメージは300ちょいでしたので…。
まあ長期戦の果てに六ツ髪も打倒です。
六ツ髪打倒。

翌月には忘我流水道へ。
経験稼ぎに何度も来ている場所なんですが、
実は未だ氷ノ皇子さまにも会っていないんですよね。という訳で初遭遇。
氷ノ皇子。通称天然さん。
前々から思っていましたが、この人ド天然ですよね。
戦闘自体は冷凍催眠がうざったかったものの、特に問題無く撃破。
続いて五ツ髪へと挑みます。

で、その五ツ髪ですが…。
とにかく<雷獅子>が痛い!これに尽きます。
一発で全体にこのダメージですからね。
五ツ髪。雷獅子痛いです。
才蔵が<卑弥呼>使っても、それだけじゃ足りません。
<速鳥>を使ってなんとかこっちが複数回動けるようにして、
あとはひたすら<梵ピン>かけて攻撃です。
後半は五ツ髪の技力も尽きたのか、
術を使ってこなくなり、ちょっとは楽に相手ができるようになります。
長期戦の果てに撃破。
倒しました。
これで髪は全部倒して、ついに地獄へ行けるようになりました。

才蔵はその翌々月に寿命で死去。
才蔵死去。髪を倒しまくった優秀な人。
この子、一ツ髪に挑んだ頃(瑠華が派手に討ち死にした時)からメンバー入りしてるんですよね…。
多分ウチで一番髪を倒した子ですね。頑張った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-12-19 17:05 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。