家族ゲーム(電撃4コマVOL.138)感想。


みんなお待ちかねクリスマス回です。よって艶話多めでお送りします。
というか、いきなりタイトル下で真園さんがやらかしている訳ですが…。
えーと、サンタコスでトナカイコスで胸元開いててミニスカで緊縛でアヘ顔(?)で後ろ手でダブルピース?
イメージイラストとはいえ、改めてこの娘すごいな。規格外だなと思わされました。
正直今回、この娘にもってかれた感がちょっとありますね。


・久々の乳井夫妻。
なんかすごく久しぶりに見た気がするこの2人。
いつの間にか(元)阿南さんも乳井に敬語使わなくなってるし…。
というか子供作る気満々じゃないですかー乳井が暴力振るわれてないじゃないですかーやだー!!
(いや、クリスマスらしくて良いと思いますけどね。)

それにしてもこの漫画、
今や驚くほど自然に夫婦の営みを思わせる描写が出てきますね。
これには賛否あると思うんですが、
個人的には長く連載やっててキャラも成長しているんだから、まあ当然あるべきだと思っています。
今までくっつくまでで色々ヤキモキさせた分、くっついた後のイチャイチャぶりも描くのは当然!
それで変に空気が悪くならなければ全然アリ。というか、むしろ望む所ですよ。
むしろ尚武とぴよちゃんのイチャイチャぶりはもっと描くべきですよ。濃密に。

・パソコン部は平常運転。
恋人たちが恋人たちらしくクリスマスを過ごす予定を立てる一方で、全くいつも通りのパソコン部面々。
ほんとこの3年たちは、恋愛以外で青春をエンジョイしていますね。ある意味異端児たちかもしれません。
しかし、地井ちゃんの手を出していない長袖姿はポイント高いですなあ。
これは流石地井ちゃんだと思います。ナチュラルあざとい。

一方で、こちらも相変わらず絶好調の真園さん。
ヘッドマウントディスプレイすら自分の妄想を満たすオカズにしてしまうのだから、
この娘はもうどこで何しててもそういう要素を見つけられるんじゃないでしょうか。
もう“ドM”という呼称すら生ぬるく感じます。彼女はきっともっとおぞましい何かですよ。
大城さんとは全く別の意味で、将来どうなるのかが気になるキャラではありますね。

そしてクリスマス話題なのに脇谷と奏那が居ない…。
コマの外でこっそりと何か進展があったりするんでしょうか?

・御影と灰音、結婚へ。
ついにこの二人も結婚かー…。
初登場から色々あった…あった…んでしょうねコマに映って無い所では…。
そういう訳で結婚イベントも普通に流されてしまうみたいですね。まあポジション的に仕方ない所。
これに触発されて輝明が発奮したりするのが、今後の展開で有り得そうな所でしょうか。

個人的には、
結婚そのものより、ごく自然に御祝儀をカンパしようとする風都たちの姿勢に心動かされました。
年齢=彼女無しのゲーマー集団(しかも留年してる)なのに、後輩の結婚を祝福する気持ちがあるとは…。
しかし新妻エロゲかー。
この2人のキャラ特性を考えるに…ここも早めにお子さんできるのですかね。

・尚ぴよ挙式決定!
御影たちの挙式があったから、という訳ではないですが、
散々引っ張って来た、尚武とぴよちゃんの結婚式も来年の6月にほぼ決定という感じです。
こちらは友人も呼ぶようなので、流石にスルーは無いはず。
由寿は当然として、良明や征爾も来るなら今後の展開にも大分影響しそうですね。
(征爾さんが娘の花嫁姿を想像して良明への態度が軟化したりとか。)

それと今回尚ぴよが膝枕なんてしていて実に良かったです。
先にもちょっと書きましたが、
この2人はあまりイチャイチャぶりが描かれなかったのがちょっと不満だったのですが、
これは良いイチャイチャです。
この二人のどっちがこれをやろうと言い出したんでしょうね。
そういえば由寿といずみさんはクリスマスはレストランで勤務な訳で…そうなると当然今夜は長い時間2人きりな訳で…。
…これ来年、作中でベビーブームが来るんじゃないですかね。

・泰斗in永妙寺宅。
永妙寺さんのホームについに泰斗が招かれました。
これはどうなるかと思いましたが、
はしゃぐ泰斗に永妙寺はむしろタジタジ、という予想外の展開になっていました。
「いいにおい」かー…。
邪心の無い小学生だから許されるような台詞ですね。
同じ台詞を脇谷くんが言ったら犯罪なんですよ。

しかし今回自室も出てるというのに、永妙寺の両親は頑なに出てきませんね。
やっぱりこれは、「両親との不和」を直接的に描いてしまうと、
作品内の空気が悪くなると芹先生が配慮しているんでしょうかね。

・なんかマニアックな悟と葵。
クリスマスプレゼントにコスプレ&背中ちゅー…だと…。
作品内でも言われていますが、
葵は積極的なイチャイチャを回避しようとしているうちに、むしろ業の深い事をしでかしている感じがありますね。
だって「格ゲーキャラのコスプレしてくれ!」なんて一般的には普通にキスより頼みにくいですよ。
その結果、悟に色んな性癖が植わりつつありますが…。
考えてみたら、最初はロリコン疑惑から始まったのが、
腹筋フェチ・背中フェチ・コスプレフェチ・ひかがみフェチ・M疑惑とここに来て凄い事になってきました。
これ、葵は一つ勘違いしていると思うんですけど、
人の性癖なんてそう簡単には変わりませんよ。むしろ増えていく一方ですよ。
つまり葵が成人して真っ当なプレイが解禁されても悟の特殊性癖が無くなる訳では無く、
プレイの幅が物凄く増えるだけじゃないかという事ですよ。
ここまで話を引っ張った以上、それを描く義務が芹先生にはあるのではないでしょうか(キリッ)。

・フラグ重ねている将敬。
自分の妹を「かわいい」と言える将敬の兄貴力は高いなあ。
由寿には、「(妹好きは)アタシ的にはポイント高い」と言われていますし、
まだ彼氏彼女の域では無いですが、由寿の将敬への好感度もちょっと上昇した模様です。
「妹を溺愛している男」に好感持てるかどうかは人それぞれだと思いますので、
やはりそれに好感持てる由寿と将敬の相性は良いんでしょうね。
まあそれも本格的な恋愛に発展するまでの話のような気がしますが…。
前々から思っていますけど、
将来的に、由寿・将敬・舞依で三角関係になったら由寿はホントどうするんでしょうかね。
妹好きに好感持てるのも、舞依に自分の姿を重ねている所があるのだろうし、
それでいて舞依と将敬は血が繋がっていないので、自分の時のように妹が身を引く理由も無い…となると、
由寿は結構この辺で苦悩しそうな気がするんですよね…。

・遊佐家ゲーム大会。
vita争奪レースゲーム大会はまさかの良明優勝。
まあ遊佐家はみんな別にvitaを予約しているみたいですし、
それならこれで良いんじゃないでしょうか。
まあ優勝者に付属品代請求は酷いと思いますけどね。
(本体無料でオプションで料金とるとか…あれ?モバゲー批判?)

真言とのイチャイチャは、正直もうほっぺくらいじゃ驚かなくなってます。
むしろ、「今回はほっぺかー真言おとなしいなー」と思いました。
こうなると、漫画的には葵のガードの高さも正解かもしれませんね。

・占野家ゲーム大会。
それにしてもこの家族、ノリノリである。
特に義理の息子に対して女の武器を使うお母さんの本気っぷり…恐ろしい。
しかし息子は息子で、朱音の胸すら気にしない超紳士なのでそれくらいでは心が動かないのです。
まあ、そんな泰敬でも動きまわる舞依は気にしてしまうのですが。
このゲーム集中力の高い一家の視線を集める舞依は凄い。
決してスカート姿でウィリーしているためではない。でしょう。多分。

その結果、優勝はやっぱり舞依。
他の人が気が散ったとはいえ、あれだけ無駄に動いてて結果出せるとは…。
舞依は今回、ちょっと葵化が進んだ気がします。

オチは実にあるあるでした。
これ、同じミスをしているお父さんお母さん多いだろうなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2011-12-24 22:47 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード