スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『第二次スーパーロボット大戦Z 再世篇』32~36話まで。

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
(2012/04/05)
Sony PSP

商品詳細を見る


当然ながらスーパー系ユニット溢るる地上ルートへ行きます。
アクエリオンやウイング組が抜けてしまうのはちょっと痛いところですが、まあ仕方ないですね。
抜けた穴はゲインやシンシアに頑張ってもらいましょう。


<第32話>
さて物語は、
鉄人を扱うならばやっておかなければならない、リモコンが奪われるお話
ブラックオックス・ドナウα1・コクボウガーがスポット参戦しますが、
精神コマンドから、ブラックオックスは仲間になるだろうと、優先して撃墜させます。
後半、復帰した鉄人に「鉄人フルパワー」が追加。
まあ、ぶっちゃけ持ち技全部一度に使うだけなんですが…武器が無いのだから仕方ないね。
そのせいで、鉄人は燃費の良い機体ではあるんですが、全武装EN消費なのが厳しいです。
戦闘自体は特に問題なくクリアー。
さらばブランチ。舞台がインフレしていく中、お前はよくやったよ…。
その一方でゴッドマーズの敵の人は、無駄に話を大きくするのが困りものですね。
予想通りブラックオックスと、ついでにドナウα1が参入します。
どうせならコクボウガーも欲しいところでしたけど、これも仕方ないですね。
ブラックオックスは今後チョコチョコ使うかもしれません。
主役機に援護攻撃を持っているキャラが少ないので、援護役として活躍してくれると嬉しいですね。

<第33話>
タイトルが「ブラック・アヴェンジャー」ということは…。
はい。竜馬withブラックゲッターがいよいよ登場です。
先々の事も考え、ガンガン撃墜してもらいますよー(登場後、ど真ん中に移動するから困りましたけど)。
時間制限のあるMAPだったので、
「連続行動」持ちをフル稼働させて動かしていたら、3ターンであっさりクリアできてしまいました。
考えてみたらエースボーナス取らせるつもりのパイロットには、
ほとんど全員連続行動持たせてますからね。いささか多すぎる気配もします。
と、言った端から竜馬にも覚えさせておきますけどね。

<第34話>
いきなりR-ダイガン単騎出撃とかちょっと…!
敵が多いため、いきなりボコボコにやられます。
エイーダ根性系の精神コマンド無いのに…。
すぐにファイナルダンクーガが援軍で現れますが、
状況は変わらず、今度はFダンクーガがボコボコにされるオチ。
なんとか耐えて、本隊が駆けつけてからが本当の勝負。
HPの多い敵が多いので、キリコとゲイナーの「再攻撃」組が活躍してくれます。
これでダンクーガもマックスゴットになりましたが、まあ別に使わないかもしれません。

<第35話>
ゲェー!ガイオウ!!
いやまあ、なんだかんだで生きているものとは思っていましたけど、
あんまり普通に街歩いてたんでビックリしました。
何ジャンクフード食ってんですか。それでキャラ付けする気ですか。
この人「幸せの味がする」とかなんとか言ってますけど、
手掴み以外で物食ってる姿が違和感バリバリだからホットドックとかばっかり食ってんでしょう。分かってんですよ。
「じゃあ日本に来たら牛丼食うのかな?」とか思いましたけど、
箸使って飯食うガイオウさまなんて違和感しかないですからね。

さて戦闘。
インサラウムはルーク・ダイモンの精神攻撃によって、
こっちは全員気力80&精神コマンド不可の厳しい状態にされます。
それでもなんとかなるのは真ゲッターにキリコ(気力を必要としない武装が多い)と、
キングゲイナー(気力低くても問題なく避けて当てる。狙われやすいので、「気力+ボーナス」の効果もあり気力が上がってる)くらいのもの。
まあそのうちにイベントが起きて、アサキム登場。
なんかルーク・ダイモンと戦えばこの精神攻撃も解ける…と、そういう事みたいです。
ここ、各作品のメイン以外のキャラにも攻撃時の専用台詞があるので、
リセットも使い、出撃したメンバー全員分の台詞を聞きました。
割とシビアな他のキャラに混ざって「今月のローンが…」とか言ってる木下さんはホントどうなのよ。
あと、ゲインの会話で、
一次で再現されていなかった「恋人が死んだトラウマの投影」が再現されていたのは良かったです。
ゲイナーの会話だけなんか長い…と思ったら、
このイベントでついに最強技の「オーバーヒート」が解禁!
EN消費は激しいですが、最大火力が上がったのは嬉しい限りです。

イベント後、今度はアサキムが離脱…別にいいや。

<第36話>
え…おい…マジで!?
マジであの捕虜の人(ケビン卿)はアイムさんでした
うーむ。今回私の真理力が冴えに冴えていますね。
しかしガイオウ様が実は生きていて、
ぎっちょんおじさんが生きていて、
ギシン星人も謎の力で復活して、
アイムまでが生きていたとなると、「破界篇って結局なんだったの」って思ってしまいますねえ。
あまりに前作でプレイヤーが残した結果が少ないような…。
結局、シオニーちゃん一人負けみたいな感じですよ。あとアレハンドロさん。

さて戦闘。
ZEUTHからバルドフェルド艦長とかが来訪し、
キラとアスランが強制出撃となりますが、別にどうでもいいです。
どうせだったヤッサバさんあたりがプラネッタ持って来れば面白かったのに。
ゼロ含む腹に一物ある組の人たちの思っている事が全部暴かれますよ!
まあ、パーラが来たことで、DXとガロードが強化されたことはちょっと嬉しいですけどね。
使うかどうか微妙なところのキャラでしたが、強くなれば使う候補には入ります。
さて戦闘。
敵がある程度密集しているので、
ヒイロにツインバスターライフルMAP兵器を連発してもらい、一気に殲滅します。
その結果、エースボーナスも獲得。
前作から変更され、「移動力+1。ゼロシステムが気力110で起動」となりました。これは嬉しい。
アイムさんは面倒くさいんで、「必中」「直感」かけたメンバーでボコって撃退。
この人は本当に厄介さんなんで、できれば蘇ってほしくなかったんですけどね…。
なんか本当にショック受けています。
ちょっと…どうなんでしょうね。この展開。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2012-04-19 18:25 : スパロボ二次Z : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。