スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『リメンバー』5巻感想。

ReMember(5) (モーニング KC)ReMember(5) (モーニング KC)
(2012/02/23)
王 欣太

商品詳細を見る


相も変わらず非常に面白いこの漫画。
実はそんなに話自体は進んでいないのですが、
正直この個性豊かな登場人物たちが集まりつつあるだけでも胸熱ですよ!


そんな中でも、今回すごく良かったのが、
ノブさんがZAPとしての自覚を徐々に取り戻していく所で、
ザイヅの話を聞いての「34年を生きた人間の過去がこんなもんでいいのか!?」という、
自分の記憶があまりに漠然としている事への違和感に始まり、
『何故年下の男を理由もなく“ボス”と呼ぶのか』という疑問に対する、
婆さんの「前世で龍ちゃんはノブちゃんのボスだったのさ」というに何気ない回答に納得し、
いち早くジーザスの言葉から真実を拾い集めていた宮さんの言葉を聞き、「訳もなく腑に落ち」ます。
皆がZAPの意識に目覚めるのは、もうちょっと時間がかかるとばかり思っていたのですが、
この展開の早さは、良い意味で予想外でした。

この巻、主人公のザイヅは、
あんまり積極的に動いていなかった…というより、
劉にボコられてから、後はほとんど寝ているだけでしたが、
それでも他のキャラクターを引き付けているのが凄い所ですね。
偶然ザイヅを助ける事となったイチと千代蔵に、担ぎ込まれた病院を訪れた象三郎。
その3人に、覚醒したザイヅの言う、
「俺はおまえたちを助ける事が出来なかった」という言葉。
それに反応して涙するイチ。
そして「ここに大怪我をした奴がこなかったか?腕を斬り落とされたさ奴とか…」と言う象三郎。
そう、ZAPで無い彼らにも、前回の記憶が若干残っているんですよね。
ループを繰り返しているはずなのですが、すべての記憶が消された訳では無い様子です。
先のループでの死闘も全く無駄という訳ではありませんでしたし、
ループを繰り返すうちに、ZAP以外の登場人物が置いてけぼりになる事も無いでしょう。

一方で、管理官側のキャラクターも深まってきました。
一応彼らは猊下の部下というような立場であるものの、
「ZAPを泳がせておくのが危険」というのは(程度の差はあれ)共通した認識であるようです。
単に『ZAPが集まる事による反乱の危険』というだけではなく、
『ZAPを収容してからエバーランドに異変の兆候が多くみられる』と、世界崩壊レベルの事態ようです。
では何故さっさと始末しないのかと言えば、上司(猊下)がZAPのもがく様を見ていたいから。
要はアホなワンマン支配者の、命懸けの遊びに付き合わされている訳ですから、彼らも随分大変ですよね。
「ZAPは排除しないと世界がヤバい。でも無理に排除すると上司に自分が殺される」という、
非常に厄介な板挟みにあっている中間管理職な訳で、
今まで管理官には「ZAPの身近な人物に紛れ、その様子を疑っていたスパイ」という印象を持っていたのですが、
なんか今回で随分同情できる人たちになってしまいました。
黒艶長官なんか、
「人の死を娯楽と認めるわけにはいかない」「エバーランドの保全が無理な時には管理官全員の脱出に努める」と、
すごく生真面目で、ちゃんと部下を思いやっているスゲー良い人で、ここだけ見るとなんか主人公みたいです。

そんな訳で、
5巻で随分ZAPVS管理官の状況も変わりましたね。
今までは、
「ループを認識して、ZAPのメンバーも把握している」管理官に対し、
「自分がZAPという自覚すらなく、管理官の存在すら知らない」ZAP側の情報に差がありすぎて、
これで猊下に一矢報いるとか無理ゲー状態だったのですが、
ザイヅやノブさん宮さんと、自らの立場を認識し始めたZAPも出てきた一方で、
管理官側はそれに危機感を抱きつつも、積極的に手を出すことは出来ないという状況です。
宮さんがそこまで真実に到達しているというのは、おそらくまだ管理官たちには知られていないと思うので、
上手くいけば、一泡吹かせる事も可能なんじゃないか、ワンチャンあるんじゃないのかとも思えてきました。
5巻はこの情報戦(?)が非常に熱かったです。
こうも短時間で真実に迫ったノブさん宮さんの推理力は素晴らしかったし、
管理官側も、油断せずに部下に情報を伝える慎重さを見せたしで、
双方ともに出来る限りの事をやっている感じがありました。
その上でZAPに有利な流れになったのは、
やはり真理を言い回っているジーザスの存在が大きいんでしょうね。
宮さんのみならず、ジョーも彼の言葉から何かを嗅ぎ取っているようですし、
そりゃあ管理官側も危険視しますよね。
そのうち管理官の中でレイあたりが独断で処刑とかしそうな気配もします。
ジーザスの運命や如何に。実に気がかりです。

気がかりと言えば、
ラストの引きを見る限り、
次巻でザイヅはあのハート柄パジャマ(環お手製)で外へ出そうな感じで、
これも実に気がかりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2012-03-16 01:52 : 漫画 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

「リメンバー」については、何故か今一つ
作品にのめり込めなかったのでして……
欣太先生がいま漫画アクションでやってる"達人伝"は
そんなことも無いんですが。でも歴史を知ってると
あの主人公たちには間違い無しに不運な末路が
待ってるんじゃないか、と予測もついてしまうので複雑な所です。
その辺は上手く摺り合わせられるハズだと信じてますけど。
2013-11-13 19:45 : 流浪牙-NAGARE@KIBA- URL : 編集
Re: 「リメンバー」については、何故か今一つ
>>流浪牙-NAGARE@KIBA-さん
リメンバーは個人的にはすごく面白いと思ったんですが、なんでか妙に評判悪いですよね。
漫画的にも打ち切りですし…。
キャラは皆魅力的だと思うのですけど、なんでですかね。

達人伝はまだ読んではいないのですが、なかなか気になる漫画ですねー。
正直欣太先生は話の進みがあまり速い方ではないので、
ある程度コミックスが出たらまとめて読もうと思っていたんですが、感想見ると面白そうですねくそう。
2013-11-13 20:26 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。