スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN』その3―詩心無罪。


相変わらずシナリオに少しも興味が持てないこのゲーム。
ぶっちゃけ、主人公には、
「はい・いいえ」の受け答えだけやってろ、と言いたくなっています。


さて、先の市長息子救出のお礼として、「マイストの弓」を貰います。
マイストが弓を使っていた記憶はまるでない(というか初代に弓が無かった気がします)のですが、
なんでもこれは、「どんな魔物にも当てる事ができる」弓だとか。
性能としては、攻撃力は最低クラスですが、素早さ+50の効果が光ります。
サモハンの他にマリーも装備できるので、これを持たせれば足の遅さをカバーできますね。

という訳で、「めがっさ動きの速い魔物」ナイトゴーンドを倒しに行きます。
「マイストの弓」を装備したキャラが攻撃すれば、それ以降普通にダメージが通るようで一安心。
(デビサバのベル・デル戦みたいにそのキャラの攻撃以外無効とかになるんじゃないかと…)、
<キルエ>を使ってくる厄介なボスですが、
マリーとサモハンが早めに回復を行えば、それほど厳しくはありません。さっさと撃破。
さて、怪物が居座っていた「太陽の丘」の建物には神父が住んでいたようですが、
…大陸王都のギルギットですら魔物たちの襲撃で深刻な被害を受けるような状況で、あれほどの強力な魔物が住みついている地に一人で居たのなら、もうその命がどうなっているのかは火を見るより明らか…って、生きてるー!
スゲーピンピンして「ここは中々人が来ないから話し相手にも不自由して…」とか言っていますよ。
いやあのさっきまで外に魔物が陣取っていたんですが。
確かに、初代も世界観の割に祠に一人暮らししているオッサンの多いゲームでしたし、
このへんはRPGの「お約束」としてスルーすべき所なのかもしれませんけど、
今まで散々魔物の軍勢の爪痕を各町で見せられてきましたから、ちょっと見逃せませんよ。

…と思ったら、次の大陸では更なる猛者がいました。
魔物が住みついた洞窟の様子を見に行った町のお爺さん。洞窟内で立ったまま寝ています
話しかけると、「ここは危険じゃ!!早く立ち去れ!!」と言ってきますが…あんた何やってんだ。チキンレース?
魔物って実は戦闘能力ある奴しか狙わないとか、そういう設定あるんでしょうか?
でもサモハンの幼なじみは死んでるんだよなあ…。

とりあえず町で装備の買い替え…と思ったら、
<ゼライル><フレアルト><ガレオン>と買ったらもう金欠ですよくそう。
このゲームのこういう所は好きですね。
武器防具は買い替えれば確実に楽になるけど、
全部買うほどの金貯めるのは楽じゃないから、何を買うか考えなくてはならないという…。
ともかく、これでディルの全体攻撃魔法の種類がガンガン増えて、正直無双状態。
消費MPもそれほど多くないので、
現状完全に、攻撃魔法のコスト<使わずにHP回復するコスト、なんですよね。
あんまり深い事考えずに全体攻撃魔法ぶっ放すのが、一番効率良いという感じになってしまっています。
ちょっとバランス的にどうかとは思いますね。

さて、そんなディル無双の果てに、
洞窟の奥でオルトワッカというボス魔物と戦います。
とにかく2連撃と3連撃ばっかり使ってくるボスで…普通に全滅
これ、一人死ぬともう巻き返しできなくなりますね。
ある程度先読みして回復しながら戦う必要がありそうです。
対策としては、とりあえず役に立たなくなってきたバジルを外してステビアをパーティーイン。
行動の遅いステビアはとにかく物理攻撃。
マリーとサモハンはとにかく<ゼライル>で回復させます。
ディルもひたすら魔法で攻撃しますが、行動早いんでたまに薬草で回復。
という感じで、とにかく地味に回復攻撃を繰り返して、撃破。これで先に進めます。

と、なんか隠れていた魔物を発見。
早速みんなが殺そうとしますが、
なんか人間の文化に興味津々な「変わり者」魔物らしく、唐突に詩を朗読します。
ステビアに「どうせ今適当に作ったんだろう!」と言われますが、
どうもこれ、サモハンの幼なじみが好きだった詩らしいです。フーン。
とまあ、よく分かんないやり取りの結果、
他の仲間の反対を押し切って、サモハンが独断で魔物ニゲラを仲間にします。
なんという詩心無罪…。
しかしグロモンスター満載で、しかもクトゥルフ系のネクロマンサー世界において、
『人間と魔物の共存』という可能性が出てきてしまうのは違和感アリアリなのですが。
例えば今後、エンカウントしたクリーパーとかオルガーネとかが、
「ぷるぷる(内臓が)。ボク悪いモンスターじゃないよ!」とか言ってくる可能性が出てきてしまうのでしょうか。

そうして仲間になったニゲラですが、まあ魔術師系…というか、
攻撃魔法も回復魔法も使える賢者タイプです。
素早さは低めですが、「マイストの弓」が装備できるため問題無し。
という訳でマリーと交代でパーティーインさせます。

さてメンバーが増えたのもつかの間、
宿屋に泊まると、バジルが謎の声によって覚醒し、パーティーを離脱してしまいます。
…まあ大分お荷物になってきたから別にいいのですが。
しかし朝起きてバジルが居ない事に気づいた面々が、
こぞってニゲラに容疑をかけるあたりは、胸糞悪いですねこいつら。
これ以上メインキャラの好感度下げるような事しないでほしいというのが正直なところ。
特にセルビアなんて、人の事責められる義理じゃないのに…。
まあ今までの魔物のしてきた事を考えれば、簡単に信用できない気持ちは分かるのですけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2012-06-11 22:33 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。