スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『RED』観た。

RED/レッド [DVD]RED/レッド [DVD]
(2011/05/18)
ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


『おじいちゃんの活躍する映画好き』の私としては、
前々から観ねばならないと思っていた映画です。
しかもモーガン・フリーマンが出てるとなれば、そりゃあ観ますよ。

※ネタバレありなので、ご注意ください。


・すごく簡単なあらすじ
元CIAのおっさんが何故かCIAに命を狙われる。
片思いしていた一般人のお姉さんと一緒に逃げながら、
昔の仲間のロートル共を集め、巨大な陰謀に立ち向かう。


イカした壮年どもを集めたこの映画。
最初はもうちょっと渋い話かと思っていたのですが、
蓋を開けてみたら、ええ、バカアクション映画でした。
冒頭、深夜主人公が襲撃を受ける場面で、
ホントにバカみたいに撃ちまくる敵組織(当然主人公には一発も当たらない)の姿に、
ちょっと「外したかな」とも思ったんですが、
その“適度なバカ度”が把握できると面白くなります。
メインキャラがヒロイン除いてみんな元凄腕なので、
あんまり良心の呵責とか気にせずバンバンやるのが爽快で良いですね。
特に、『長年LSD漬けにされていたせいでちょっとおかしい』マーヴィンが行動を共にするようになってからは、
話がかなり良い感じではっちゃけてきて、
観ていて、「ああ、バカ映画だ」と分かりやすくなってきます。
妄想癖の強い彼は当然トラブルメーカーで、
『スパイだと疑い、通りすがりの女性に銃を突きつける』などの問題行動をとるんですが、
その銃突きつけられた女性が実は本当にスパイで、
後に「大当たりだよおじいちゃん!」と、ロケランぶちかましてくるあたりが一番の名シーンだと思いました。(おバカ的な意味で)
後半はマーヴィンもそんな異常行動をあまり起こさなくなるのは残念。
まあ終始あのノリで動かれたら作戦も成り立たないでしょうし、観ていて鬱陶しいと思うでしょうけど…。

この映画、マーヴィンの例に限らず、
結構作劇上の都合を感じる場面が多い気がします。
主人公側の行動はいきあたりばったりに見えるのに、
CIAはそれに上手く対応できてないし、
最後のホワイトハウス襲撃ミッションも、作戦自体はかなり物語的に都合良く進んでいる風に見えますしね。
頭のおかしいおっさんがボーイと入れ替わってたらいくら何でも気づかれるとか、
(いくら元凄腕とはいえ)女性の不意打ちパンチ一発で昏倒するSP弱すぎとか、ツッコミどころは満載です。
…まあそれだけ主人公たちが凄腕で、
『作戦立案から手回しなど、本編で描かれなかった所で巧みにこなしていた』と補完できなくはないのですが、
それなら中盤の大ピンチももうちょっとどうにかなったんじゃないかなあ…と思わざるを得ません。
確かに想定外のトラブルはありましたが、
CIAがいるのは事前に分かっていたんだし、
何か脱出策があるものだと思っていたのですが…。
別にジョーが犠牲になるほどの深刻な場面だとは思っていなかったので、
死んだと見せかけて復活するんじゃないかとすら考えてしまったのですが、別にそんな事も無し。
結果として、モーガンが銃撃ったのがワンシーンだけというのは非常に残念。

まあ全体的には、
深い事考えないで、ロートルどもがバンバン銃撃つ姿にシビれるのが正解と言えるでしょう。
粗はあるものの、個人的には同系統の『エクスペンダブルズ』よりは楽しめました。
酒とポテチの進む映画です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2012-02-23 01:06 : その他レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。